■2020年7月1日配信  今日から「空売り」を仕掛けました

いつも、ありがとうございます。
紫垣です。

今日は「空売り」のお話です。

「空売り」とは、保有していない株を
高く売って、安く買い戻し利益を得る手法です。

信用取引口座があれば、
誰でも簡単に「空売り」を
実行することができます。

もし「空売り」について
お知りになりたい方は、
以下の記事をご覧ください。

『下げても儲かる!空売りを成功させるための3つのポイント』

https://toushi-kyouyou.com/short/

————————————–
≪目次≫

全体相場は目先、調整入りの可能性
今日から「空売り」を仕掛けました

————————————–

本日8:50、6月の日銀短観
(全国企業短期経済観測調査)が
発表され、業況判断指数(DI)は、
「マイナス34」と発表されました。

これは11年ぶりの低水準ということです。

東京ではコロナの新規感染者が増え
有効求人倍率は大幅に落ち込み
国外では、香港国家安全法が
即日施行され、新たな米中対立の
悪化が懸念されています。

もう周りを見渡せば、
悪材料ばかり・・・

でも、株価は高止まりしている??

ただ日経平均株価は目先、
調整の入りの可能性が高まっていると思います。

なぜなら高値を更新する材料が
今のところ見当たりません。

よってしばらくは「利益確定」による
調整局面になるのではないでしょうか。

今日から僕も「空売り」を
数銘柄に対して仕掛けています。

明日、明後日に株価が上昇なら
「戻り売り」を実行したいと思います。

■『戻り売りとは?
 空売りを仕掛ける絶好のポイントを見つける方法』

https://toushi-kyouyou.com/modoriuri/

明日、明後日にかけ、
株価が上がるようなら、その戻りを利用して
「空売り」のポジションを追加したいと思います。

ただ歴史的な金融緩和の状態なので
急激な株価の戻りが発生した場合は
損切り対処ということになります。

紫垣

【追伸】——————————

"嵐の前の静けさ・・・”

今の株式市場は、
こんな感じでないでしょうか。

でもこんな状態が続くことはありません。

きっと近いうちに、
大きな動きが起きると思います。

僕は一旦は調整に入ると思っていますが
「弱気」ということではありません。

このメルマガや、今、行っている
複数のプロジェクトに参加いただいている
受講生には、数年かけて株式バブルが
起こる可能性に言及し、
絶対に資金を失わないように
お伝えしています。

今のような「適温相場」で
不用意にリスクを取り過ぎないよう
注意していただきたいと思います。

では。

過去のメルマガはこちらからお読みいただけます。

https://toushi-kyouyou.com/back-number/

———————————————

・1日1記事読むだけで身に付く
『投資の教養』は以下よりご覧ください。
https://toushi-kyouyou.com/

・たった“1分で10万円稼ぐ”デイトレードを学べる!
【紫垣流デイトレード無料通信講座】はコチラ!
https://toushi-kyouyou.com/daytrade_free/

・急騰する銘柄は、すでに決まっている!
数日のスイングトレードで稼ぐ【超実践的 急騰株短期売買法】はコチラ!
http://www.toushi-ryugi.jp/lp/

・「投資の教養 ユーチューブチャンネル」
https://www.youtube.com/user/toushinoryugi

・【投資の教養Twitter】はコチラ!
https://twitter.com/hideakishigaki

【投資の教養LINE公式アカウント】はコチラ!

株のデイトレード、スイングトレード、その他
株式トレードに関するご質問を以下フォームよりお寄せください。

「投資の教養チャンネル」の中で
できるだけ多くのご質問にお答えいたします!

http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/lbMcHtxaSDl0xi

————————————–
【著書】
■初心者でもがっぽり儲かる 大化け「低位株」投資法
 http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/Izu8q3jGo6TKFh

■『小額資金で儲ける株ゴールデンルール』
■『億を稼ぐ株投資法則』

—————————————

オープンエデュケーション株式会社
紫垣英昭

〒550-0004 大阪市西区靭本町2-2-22 ウツボパークビル4F
TEL:06-4256-7152
FAX:06-4256-7153

ご質問等は以下のフォームよりご連絡ください。
http://www.toushi-ryugi.jp/contact/

■ご注意
当メールマガジンは、株式取引等の売買技術の研究を目的としています。
特定銘柄の推奨及び購入の勧誘を目的としたものではありません。
当メールマガジンは、インターネットを利用し、不特定多数の人が随時
観覧可能な情報に関する電子出版に当たりますので投資顧問業務では
ございません。
当マガジンでの情報は、正確な提供を目的としていますが、その完全性が
常に保障されるのではなく、その内容に対して当マガジンは責任を負いません。
投資の際の最終判断は自己責任にてお願いします。