■2020年4月6日配信 【新プロジェクト】投資家が抱える“悩み”を解決する・・

いつも、ありがとうございます!
紫垣です。

今日このメルマガでお伝えする内容は、
個人投資家が抱える“悩み”を解決するヒントを
お伝えしたいと思います。

ぜひ実践してみてください!

————————————–
≪目次≫

コロナショックでも上がる銘柄とは!?

【新プロジェクト】投資家が抱える“悩み”を解決する・・

————————————–

【※重要】

今回いただいた「アンケート」について、
以下のような記述がありました。

『先生の勧めでロジャー堀参加していますが
商材が多くなかなか前に進めず時間ばっかり過ぎて2ヵ月経ちます』

という回答をお一人の方からいただいています。

申し訳ありません。
自分の名誉のために言っておきますが、

僕は「ロジャー堀」なる人物も
これを勧めた事実もありません。

僕の名前を勝手に使っている
業者をご存じの方がいらっしゃれば
その情報を以下のフォームで送ってください。
http://www.toushi-ryugi.jp/contact/

弊社顧問弁護士から相手方に
警告をしてもらいます。

心当たりのある方は、
情報をお寄せください。
————————————-

さて、「新型コロナショック」により
株価は大きく下落したわけですが
そんな中でも、大きく上昇している銘柄も
存在するのです。

例えば「山崎製パン(2212)」です。

ご存じのようにスーパーやコンビニで
おなじみのパン製造メーカーですが
2月14日に経常利益3.7%増で、
年間配当も22円に増配を発表しました。

コロナ感染により一時的に
株価は下落しましたが、
その後、巣篭もり消費などで
株価は大きく反発しています。

このように全体を見回すと
食品セクターや情報通信セクターの中では
右肩上がりに上昇している銘柄もあります。

このような銘柄は、次の決算でも
上方修正してくる可能性があるので
要注目ですね。

このような見方で銘柄を
探してみてはいかがでしょうか?

————————————-
■【新プロジェクト】
投資家が抱える“悩み”を解決する・・
————————————-

さて今日のテーマは、
『投資家が抱える“悩み”を解決する』
ということについてお話します!

まず、株式投資で失敗する「原因」とは
いったいなんだと思いますか?

銘柄選びであったり、エントリーの方法、
「資金管理」の問題等
さまざまな要因があると思います。

ただ、それぞれの要因が
独立しているわけではありません。

すべてが“つながり”を持たないと
あなたの悩みを解決することにはならないのです。

株式投資には、一連の流れが存在します。

たとえば・・・

・年間の利益目標
・マクロ分析、ファンダメンタルズ分析
・銘柄選びのプロセス
・資金配分
・エントリー、決済のプロセス
・投資プロセス、アプローチの改善、検討
・資金管理手法
・売買ルール、システムの検証

などなど。これら一連の流れが合致したときに、
トレードごとの勝ち負けはあるものの、
資金を徐々に増やしていくことが可能になります。

しかし、銘柄情報やトレードノウハウを得たところで、
それは投資スキルを上げることにはなりませんし、
あくまで『断片化された情報』でしかないのです。

ノウハウも情報も、投資の全体像から見れば、
単なる“ピースのひとつ”でしかないので、
それだけで成果が出ることはありません。

この時の投資の心理状態は、、、

・思った結果が得られないので
 フラストレーションがたまり

・結果、短期的利益に走り、
 目の前で派手に動いている銘柄を高値掴みをし、
 買ったとたんに大きな損失を被る

・神様に祈るように、
 銘柄情報に飛び乗り、
 結果、資金を失ってしまう・・・

という『負のループ』に入ってしまうのです。
“”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

もしあなたが、、、

『負のループに入っているかもしれない』と

思うのなら、抜け出せなくなる前に
今すぐ、『負のループ』から
抜け出すための行動を起こさなくてはなりません。

もし、なかなか成果が得られないという
悩みを持っているなら、

・一度、負のループから抜け出すために
 これまで学んだことを一旦、忘れてみてください。

・これまで取引した履歴を確認し、
 どんな間違いを犯したのかを、、
 すべて書き出してみてください。

・そして自分にとって、どんな知識が必要かを
 冷静に考えてみて下さい。

自分に何が必要かが分かれば
あとは前に進むだけですね。

ぜひ、心当たりのある方は、
一度実践してみてください。

これまでと違った景色が
見えると思いますよ。

今日はこの辺で失礼します。

紫垣

【追伸】——————————

これまで、少しだけお伝えしてきた
『第7期投資戦略会議』での
“全方位型トレード・システム”ですが、

現在、募集の準備を進めており
4月11日(土)の午前から募集を開始します。

募集人数はいつも通り
“先着限定100名”になります。

100名に達した時点で募集は締め切ります。

明日以降のメルマガでは、
“全方位型トレード・システム”の
詳しい内容についてお伝えしていきます。

ボリュームが多いので、
数回に分けて、お伝えすることに
なると思います。

以下の項目について、重要な部分だけを
できるだけわかりやすく簡潔に
動画や画像を含めてお伝えしますね!

1.一般的なテクニカル分析とは異なる
 長期間の株価データを数理的検証で
 最適化された短期トレード手法

2.最適化された“34銘柄”のリストの共有

3.数か月で株価2倍以上を狙う、
 『ファンダメンタルズ分析手法』

4.株価急騰銘柄を自動検出する!
 「収れんブレイク・システム」

5.「コロナショック」の乱高下で
 毎日収益化している“デイトレード”手法

6.株価上昇を見逃さない
 『成長株銘柄監視システム』の提供

7.プロが実際に活用している
 『テクニカル分析監視システム』

8.絶好の"空売りタイミング”を逃さない
 『空売り監視システム』

9.専業、プロトレーダーが今も活用している
 IPO(新規公開株)のセカンダリー売買戦略

10.専業、プロトレーダーが今も活用している
 “超”テクニカル分析手法

11.損失を極限にまで減らし、
 確実に利益確定を実行する発注システム法

12.長期、短期、年間のトレード戦略の立案
⇒12ヶ月間の有効な売買戦略に落とし込む

13.あなた独自のトレードルールを作り上げる!
“”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

これら“すべて”を「短期集中」の
3ヶ月でマスターしてもらいます。

なにより、弊社でしか得られない
高度で高性能なシステムを得られることが
一番の魅力ではないかと思います。

今回はウィルス感染のこともあるので
5月、6月はライブ中継と録画を行い
どちらでも学べるようにします。

「3か月間で付いていけるか心配です」といった
アンケート回答もいただいていますが、
延長措置も検討しているので
心配する必要はありません。

ぜひ、明日以降のメルマガも
楽しみにしていてください。

あなた自身、感じたことを、
ぜひお聞かせください。

僕は、あなたを全力でサポートする所存です。

https://bit.ly/2QAdfsg

では、今日はこの辺で
失礼します。

過去のメルマガはこちらからお読みいただけます。

https://toushi-kyouyou.com/back-number/

———————————————

・1日1記事読むだけで身に付く
『投資の教養』は以下よりご覧ください。
https://toushi-kyouyou.com/

・たった“1分で10万円稼ぐ”デイトレードを学べる!
【紫垣流デイトレード無料通信講座】はコチラ!
https://toushi-kyouyou.com/daytrade_free/

・急騰する銘柄は、すでに決まっている!
数日のスイングトレードで稼ぐ【超実践的 急騰株短期売買法】はコチラ!
http://www.toushi-ryugi.jp/lp/

・【投資の教養Twitter】はコチラ!
https://twitter.com/hideakishigaki

【投資の教養LINE公式アカウント】はコチラ!

株のデイトレード、スイングトレード、その他
株式トレードに関するご質問を以下フォームよりお寄せください。

「投資の教養チャンネル」の中で
できるだけ多くのご質問にお答えいたします!

http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/lbMcHtxaSDl0xi

————————————–
【著書】
■初心者でもがっぽり儲かる 大化け「低位株」投資法
 http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/Izu8q3jGo6TKFh

■『小額資金で儲ける株ゴールデンルール』
■『億を稼ぐ株投資法則』

—————————————

オープンエデュケーション株式会社
紫垣英昭

〒550-0004 大阪市西区靭本町2-2-22 ウツボパークビル4F
TEL:06-4256-7152
FAX:06-4256-7153

ご質問等は以下のフォームよりご連絡ください。
http://www.toushi-ryugi.jp/contact/

■ご注意
当メールマガジンは、株式取引等の売買技術の研究を目的としています。
特定銘柄の推奨及び購入の勧誘を目的としたものではありません。
当メールマガジンは、インターネットを利用し、不特定多数の人が随時
観覧可能な情報に関する電子出版に当たりますので投資顧問業務では
ございません。
当マガジンでの情報は、正確な提供を目的としていますが、その完全性が
常に保障されるのではなく、その内容に対して当マガジンは責任を負いません。
投資の際の最終判断は自己責任にてお願いします。