■2020年2月25日配信 【逆張り】今年前半の“暴落”は、待機資金を投入するタイミング!?

こんばんわ、紫垣です。

新型コロナウィルスの影響もあり
NY株式市場は、マイナス1031ドルと
大幅安となりました。

日本の株式市場は、
昨日、祝日だったため、
もろNYの影響を受けています。

本日の日経平均株価は、
-781円の大幅安で
取引を終了しています。

昨日、「日経平均は15000円に暴落する」と
いささかセンセーショナルな
タイトルでしたが、もちろんこのまま
そうなるということではありません。

まだ世界景気は強く
景気後退に至っておりません。

仮にそれだけの大きな下落があるなら
もう少し先の話かと思います。

今回の急落は比較的、短期間で
終わるのではないかと考えています。

とはいえ、新型コロナウィルスの
感染拡大か、抑え込まれたかの
判断は今後、1-2週間かかると
いわれており、未知のものである以上
目先は慎重になるべきかと思います。

ひとつのポイントとしては、
「会社四季報」が発売される
3月半ば前後が、絶好の「買いポイント」
ではないかと思っています。

それと、今年は東京オリンピックが
開催される予定です。

今回の新型コロナウィルスが原因で
東京オリンピックの開催が
どうなるのか?と言われています。

開催は8月なので、
どうなるかは6月くらいには
決まると思います。

はっきり言って、どうなるかなんて
僕に分かるわけはありません。

仮に開催延期となるなら
日本株は容赦ない下落に
陥ることと思います。

しかし、もしそうなれば
そこは、絶対に株を買うタイミングです。

昨日のメルマガでも、
このようにお伝えしています。

———————————
僕たちは冷静にその状況を
確認していく必要があると思います。

もし株価がここから大きく下げるなら、
僕たちは、資産を何倍にもできる
スタートラインに立っていることは
疑いの余地はありません。

なぜなら株価が大きく下がった時こそ
株を買う最大のチャンスであることは
歴史が証明しています。

———————————-

4月から開催を予定している
『第7期投資戦略会議』では、
「会社四季報」を使った、株価2-3倍銘柄の
選び方を講義の中でお伝えしています。

後日のメルマガで、その様子を
ご覧いただこうと思っていますが、
過去、数多くの2倍、3倍銘柄を
発掘しています。

いずれも株価が大きく下がった後、
銘柄を選択しているので、
毎回、非常に素晴らしいパフォーマンスを
実現しています。

株価が暴落した時こそ
僕たちはひるむことなく
冷静に状況を見極めることが
必要なのだと思います。

『株価の暴騰・暴落で有効な「短期逆張り」戦略とは?』

https://toushi-kyouyou.com/contrarian/

では。

紫垣

———————————————

・1日1記事読むだけで身に付く
『投資の教養』は以下よりご覧ください。
https://toushi-kyouyou.com/

・たった“1分で10万円稼ぐ”デイトレードを学べる!
【紫垣流デイトレード無料通信講座】はコチラ!
http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/tMh9Qpmkt0fmZv

・急騰する銘柄は、すでに決まっている!
数日のスイングトレードで稼ぐ【超実践的 急騰株短期売買法】はコチラ!
http://www.toushi-ryugi.jp/lp/

・【投資の教養Twitter】はコチラ!
http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/maMpRNwR0YKnOL

・【投資の教養LINE公式アカウント】はコチラ!
http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/MDLwx3FuROCLA5

株のデイトレード、スイングトレード、その他
株式トレードに関するご質問を以下フォームよりお寄せください。

「投資の教養チャンネル」の中で
できるだけ多くのご質問にお答えいたします!

http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/lbMcHtxaSDl0xi

————————————–
【著書】
■初心者でもがっぽり儲かる 大化け「低位株」投資法
 http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/Izu8q3jGo6TKFh

■『小額資金で儲ける株ゴールデンルール』
■『億を稼ぐ株投資法則』

—————————————

オープンエデュケーション株式会社
紫垣英昭

〒550-0004 大阪市西区靭本町2-2-22 ウツボパークビル4F
TEL:06-4256-7152
FAX:06-4256-7153

ご質問等は以下のフォームよりご連絡ください。
http://www.toushi-ryugi.jp/contact/

■ご注意
当メールマガジンは、株式取引等の売買技術の研究を目的としています。
特定銘柄の推奨及び購入の勧誘を目的としたものではありません。
当メールマガジンは、インターネットを利用し、不特定多数の人が随時
観覧可能な情報に関する電子出版に当たりますので投資顧問業務では
ございません。
当マガジンでの情報は、正確な提供を目的としていますが、その完全性が
常に保障されるのではなく、その内容に対して当マガジンは責任を負いません。
投資の際の最終判断は自己責任にてお願いします。