■2020年5月19日配信 【株主優待】株初心者にオススメ!2020年5月の人気株主優待銘柄ランキング

いつも、ありがとうございます!
紫垣です。

僕が運営している
「投資の教養」ブログで
毎月紹介している、、、

『株初心者にオススメ!
今月の人気株主優待銘柄ランキング』

https://toushi-kyouyou.com/202005-kabunushiyutai/

この中で僕が良いと思っているのは、、、

「サカタのタネ(1377)」です。

優待の内容としては、
カタログギフト系なので、
あまり面白みはないですが・・・

ただ今後、深刻な食糧危機が
ささやかれている中、
同社のビジネスは不況に左右されない
非常にこれからの業態であるあることは
間違いないと思います。

その証拠がこの動きです。

https://kabutan.jp/stock/chart?code=1377

一時はショック安に見舞われましたが
すでに「コロナショック」以前まで
株価は戻しているのです。

とても地味な会社なので
あまりチェックされていませんが
結局、このような銘柄が
これから強い存在として
生き残るのではないでしょうか。

紫垣

『株初心者にオススメ!
今月の人気株主優待銘柄ランキング』

https://toushi-kyouyou.com/202005-kabunushiyutai/

【追伸】——————————

昨日、1‐3月期のGDP速報値が
発表されました。

年率換算で3.4%減と、エコノミストの
ほぼ予想通りの数字です。

4‐6月期に至っては現時点で
マイナス20%程度の予想となり
これは戦後最悪の数字です。

万が一、この数字が実現すると
日本のGDPは500兆円を割り込み
2012年アベノミクス前に
戻ることを意味しています。

だとすると“アベノミクス”は、
単純に黒田日銀と、ただお金を擦って
ばら撒いただけという結果に
終わることになります。

そのツケを消費税を含め
僕たちや後世に先送りしただけ。

すでに政権内で安倍さんの
求心力は急速に低下しています。

ぶら下がりの記者会見の時の
表情が強烈にそれを表しています。

安倍さんの任期は
来年9月までですが、
すでに後継レースは
始まっていると思います。

過去のメルマガはこちらからお読みいただけます。

https://toushi-kyouyou.com/back-number/

———————————————

・1日1記事読むだけで身に付く
『投資の教養』は以下よりご覧ください。
https://toushi-kyouyou.com/

・たった“1分で10万円稼ぐ”デイトレードを学べる!
【紫垣流デイトレード無料通信講座】はコチラ!
https://toushi-kyouyou.com/daytrade_free/

・急騰する銘柄は、すでに決まっている!
数日のスイングトレードで稼ぐ【超実践的 急騰株短期売買法】はコチラ!
http://www.toushi-ryugi.jp/lp/

・「投資の教養 ユーチューブチャンネル」
https://www.youtube.com/user/toushinoryugi

・【投資の教養Twitter】はコチラ!
https://twitter.com/hideakishigaki

【投資の教養LINE公式アカウント】はコチラ!

株のデイトレード、スイングトレード、その他
株式トレードに関するご質問を以下フォームよりお寄せください。

「投資の教養チャンネル」の中で
できるだけ多くのご質問にお答えいたします!

http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/lbMcHtxaSDl0xi

————————————–
【著書】
■初心者でもがっぽり儲かる 大化け「低位株」投資法
 http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/Izu8q3jGo6TKFh

■『小額資金で儲ける株ゴールデンルール』
■『億を稼ぐ株投資法則』

—————————————

オープンエデュケーション株式会社
紫垣英昭

〒550-0004 大阪市西区靭本町2-2-22 ウツボパークビル4F
TEL:06-4256-7152
FAX:06-4256-7153

ご質問等は以下のフォームよりご連絡ください。
http://www.toushi-ryugi.jp/contact/

■ご注意
当メールマガジンは、株式取引等の売買技術の研究を目的としています。
特定銘柄の推奨及び購入の勧誘を目的としたものではありません。
当メールマガジンは、インターネットを利用し、不特定多数の人が随時
観覧可能な情報に関する電子出版に当たりますので投資顧問業務では
ございません。
当マガジンでの情報は、正確な提供を目的としていますが、その完全性が
常に保障されるのではなく、その内容に対して当マガジンは責任を負いません。
投資の際の最終判断は自己責任にてお願いします。