■2020年11月2日配信 2020年11月の人気株主優待銘柄ランキング

いつも、ありがとうございます。
紫垣です。

いよいよ明日、米国大統領選挙の
投開票が行われます。

明日、日本は休日なので
翌日の4日の株式市場が
どう動くかに関心が集まります。

今回の大統領選挙は
かなりもつれるという見立てもあり
波乱含みですが、
しっかりも守っていきたいと思います。

———————————————–
●2020年11月の人気株主優待銘柄ランキング
———————————————–

『株初心者にオススメ!
2020年11月の人気株主優待銘柄ランキング』

https://toushi-kyouyou.com/202011-kabunushiyutai/

相場の乱高下に一喜一憂するのではなく
「株主優待」をしっかりもらいながら
長期投資を楽しんでみてはいかがですか?

コロナショック以降、
株主優待制度を中止にする
企業も増えてきています。

そういった中で、
株主優待制度を継続させている
企業は株主と向き合う姿勢のある企業と
いえるのではないでしょうか。

僕たち個人株主はこのような
企業を長期的に応援したいものです。

ということで、今回も
お得な優待が受けられる銘柄を
10万円未満、10万円以上の資金別にランキング化しています。

・バイク王&カンパニー(3377) : バイク購入やパートナーズパック加入に利用できる株主優待券
・ファーストブラザーズ(3454) : 1,000円相当のクオカード!
・串カツ田中(3547) : 2,000円相当の株主優待券
・マルカ(7594) : 1,000円相当のグルメセットがもらえる!

株主優待について詳しくは
『株初心者に人気の”おすすめ株主優待銘柄”のご紹介』で
説明していますので、こちらも併せてご覧ください。

https://toushi-kyouyou.com/kabunushiyutai/

紫垣

【追伸】——————————

株式市場は、大統領選挙を
目前に控え、完全に無風状態です。

休み明けの株式市場は、
どちらかに大きく動くと思いますが
どちらに動くかは予想できません。

僕自身のポジションは、
どちらに振れても良いように
買いポジションを最小限に
抑えています。

株価が安くなったからといって
不用意に買いポジションを
膨らませるのは危険です。

ここは慎重姿勢を維持しながら
凌いでいきましょう。

では!

以下、メルマガのバックナンバーサイトです。
ぜひご覧ください。

https://toushi-kyouyou.com/back-number/

———————————————

・1日1記事読むだけで身に付く
『投資の教養』は以下よりご覧ください。
https://toushi-kyouyou.com/

・たった“1分で10万円稼ぐ”デイトレードを学べる!
【紫垣流デイトレード無料通信講座】はコチラ!
https://toushi-kyouyou.com/daytrade_free/

・急騰する銘柄は、すでに決まっている!
数日のスイングトレードで稼ぐ【超実践的 急騰株短期売買法】はコチラ!
http://www.toushi-ryugi.jp/lp/

・「投資の教養 ユーチューブチャンネル」
https://www.youtube.com/user/toushinoryugi

・【投資の教養Twitter】はコチラ!
https://twitter.com/hideakishigaki

【投資の教養LINE公式アカウント】はコチラ!

株のデイトレード、スイングトレード、その他
株式トレードに関するご質問を以下フォームよりお寄せください。

「投資の教養チャンネル」の中で
できるだけ多くのご質問にお答えいたします!

http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/lbMcHtxaSDl0xi

————————————–
【著書】
■初心者でもがっぽり儲かる 大化け「低位株」投資法
 http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/Izu8q3jGo6TKFh

■『小額資金で儲ける株ゴールデンルール』
■『億を稼ぐ株投資法則』

—————————————

オープンエデュケーション株式会社
紫垣英昭

〒550-0004 大阪市西区靭本町2-2-22 ウツボパークビル4F
TEL:06-4256-7152
FAX:06-4256-7153

ご質問等は以下のフォームよりご連絡ください。
http://www.toushi-ryugi.jp/contact/

■ご注意
当メールマガジンは、株式取引等の売買技術の研究を目的としています。
特定銘柄の推奨及び購入の勧誘を目的としたものではありません。
当メールマガジンは、インターネットを利用し、不特定多数の人が随時
観覧可能な情報に関する電子出版に当たりますので投資顧問業務では
ございません。
当マガジンでの情報は、正確な提供を目的としていますが、その完全性が
常に保障されるのではなく、その内容に対して当マガジンは責任を負いません。
投資の際の最終判断は自己責任にてお願いします。