■2020年8月13日配信 第二波到来? 破綻リスクのある銘柄と倒産企業の株価をチャートで解説

いつも、ありがとうございます。
紫垣です。

世間はお盆休みですが、
僕は休みなく、
事務所に来て仕事をしています。

いつもなら、夏の甲子園大会に行ったり、
仲間と食事をしたりするのですが、
今年はとても残念です。

外は危険な暑さが続いています。
熱中症などには十分お気を付けください。

————————————–
≪目次≫

破綻リスクのある銘柄と
倒産企業の株価をチャートで解説

————————————–

■新型コロナ第二波到来?
破綻リスクのある銘柄と倒産企業の株価をチャートで解説

https://toushi-kyouyou.com/covid-bankruptcy/

帝国データバンクや東京商工リサーチなど、
企業リサーチ会社が警戒しているのが
今年の9月です。

持続化給付金や、積極的な金融機関の
融資などが行われていますが
企業によって、今年の9月以降
資金が枯渇し、倒産リスクが
高まると想定されています。

株価は非常に好調ではありますが、
企業決算は赤字発表が目立ちます。

政府は必至で金融、財政で支えていますが、
それも永遠に続くわけではありません。

したがって明暗を分けるのは
今年の秋だといわれています。

そこで今回、
破綻リスクのある銘柄と倒産企業の株価をチャートで解説
ということで記事を書きました。

https://toushi-kyouyou.com/covid-bankruptcy/

こちろんこれら企業がすべて倒産するとは
思いません。

逆に大底を付けて、株価が回復する
可能性の方が大きいでしょう。

しかし、「いきなりステーキ」で
一世を風靡した「ペッパーフードサービス(3053)」
などは、55億円の債務超過に陥っています。

http://211.6.211.226/tdnet/data/20200731/140120200731471876.pdf

「ペッパーランチ」の売却や
第三者割当増資などで資金調達を
必死で行っているようですが、
そもそも現状のサービスでは
かなり厳しいと思いますね。

紫垣

【追伸】——————————

今、米国長短金利はじりじり上昇しています。
それで、銀行株や景気敏感株など
割安とされている銘柄に資金が入って
来ているようです。

それもあり、日経平均株価は
コロナショック以降の高値を更新する
動きになっています。

これまでデジタル関連銘柄が
びっくりするような動きになりましたが、
今後は少し景気敏感株にも
目を向けておくべきかと思います。

では。

過去のメルマガはこちらからお読みいただけます。

https://toushi-kyouyou.com/back-number/

———————————————

・1日1記事読むだけで身に付く
『投資の教養』は以下よりご覧ください。
https://toushi-kyouyou.com/

・たった“1分で10万円稼ぐ”デイトレードを学べる!
【紫垣流デイトレード無料通信講座】はコチラ!
https://toushi-kyouyou.com/daytrade_free/

・急騰する銘柄は、すでに決まっている!
数日のスイングトレードで稼ぐ【超実践的 急騰株短期売買法】はコチラ!
http://www.toushi-ryugi.jp/lp/

・「投資の教養 ユーチューブチャンネル」
https://www.youtube.com/user/toushinoryugi

・【投資の教養Twitter】はコチラ!
https://twitter.com/hideakishigaki

【投資の教養LINE公式アカウント】はコチラ!

株のデイトレード、スイングトレード、その他
株式トレードに関するご質問を以下フォームよりお寄せください。

「投資の教養チャンネル」の中で
できるだけ多くのご質問にお答えいたします!

http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/lbMcHtxaSDl0xi

————————————–
【著書】
■初心者でもがっぽり儲かる 大化け「低位株」投資法
 http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/Izu8q3jGo6TKFh

■『小額資金で儲ける株ゴールデンルール』
■『億を稼ぐ株投資法則』

—————————————

オープンエデュケーション株式会社
紫垣英昭

〒550-0004 大阪市西区靭本町2-2-22 ウツボパークビル4F
TEL:06-4256-7152
FAX:06-4256-7153

ご質問等は以下のフォームよりご連絡ください。
http://www.toushi-ryugi.jp/contact/

■ご注意
当メールマガジンは、株式取引等の売買技術の研究を目的としています。
特定銘柄の推奨及び購入の勧誘を目的としたものではありません。
当メールマガジンは、インターネットを利用し、不特定多数の人が随時
観覧可能な情報に関する電子出版に当たりますので投資顧問業務では
ございません。
当マガジンでの情報は、正確な提供を目的としていますが、その完全性が
常に保障されるのではなく、その内容に対して当マガジンは責任を負いません。
投資の際の最終判断は自己責任にてお願いします。