■2020年4月24日配信  【解説動画有】たった3〜4日で60万円以上を稼ぐブレイクアウト株式短期売買の全手法

いつも、ありがとうございます!
紫垣です。

さて今回のメルマガですが、、

たった3〜4日で60万円以上を稼ぐ
ブレイクアウト株式短期売買の全手法を
解説動画付きでご覧ください。

https://toushi-kyouyou.com/breakout/

最近の相場環境をみていると
コロナウィルスの影響もあり
やはりテーマ性のある銘柄に
資金が集中しているようですね。

実は昨日の引け後に、
日経電子版で以下のニュースを見ました。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58398900T20C20A4XB0000/

FRONTEO(2158)が、AIを使って
新型コロナウイルス感染症の治療薬の候補を
既存薬の中から複数見つけることに成功した。
というニュースです。

朝方、買い気配で始まり
寄付きから買いに入り、
結果、ストップ高買い気配で終了

現在、数十万円の含み益になっています。

ただ資金の逃げ足は速いので
週明けには利益確定を行う予定です。

このように、短期資金が入ってきた銘柄を
狙い撃ちして、確実に利益確定を
狙うことが、今の相場では機能するので
はないでしょうか。

以下の記事では、
そんなトレード・アイデアを
紹介しています。

ぜひ読んでいただきたいと思います。

『たった3〜4日で60万円以上を稼ぐ
ブレイクアウト株式短期売買の全手法』

https://toushi-kyouyou.com/breakout/

紫垣

【追伸】——————————

「第7期投資戦略会議」も
無事、募集を終了しました。

このような波乱相場にも関わらず
今回も100名の方に参加いただきました。

本当にありがとうございます。

今、第1回目の講義資料を
作成しているのですが、
かなり面白く、大きな成果に
つながる内容をお届けできると
考えています。

なかなか先の見えない相場ではありますが
結局は、投資をすべき時期を
今からしっかり見据えて、
どれだけ準備できるかが
大きなポイントになります。

「準備」さえ、しっかりできれば、
来年以降、これまでに経験のない
最高の成果が得られると確信しています。

一緒に将来に向けた「準備」を
進めていきましょう!

良い週末を

過去のメルマガはこちらからお読みいただけます。

https://toushi-kyouyou.com/back-number/

———————————————

・1日1記事読むだけで身に付く
『投資の教養』は以下よりご覧ください。
https://toushi-kyouyou.com/

・たった“1分で10万円稼ぐ”デイトレードを学べる!
【紫垣流デイトレード無料通信講座】はコチラ!
https://toushi-kyouyou.com/daytrade_free/

・急騰する銘柄は、すでに決まっている!
数日のスイングトレードで稼ぐ【超実践的 急騰株短期売買法】はコチラ!
http://www.toushi-ryugi.jp/lp/

・【投資の教養Twitter】はコチラ!
https://twitter.com/hideakishigaki

【投資の教養LINE公式アカウント】はコチラ!

株のデイトレード、スイングトレード、その他
株式トレードに関するご質問を以下フォームよりお寄せください。

「投資の教養チャンネル」の中で
できるだけ多くのご質問にお答えいたします!

http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/lbMcHtxaSDl0xi

————————————–
【著書】
■初心者でもがっぽり儲かる 大化け「低位株」投資法
 http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/Izu8q3jGo6TKFh

■『小額資金で儲ける株ゴールデンルール』
■『億を稼ぐ株投資法則』

—————————————

オープンエデュケーション株式会社
紫垣英昭

〒550-0004 大阪市西区靭本町2-2-22 ウツボパークビル4F
TEL:06-4256-7152
FAX:06-4256-7153

ご質問等は以下のフォームよりご連絡ください。
http://www.toushi-ryugi.jp/contact/

■ご注意
当メールマガジンは、株式取引等の売買技術の研究を目的としています。
特定銘柄の推奨及び購入の勧誘を目的としたものではありません。
当メールマガジンは、インターネットを利用し、不特定多数の人が随時
観覧可能な情報に関する電子出版に当たりますので投資顧問業務では
ございません。
当マガジンでの情報は、正確な提供を目的としていますが、その完全性が
常に保障されるのではなく、その内容に対して当マガジンは責任を負いません。
投資の際の最終判断は自己責任にてお願いします。