仕手株とは~仕手株リストを作成する“3つの裏テクニック”!

silhouettes-816485_640

1. 仕手株とは

「仕手株」という言葉を聞いて、あなたはどんなイメージを持ちますか?

おそらく大多数の方は、「なんか危険な感じがする・・・」と思うのではないでしょうか。

確かに危険な投資ではあるものの、上手く相場に乗れれば短期的に大きな利益が得られる可能性があるのも事実です。

だったら出来るだけリスクを排除しながら仕手株投資ができれば、これは大きなチャンスになるのではないでしょうか?

では、そんな美味い話があるのか?といえば、僕は「ある!」と答えます。

今回はそのことをお伝えしていきましょう。

その前に「そもそも仕手株とは?」ということからお伝えします。

「仕手株」とは、数百億円レベルの投資資金を元に、価格を意図的に吊り上げるために介入した「仕手筋」、「投機筋」といわれる投資家が、ある特定の銘柄に資金を投入し、株価操縦をさせながら急騰を演じる銘柄のことをいいます。

たとえば、こんな銘柄です。

4406

 

「仕手筋」、「投機筋」は、業績のさえない、値の安い銘柄(低位株、小型株)に対して最初は他に分からないように株を市場から買い集めていきます。
そして介入した銘柄に注目させるために「出来高(売買高)」を急増させ、株価を急騰させたりします。

「仕手筋」は自分が介入している銘柄に注目させるために、あらゆる手段を尽くします。

たとえば、一部のマスメディアを使って大々的に宣伝したり、インターネットの掲示板を使って個人投資家を巻き込んだり、とにかく「買い煽り」をあらゆる手段を講じて行います。

相場の初動から急上昇の途上では、「買えば上がる」「上がるから買う」という状況になるため株価はどんどん上昇していくのです。

このころになると、投資顧問会社などから「仕手株情報」といったようなHPも現れたり、「仕手株銘柄一覧」、「仕手株リスト」などといったようなものがネット上に出回ったりすることもあるでしょう。

株価が急騰している銘柄がすべて「仕手株」というわけではありません。

当然ですが、ファンダメンタルズ分析(企業業績等を元に株価分析をする手法)で説明が付くものや、人気の商品を持っている企業などは、さらなる利益が上がるだろうという思惑から株価が高騰する銘柄は「仕手株」ではありません。

ここでいう「仕手株」とは、「風説の流布」や「相場操縦」など、金融証券取引法で禁止されている行為を駆使して株価急騰を演出する行為をいいます。

 

2. ピークを付けた仕手株は、急騰前の水準まで戻る

「仕手株」は、そもそも業績がさえない、ほとんど値動きの乏しい、値の安い銘柄がターゲットにされます。

以下の銘柄は、僕も実際に売買した「エコナックHD(3521)」という銘柄です。

3521

 

上昇し始めたのは、2015年6月くらいから上昇し、わずか1ヶ月くらいで株価はなんと“3倍”になりました。

実際に僕が買った位置は急騰直後の「80円」くらいで、「110円」くらいで売却しましたが、超短期で、かなり儲かりました。

また仕手株の特有の動きとして「ピークを付けた仕手株は、急騰前の水準まで戻る」というのがありますが、これはどんな「仕手株」でも共通することでです。

新日本理化(4406)、エコナックHD(3521)以外の仕手株もそのように元の位置まで戻りました。

そもそも業績的に株価が上昇する理由がないような銘柄に、大量の資金を投入した仕手筋が、「上昇する理由」を作り出し、株価急騰を演出しているため、彼らが高値で売り逃げた株価の末路は元の位置まで下がるということになるのです。

 

3. そもそも「仕手株」なんかに手を出して良いのか??

これから、仕手株リストを作成する“3つの裏テクニック”!をお伝えしたいのですが、その前に、「そもそも、そんな違法行為によって上がる株に投資しても良いのか?」と思う方もいらっしゃるかも知れませんので、そのあたりから、僕なりの解釈でお伝えしていきます。

3-1 仕手株に手を出すことは合法なのか?

その銘柄が、違法行為によって株高を演出しているかどうかは、投資する僕たちには分かりません。

投資しようとしている銘柄がたとえ業績が悪かろうが、株価のチャート分析上で買えるタイミングは日常茶飯事で現れます。

よって、投資する僕たちは違法行為を行っているわけではありませんので、安心してください。

 

3-2 仕手株は危険だから投資してはいけないといわれますが?

よく「仕手株は危険だから投資してはいけない」ということがいわれますが、僕の考えは少し違います。

「危険かどうかは、扱う人間で変わる」ということです。

例えば、車は便利なものですが、免許を持っていない人が運転すれば凶器に変わります。

包丁は、美味しい料理を作るために必須ですが、包丁の使い方を知らない人が持つことで、危険を招く恐れがあります。

「仕手株」も同じで、「仕手株」の扱い方を知らない人が投資をすれば、当然、損をする確立が高まることになります。

つまり、「仕手株」を扱うには先ほどもお伝えしたように、「ピークを付けた仕手株は、急騰前の水準まで戻る」ということを理解する必要がありまます。

「仕手株」を扱うには資金管理がより重要になってくるのです。

 

4. 独自の「仕手株一覧」リストを作る!

では、これから「仕手株」の売買を成功させるための“裏テクニック”をお伝えします。

 

4-1 あなただけの「仕手株リスト」を作成する

過去3年間の価格の安い銘柄が急騰した銘柄を集めて、あなただけの「仕手株リスト」を作成してください。

以下がその手順です。
1.東証1部銘柄で、上昇する前の株価水準が100円から300円程度の銘柄で、業績も良くない銘柄
2.「1」の中で、短期間で、3倍~5倍以上になった銘柄
3.「空売り」可能な銘柄。(各証券会社の取引ソフトで確認できます)

これら3つのポイントに従って、エクセルに「銘柄名」「コード」を入力して、あなただけの「仕手株リスト」を作成してください。

4-2 出来高が急増している銘柄を見つける

仕手筋が介入した「仕手株」は、急騰する局面で必ず“出来高”が急増します。

出来高とは、売買が成立した株数のことです。

出来高が急増するということは、それだけ「買う人と売る人」が多くなるということを意味します。

以下のチャートは、「エコナックHD(3521)」です。

下段の水色の部分の、縦のグラフが出来高の推移です。

 

エコナック出来高

 

誰が見ても一目瞭然で、出来高が急増しているのがお分かりいただけるでしょう。

ではなんで株価が上昇するとき、出来高が急増するのかわかりますか?

理由は簡単です。

売りものをすべて買う投資家がいるからです。

板

 

上の画像は、「エコナックHD(3521)」の売り株数と、買い株数を表している「板」と呼ばれるものです。

中心にあるのが「価格」で、左側が「売り株数」、右側が」「買い株数」という意味です。

「価格」が上昇するということは、左側にある「売り株数」が買われ、売買が成立するということになります。

つまり売買が成立する数が急増するので、出来高が急増するのです。

よって「仕手株」を攻略するためには、「出来高」が急増している銘柄にターゲットを絞ることです。

4-3 株価上昇のスピードが大切

出来高の急増とともに重要なのが、株価上昇のスピードです。

4406出来高

 

上のチャートは、新日本理化(4406)の株価チャートですが、エコナックHDと同じで短期間で株価は急上昇しています。出来高も急増しています。

この“短期間”というのが重要なのです。

「仕手株」が急騰しているときは、「買えば上がる」「上がるから買う」という状況になり投資家は先を争うように、どんどん買い上がります。

なので上昇スピードが、ものすごく早くなります。文字だけでは表現しにくいのですが、とにかくびっくりするくらいの早さです。

びっくりするくらいのスピードで上昇する銘柄があれば「仕手株」の可能性が高まるのです。

 

まとめ~仕手株攻略のポイント

1.あなただけの「仕手株リスト」を作成する
2.出来高が急増している銘柄を見つける
3.株価上昇のスピードが早い銘柄を見つける

この手順に沿って、銘柄を見つけてみてください。

これらが株価急騰を演出する「仕手株」の攻略法です。

株価のピーク時には、仕手筋の売り逃げが始まります。その際、出来高を急増させて株価が“急落”します。

その前には、しっかり利益を確定させることを心がけてくださいね。

PS
「仕手株」をはじめとする“特殊投機銘柄”の攻略法のレポートを「無料」で受け取ってください。

http://www.toushi-ryugi.jp/lp/

 

紫垣英昭

 

現在3875人が実践!なぜ、この“無料”通信講座の参加者は、たったの9ヶ月で1億2000万円もの利益を手にしているのか?

sigaki-lp

あなたは信じないかもしれないですが、これは本当の話です。

この「無料通信講座」に参加した方は、実際に9ヶ月間で1億2000万円以上もの大金を株式投資で稼ぎ出しました。

1億円以上を稼いだ方は4名、数百万、数千万レベルでは、おそらく800人は超えていると思います。その多くは、投資経験が浅い方ばかりです。

ではなぜ多くの方は、それだけの利益を手にできたのでしょうか?

それは、“ある現象”に集中したからなのです…

今回の「超実践的 急騰株短期売買で成功するための7ステップ」無料通信講座では、 メール、PDF、動画で、初心者でもすぐに理解できる内容を、16日間“完全無料”でお届けします。

今すぐ、下記のボタンより、ご登録ください。


ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

免責事項

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

この記事をかいた人

紫垣 英昭

投資家 / オープンエデュケーション株式会社代表取締役。1964年大阪生まれ。甲子園出場経験者。大学卒業後、証券会社に勤務し、事業法人、金融法人営業、自己売買部門を担当。証券会社退職後、株式投資をはじめ、 日経225先物、FX等の売買指導を行い、個人投資家から絶大なる信頼を得ている。証券会社時代に培ったスキルを投資初心者でも理解できるよう売買指導を行い、今では3000人以上の受講生を抱え、「真に自立できる個人投資家」を輩出するために積極的に活動している。著書に『初心者でもがっぽり儲かる大化け「低位株」投資法』(幻冬舎)『億を稼ぐ投資法則』(ユウメディア)『少額資金で儲ける株ゴー ルデンルール』(ユウメディア)がある。