■2020年3月16日配信  【戦略】今後の具体的な投資戦略を明確にする!

いつも、ありがとうございます!
紫垣です。

今朝、速報でビッグニュースが
発表されました。

米FRBが1%の緊急利下げを行い
ゼロ金利政策に舵を切りました。

また「量的緩和」も再開すると発表し
FOMCを待たずに、危機対応を行いました。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56817950W0A310C2000000/

また日銀も、18-19日を予定していました
「日銀金融政策決定会合」を
本日正午から、前倒しで開催することになりました。

このメルマガを書いている段階では
詳しいことはまだわかりませんが、
先進国の中央銀行は、完全に

“危機対応モード”に突入しています。
“””””””””””””””””””””””””””””””””

ただ現時点(16日11:30時点)では、
株価の反応は薄く、まだ予断を許さない
状況は続きそうですね。

欧州で爆発的に広がっている感染や
東京五輪の状況が目先の経済に
与える影響を見ているのだと思います。

先進国の政府、中央銀行は
ウィルスの封じ込めと、経済の落ち込みを
支えるという、難しいかじ取りを
迫られています。

このような状況下では、
株価の予想などほとんど無意味です。

僕たちが、まずはじめにやるべきことは、
今後の株式投資を成功させるための

“戦略作り”なのです。
“”””””””””””””””””””

そこで、あなたに質問です。

株式投資戦略を作るとき、
はじめに、どんなことを決めるべきでしょうか?

銘柄研究ですか?
あるいは、チャート分析ですか?

・・・

確かにそれも重要だとは思いますが、
それらはもう少し後の話です。

一番最初に決めるべきは、「目標設定」です。
“””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
つまり、どれくらいの期間で、
どれくらいの収益を上げるのか?

ということを、初めに決める必要があります。

これが決まらないと、、、

どれくらいの資金を用意すればよいのか?
どのようなスタンスで行うべきか?
どのようなポートフォリオを組むべきか?

などなど、投資戦略そのものが決まりません。

実は多くの投資家は、ここを間違うのです。

今回の急落が起きた時などは、
多くは含み損が拡大します。

そうなると、その含み損を取り返そうと
新たな資金を投入して、ナンピンしたり、
別の投資法を探してみたり、
証券会社などで開催される銘柄に関するセミナーなど
今の状況を脱しようとして、さらにリスクを
取ろうとします。

これは「行動経済学」でいうところの
「プロスペクト理論」として有名な話ですね。

このような行動はより傷を深めることに
なりやすく、取るべき行動ではありません。

状況を改善させるには、
一度、冷静になれる環境と
精神的に前向きになれるような環境を作ること。

そのうえで、「目標設定」を主とした
新たな投資戦略を作り、
実行に移す準備を行うのです。

これができて初めて、
“””””””””””””””””””
次に進めることができるのです。
“”””””””””””””””””””””””””””

今回のような株価暴落が起きた時、
含み損の金額を見てしまうと
なるべく損失を先送りし、
回復させようと考えますが、
正直、それは困難な話です。

かつての日本も、バブル崩壊による
損失の先送りを行ったことで
「失われた20年」という
経済危機を経験しました。

もし現在の状況が苦しいものであるなら
まずは冷静になれるよう、
前向きになれるような状況に持っていきましょう。

その上で、「目標設定」を行い、
新たな投資戦略を考えるのです。

最初に投資戦略を成功させるためには、
必ず『目標設定』をしなければなりません。


https://toushi-kyouyou.com/goal-setting/

【追伸】——————————

「投資戦略会議」の大きなテーマのひとつが、

“あなた独自の売買ルールを作り上げる”
“”””””””””””””””””””””””””””””””””””
ことです。

しかし、ほとんどの人は
「トレードルール」自体を作ったことがないので、
どうしても上手くいかないのです。

「第7期投資戦略会議」では
“全方位型トレード・システム”を軸に
参加者の状況に合わせた「売買ルール」を
3か月かけて作っていただきます。

これがあれば次に来る、
相場の大きな波に乗ることができ、
投資家として、ステージを上げる
ことができるはずです。

では、今日はこの辺で
失礼します。

紫垣

過去のメルマガはこちらからお読みいただけます。

https://toushi-kyouyou.com/back-number/

———————————————

・1日1記事読むだけで身に付く
『投資の教養』は以下よりご覧ください。
https://toushi-kyouyou.com/

・たった“1分で10万円稼ぐ”デイトレードを学べる!
【紫垣流デイトレード無料通信講座】はコチラ!
https://toushi-kyouyou.com/daytrade_free/

・急騰する銘柄は、すでに決まっている!
数日のスイングトレードで稼ぐ【超実践的 急騰株短期売買法】はコチラ!
http://www.toushi-ryugi.jp/lp/

・【投資の教養Twitter】はコチラ!
https://twitter.com/hideakishigaki

【投資の教養LINE公式アカウント】はコチラ!

株のデイトレード、スイングトレード、その他
株式トレードに関するご質問を以下フォームよりお寄せください。

「投資の教養チャンネル」の中で
できるだけ多くのご質問にお答えいたします!

http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/lbMcHtxaSDl0xi

————————————–
【著書】
■初心者でもがっぽり儲かる 大化け「低位株」投資法
 http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/Izu8q3jGo6TKFh

■『小額資金で儲ける株ゴールデンルール』
■『億を稼ぐ株投資法則』

—————————————

オープンエデュケーション株式会社
紫垣英昭

〒550-0004 大阪市西区靭本町2-2-22 ウツボパークビル4F
TEL:06-4256-7152
FAX:06-4256-7153

ご質問等は以下のフォームよりご連絡ください。
http://www.toushi-ryugi.jp/contact/

■ご注意
当メールマガジンは、株式取引等の売買技術の研究を目的としています。
特定銘柄の推奨及び購入の勧誘を目的としたものではありません。
当メールマガジンは、インターネットを利用し、不特定多数の人が随時
観覧可能な情報に関する電子出版に当たりますので投資顧問業務では
ございません。
当マガジンでの情報は、正確な提供を目的としていますが、その完全性が
常に保障されるのではなく、その内容に対して当マガジンは責任を負いません。
投資の際の最終判断は自己責任にてお願いします。