■2020年6月22日配信  【予測】プロが"強気に転換”したから日経平均は下がるかも・・・

いつも、ありがとうございます。
紫垣です。

まずはこちらの記事を読んでください!

『新型コロナ禍なのに日経平均やNYダウはなぜ下がらない?
 5つの仮説を徹底検証!』

https://toushi-kyouyou.com/covid-dow-n225/

あれだけ"弱気”だったプロのアナリストたち、
ここにきて「弱気」を捨て、強気に転換しました。

だったら、株価は下がるかもしれませんよ・・・

————————————–
≪目次≫

・"強気”の見通しが増えたからこそ
 慎重になるべきだと思います

————————————–

昨日発売された「日経ベリタス」の記事では、
今年、日経平均株価は24000円の新高値を
付けるという見方が多数派を占め、

「2番底」を形成するという見方は
少数派だったということです。

3月の世界的な株価暴落後、
株価が戻す過程において
プロのアナリストの多くは
「2番底形成がある」という見方が
多数を占めていましたが、

なかなか株価が下がらないせいか、
多くのプロは"強気に転換”したようです。

でもこれまでの歴史を振り返れば
プロが総じて「強気に転換」したとき
株はほぼピークアウトし
そこから株価の下落が始まることが
ほとんどだったように思います。

実は今年の3-4月、多くのプロが
2番底を形成するという予測が
多数を占めていました。

だいたい"多数派意見”は裏切られることが
多いので、僕も2番底がくると思ってはいたものの、
この意見が多数を占めていたので、

「もししたら、無いかもしれないな・・・」と
思っていました。

しかし今年の相場に対して
「強気」が多数を占めてきたので、
3月安値を割り込むことはないと思いますが
夏から秋にかけて株価が下落すると思っています。

もし秋にかけて下落するなら
そこは絶好の買い場だと思います。

今は空売りの買い戻しなど
需給で動いている市場です。

買い需要がピークアウトすれば
今度は急激な売り圧力がきます。

株価が下がれば、
「もっと安値で買いたい」という
考えに変わり、買い指値が
引っ込むことも考えられます。

僕たち個人投資家は、
どうなっても良いように
今からしっかり準備をしておく
必要があるのではないでしょうか。

【追伸】——————————

【永久保存版】NY株大暴落!を引き起こす
“長短金利の逆転現象”とは? 

「コロナウィルス・ショック」が
起こる以前にも金利の
“逆イールド”が起きていた事実・・・

https://www.youtube.com/watch?v=VUdwT2zkGdE

現在、米国10年債金利が、
ジリジリ低下してきています。

今後、米国の長短金利が下がりだすと
リスクマネーから安全資産への
資金シフトが想定されます。

そうなれば、株価の調整が
現実味を帯びてきます。

この金利変動を注視しておいてください。

過去のメルマガはこちらからお読みいただけます。

https://toushi-kyouyou.com/back-number/

———————————————

・1日1記事読むだけで身に付く
『投資の教養』は以下よりご覧ください。
https://toushi-kyouyou.com/

・たった“1分で10万円稼ぐ”デイトレードを学べる!
【紫垣流デイトレード無料通信講座】はコチラ!
https://toushi-kyouyou.com/daytrade_free/

・急騰する銘柄は、すでに決まっている!
数日のスイングトレードで稼ぐ【超実践的 急騰株短期売買法】はコチラ!
http://www.toushi-ryugi.jp/lp/

・「投資の教養 ユーチューブチャンネル」
https://www.youtube.com/user/toushinoryugi

・【投資の教養Twitter】はコチラ!
https://twitter.com/hideakishigaki

【投資の教養LINE公式アカウント】はコチラ!

株のデイトレード、スイングトレード、その他
株式トレードに関するご質問を以下フォームよりお寄せください。

「投資の教養チャンネル」の中で
できるだけ多くのご質問にお答えいたします!

http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/lbMcHtxaSDl0xi

————————————–
【著書】
■初心者でもがっぽり儲かる 大化け「低位株」投資法
 http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/Izu8q3jGo6TKFh

■『小額資金で儲ける株ゴールデンルール』
■『億を稼ぐ株投資法則』

—————————————

オープンエデュケーション株式会社
紫垣英昭

〒550-0004 大阪市西区靭本町2-2-22 ウツボパークビル4F
TEL:06-4256-7152
FAX:06-4256-7153

ご質問等は以下のフォームよりご連絡ください。
http://www.toushi-ryugi.jp/contact/

■ご注意
当メールマガジンは、株式取引等の売買技術の研究を目的としています。
特定銘柄の推奨及び購入の勧誘を目的としたものではありません。
当メールマガジンは、インターネットを利用し、不特定多数の人が随時
観覧可能な情報に関する電子出版に当たりますので投資顧問業務では
ございません。
当マガジンでの情報は、正確な提供を目的としていますが、その完全性が
常に保障されるのではなく、その内容に対して当マガジンは責任を負いません。
投資の際の最終判断は自己責任にてお願いします。