■2020年11月4日配信 ●大統領選後、日本株への影響と前回大きく動いた銘柄とは?

いつも、ありがとうございます。
紫垣です。

現在、米国大統領選挙の
開票速報を見ています。

このメルマガを書いているのが
日本時間の15:22ですが

現在、209票対209票で
どちらが勝つのかまったく
わからない状況です。

一般的にバイデン氏が勝てば
株式市場にとってネガティブという
意見があるようですが、
本当にそうでしょうか・・・。

僕なりの見解を
お伝えしたいと思います。

———————————————–
大統領選後、
日本株への影響と前回大きく動いた銘柄とは?
———————————————–

まずは、以下の記事を読んでみてください。

ここで出ている“銘柄”が
また動くかもしれませんね・・・。

『2020年11月アメリカ大統領選。
日本株への影響と前回大きく動いた銘柄とは?』

https://toushi-kyouyou.com/us-presidential-election/

バイデン氏が勝てば、
富裕層への増税や規制強化から
株式市場はネガティブに反応すると
言われているようです。

確かに長期的にみれば
そういう懸念もあるかもしれません。

しかし向こう1年の短期間でいうなら
そうはならないような気がします。

なぜなら・・・

・現在、欧州でコロナ感染が拡大し
 米国においても感染拡大が懸念。
 そんな中でいきなり増税するとは考えられない。

・逆に感染拡大することで、
 大規模な財政出動の可能性が高く
 それ自体、株式市場にとって
 プラスに働く可能性が高い。

・そもそも、FRBは2023年まで
 金利を上げない方針である。

つまり「短期的」に見れば
株高の支援材料が多くあり
今日の東京株式市場は、それを
反映した動きだったかもしれません。

僕自身、どうなっても良いように
ポジションサイズを落とし現金比率を
高めていますが、結果によっては
ポジションを増やすことも考えています。

なかなか見通しが難しいですが
今は機動的に動けるように
しておきたいと思います。

『2020年11月アメリカ大統領選。
日本株への影響と前回大きく動いた銘柄とは?』

https://toushi-kyouyou.com/us-presidential-election/

紫垣

【追伸】——————————

僕たちが考えるべきは、
どちらが大統領になるのか??

ということではありません。

大統領選挙後、どのような戦略を
考え、実行に移すのか?

ということだと思います。

そのための準備を現在、
進めています。

株式市場は徐々に今回の結果を
織り込んでいくことでしょう。

一番の懸念材料である
大統領選挙が終われば
株式市場は来年の材料を
織り込んで動きます。

そのための準備を
着々と進めましょう”!

では!

以下、メルマガのバックナンバーサイトです。
ぜひご覧ください。

https://toushi-kyouyou.com/back-number/

———————————————

・1日1記事読むだけで身に付く
『投資の教養』は以下よりご覧ください。
https://toushi-kyouyou.com/

・たった“1分で10万円稼ぐ”デイトレードを学べる!
【紫垣流デイトレード無料通信講座】はコチラ!
https://toushi-kyouyou.com/daytrade_free/

・急騰する銘柄は、すでに決まっている!
数日のスイングトレードで稼ぐ【超実践的 急騰株短期売買法】はコチラ!
http://www.toushi-ryugi.jp/lp/

・「投資の教養 ユーチューブチャンネル」
https://www.youtube.com/user/toushinoryugi

・【投資の教養Twitter】はコチラ!
https://twitter.com/hideakishigaki

【投資の教養LINE公式アカウント】はコチラ!

株のデイトレード、スイングトレード、その他
株式トレードに関するご質問を以下フォームよりお寄せください。

「投資の教養チャンネル」の中で
できるだけ多くのご質問にお答えいたします!

http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/lbMcHtxaSDl0xi

————————————–
【著書】
■初心者でもがっぽり儲かる 大化け「低位株」投資法
 http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/Izu8q3jGo6TKFh

■『小額資金で儲ける株ゴールデンルール』
■『億を稼ぐ株投資法則』

—————————————

オープンエデュケーション株式会社
紫垣英昭

〒550-0004 大阪市西区靭本町2-2-22 ウツボパークビル4F
TEL:06-4256-7152
FAX:06-4256-7153

ご質問等は以下のフォームよりご連絡ください。
http://www.toushi-ryugi.jp/contact/

■ご注意
当メールマガジンは、株式取引等の売買技術の研究を目的としています。
特定銘柄の推奨及び購入の勧誘を目的としたものではありません。
当メールマガジンは、インターネットを利用し、不特定多数の人が随時
観覧可能な情報に関する電子出版に当たりますので投資顧問業務では
ございません。
当マガジンでの情報は、正確な提供を目的としていますが、その完全性が
常に保障されるのではなく、その内容に対して当マガジンは責任を負いません。
投資の際の最終判断は自己責任にてお願いします。