■2020年8月24日配信 株式市場の季節性サイクルとは?シーズンストック銘柄も徹底解説!

いつも、ありがとうございます。
紫垣です。

先週の大阪は倒れそうな
暑さが続いていましたが
今日は比較的、和らいでいる感じです。

気が付けば、もうすぐ9月に入ります。

季節の変わり目は、
相場の変わり目でもあります。

今日はそんな内容をお届けします。

————————————–
≪目次≫

株式市場の季節性サイクルとは?
シーズンストック銘柄も徹底解説!

————————————–

■代表的なシーズンストック銘柄を
 チャート付きで公開!

https://toushi-kyouyou.com/seasonal-cycle/

この『季節性サイクル』という言葉は
僕のオリジナルです。

大手の株式投資スクールでは、
僕が考えた言葉をそのまま
無許可で使っているところが
あるように聞いています。

『季節性サイクル』とは、
市場全体もしくは特定の銘柄が、
毎年ある時期になると特徴的な
値動きをすること、それをどのように
投資戦略に結びつけるかを
考えて付けました。

僕の著書、

■初心者でもがっぽり儲かる 大化け「低位株」投資法
 https://www.amazon.co.jp/dp/4344973933/

でも公開しています。

季節性サイクルは、
季節によって需要が変動する
商品先物取引においては顕著ですが、
株式市場においても
一部のセクターや銘柄で見ることができます。

例えば、
「夏になると熱中症対策グッズを手掛けている銘柄が買われやすい」
「クリスマス前にはおもちゃ株やケーキ株が買われやすい」
といった傾向は典型的な季節性サイクルとなります。

このような傾向にある銘柄を
いくつかストックしておくと
先回りして買うという戦略が立てられます。

ぜひ、あなたの戦略に
組み込んでみてはいかがでしょうか。

https://toushi-kyouyou.com/seasonal-cycle/

紫垣

【追伸】——————————

2020年を境にして
投資の尺度は大きく変わりました。

それは「無形資産価値」という尺度です。

これまでは会社の価値は、
保有している資産や企業収益が
その裏付けとして投資判断を
行ってきました。

これを「定量分析」という言い方をします。

しかし「コロナショック」以降、
この尺度は大きく変わり、
バランスシートや、単なる表面的な
数字では判断できない

「無形資産」を投資判断として
利用しようという考えが
顕著になってきています。

これを「定性分析」という言い方をします。

分かりやすく言うと
“ビッグデータ”がそれにあたるでしょう。

ただ「無形資産」を多く保有しているだけでは
ダメで、それを事業発展に再投資できるかという
ことが重要で、その可能性が高そうな
銘柄がこの数か月で何倍にもなっているのです。

よって僕も今後は「定性分析手法」を
できるだけわかりやすく伝えることを
やっていきたいと思っています。

では。

過去のメルマガはこちらからお読みいただけます。

https://toushi-kyouyou.com/back-number/

———————————————

・1日1記事読むだけで身に付く
『投資の教養』は以下よりご覧ください。
https://toushi-kyouyou.com/

・たった“1分で10万円稼ぐ”デイトレードを学べる!
【紫垣流デイトレード無料通信講座】はコチラ!
https://toushi-kyouyou.com/daytrade_free/

・急騰する銘柄は、すでに決まっている!
数日のスイングトレードで稼ぐ【超実践的 急騰株短期売買法】はコチラ!
http://www.toushi-ryugi.jp/lp/

・「投資の教養 ユーチューブチャンネル」
https://www.youtube.com/user/toushinoryugi

・【投資の教養Twitter】はコチラ!
https://twitter.com/hideakishigaki

【投資の教養LINE公式アカウント】はコチラ!

株のデイトレード、スイングトレード、その他
株式トレードに関するご質問を以下フォームよりお寄せください。

「投資の教養チャンネル」の中で
できるだけ多くのご質問にお答えいたします!

http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/lbMcHtxaSDl0xi

————————————–
【著書】
■初心者でもがっぽり儲かる 大化け「低位株」投資法
 http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/Izu8q3jGo6TKFh

■『小額資金で儲ける株ゴールデンルール』
■『億を稼ぐ株投資法則』

—————————————

オープンエデュケーション株式会社
紫垣英昭

〒550-0004 大阪市西区靭本町2-2-22 ウツボパークビル4F
TEL:06-4256-7152
FAX:06-4256-7153

ご質問等は以下のフォームよりご連絡ください。
http://www.toushi-ryugi.jp/contact/

■ご注意
当メールマガジンは、株式取引等の売買技術の研究を目的としています。
特定銘柄の推奨及び購入の勧誘を目的としたものではありません。
当メールマガジンは、インターネットを利用し、不特定多数の人が随時
観覧可能な情報に関する電子出版に当たりますので投資顧問業務では
ございません。
当マガジンでの情報は、正確な提供を目的としていますが、その完全性が
常に保障されるのではなく、その内容に対して当マガジンは責任を負いません。
投資の際の最終判断は自己責任にてお願いします。