■2020年11月12日配信 私の一日の過ごし方。プロトレーダー1日のルーティンを大公開!

いつも、ありがとうございます。
紫垣です。

ついさっき、東京の出張から戻り
このメルマガを書いています。

東京に着いた日は、
マザーズ指数が6%以上も暴落。

実は僕が東京出張に行くときに限って
相場が大荒れになるんです。

チャイナショックの時も、
先物がサーキットブレーカーが
かかった時もありました。

今度、僕が東京に行く時が決まれば
事前にメルマガでお伝えします。

空売りをすれば儲かるかもしれません・・・苦笑

———————————————–
私の一日の過ごし方。
プロトレーダー1日のルーティンを大公開!
———————————————–

『私の一日の過ごし方。
プロトレーダー1日のルーティンを大公開!』

https://youtu.be/6nyW_DV5ioY

さて、あなたは株式投資での
“ルーティーン”をお持ちですか?

例えば、朝起きて決まった時間に
日経新聞を読むとか、
銘柄のチェックをするとか、
決算情報、チャートをチェックするとか。

僕の感覚では、毎日決まったルーティーンを
持っている方が投資成績が良いように思います。

毎日決まった“ルーティーン”があるということは、
ある意味、ルールが決められているという
ことが言えるのではないでしょうか。

元メジャーリーガーのイチロー選手は、
“ルーティーン”を実践していることは
有名ですね。

その目的は、いかにして
“ノーストレスな状態”を
作り出すかということのために
行っているんだそうです。

僕も僕なりの“ルーティーン”があります。

気分が良くても悪くても
この“ルーティーン”を淡々とこなします。

“ルーティーン”を淡々とこなすことで
気分を落ち着かせる効果もあるでしょう。

もし、あなたが自分なりの
“ルーティーン”を持っていないなら
この機会に作ってみてはいかがでしょうか?

ポイントは“自分らしく”です・・・。

『私の一日の過ごし方。
プロトレーダー1日のルーティンを大公開!』

https://youtu.be/6nyW_DV5ioY

紫垣

【追伸】——————————

相場は成長株と割安株との
循環物色になっています。

このような相場では
「安く買って、保有する」
というスタンスが重要です。

このような相場では
エントリーした価格より
下回るのが普通です。

なので少し下げたからと言って
損切りしていると、損失額を
積み重ねることになります。

「安く買って、保有する」
“””””””””””””””””””””””
これを繰り返すように
してみてはいかがでしょうか。

では。

以下、メルマガのバックナンバーサイトです。
ぜひご覧ください。

https://toushi-kyouyou.com/back-number/

———————————————

・1日1記事読むだけで身に付く
『投資の教養』は以下よりご覧ください。
https://toushi-kyouyou.com/

・たった“1分で10万円稼ぐ”デイトレードを学べる!
【紫垣流デイトレード無料通信講座】はコチラ!
https://toushi-kyouyou.com/daytrade_free/

・急騰する銘柄は、すでに決まっている!
数日のスイングトレードで稼ぐ【超実践的 急騰株短期売買法】はコチラ!
http://www.toushi-ryugi.jp/lp/

・「投資の教養 ユーチューブチャンネル」
https://www.youtube.com/user/toushinoryugi

・【投資の教養Twitter】はコチラ!
https://twitter.com/hideakishigaki

【投資の教養LINE公式アカウント】はコチラ!

株のデイトレード、スイングトレード、その他
株式トレードに関するご質問を以下フォームよりお寄せください。

「投資の教養チャンネル」の中で
できるだけ多くのご質問にお答えいたします!

http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/lbMcHtxaSDl0xi

————————————–
【著書】
■初心者でもがっぽり儲かる 大化け「低位株」投資法
 http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/Izu8q3jGo6TKFh

■『小額資金で儲ける株ゴールデンルール』
■『億を稼ぐ株投資法則』

—————————————

オープンエデュケーション株式会社
紫垣英昭

〒550-0004 大阪市西区靭本町2-2-22 ウツボパークビル4F
TEL:06-4256-7152
FAX:06-4256-7153

ご質問等は以下のフォームよりご連絡ください。
http://www.toushi-ryugi.jp/contact/

■ご注意
当メールマガジンは、株式取引等の売買技術の研究を目的としています。
特定銘柄の推奨及び購入の勧誘を目的としたものではありません。
当メールマガジンは、インターネットを利用し、不特定多数の人が随時
観覧可能な情報に関する電子出版に当たりますので投資顧問業務では
ございません。
当マガジンでの情報は、正確な提供を目的としていますが、その完全性が
常に保障されるのではなく、その内容に対して当マガジンは責任を負いません。
投資の際の最終判断は自己責任にてお願いします。