■2021年4月6日配信 日経平均暴落!クレディ・スイスが23億ドル相当を売却

いつも、ありがとうございます。
紫垣です。

まずはお知らせから。
5日に募集を締め切りました『第9期投資戦略会議』ですが、
2名の未入金キャンセルがありました。

『第9期投資戦略会議』への参加を迷っている方向けに
2名さまのみ、欠員募集を行います。(クレジット一括、分割のみ)
申込ご希望の方は、以下のフォームより、
「第9期投資戦略会議参加希望」とご記入の上、お送りください。
カード決済リンクをメールでお送りします。
http://www.toushi-ryugi.jp/contact/

では、今日のテーマです。

——————————————
■日経平均暴落!
クレディ・スイスが23億ドル相当を売却
——————————————

いやいや今日は参りました。
“たった15分”で、50万円の含み益が
全部、吹っ飛びました・・・泣

僕の「投資の教養 ユーチューブチャンネル」
https://www.youtube.com/user/toushinoryugi

で、「5年で1億円を目指す」動画を撮っていました。

寄付き直後の段階では、1394万の資産残高が、
15分後には、1350万に急減しました。

僕の後輩の証券マンから電話があり、
「アルケゴス問題で、クレディ・スイスが、
23億ドル資産売却に動いているようだ」
との連絡を受けたのです。
https://shikiho.jp/news/0/421325

まあ、これが直接的な原因なのかは不明ですが、
これだけ急激に資産が減ったのは、
昨年の秋以来のことですね。

以下は日経平均株価のチャートです。
最高値から、トレンドラインが下向きになっているのが分かります。

できるだけ早期に、このトレンドラインを超えないと
短期的な調整が起きる可能性が考えられます。

とにかく今年は、乱高下の激しい相場が続くので
十分注意が必要ですね。

今回の僕の“損切り動画”は、
後日、僕のユーチューブチャンネルで公開します。

「チャンネル登録」をしていただくと、
新着情報をいち早く視聴することができます。
(リンク:チャンネル登録は、こちらをクリック!)
https://www.youtube.com/user/toushinoryugi

ぜひご覧ください。

紫垣

【追伸】——————————
ちょっと今回の株価の下げは
とても気持ち悪い感じを覚えました。

個人的には強気を維持しますが、
しばらくは警戒をしたいと思います。

本日は以上です。

以下、メルマガのバックナンバーサイトです。
ぜひご覧ください。

https://toushi-kyouyou.com/back-number/

———————————————

・1日1記事読むだけで身に付く
『投資の教養』は以下よりご覧ください。
https://toushi-kyouyou.com/

・たった“1分で10万円稼ぐ”デイトレードを学べる!
【紫垣流デイトレード無料通信講座】はコチラ!
https://toushi-kyouyou.com/daytrade_free/

・急騰する銘柄は、すでに決まっている!
数日のスイングトレードで稼ぐ【超実践的 急騰株短期売買法】はコチラ!
http://www.toushi-ryugi.jp/lp/

・「投資の教養 ユーチューブチャンネル」
https://www.youtube.com/user/toushinoryugi

・【投資の教養Twitter】はコチラ!
https://twitter.com/hideakishigaki

【投資の教養LINE公式アカウント】はコチラ!

株のデイトレード、スイングトレード、その他
株式トレードに関するご質問を以下フォームよりお寄せください。

「投資の教養チャンネル」の中で
できるだけ多くのご質問にお答えいたします!

http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/lbMcHtxaSDl0xi

————————————–
【著書】
■初心者でもがっぽり儲かる 大化け「低位株」投資法
 http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/Izu8q3jGo6TKFh

■『小額資金で儲ける株ゴールデンルール』
■『億を稼ぐ株投資法則』

—————————————

オープンエデュケーション株式会社
紫垣英昭

〒550-0004 大阪市西区靭本町2-2-22 ウツボパークビル4F
TEL:06-4256-7152
FAX:06-4256-7153

ご質問等は以下のフォームよりご連絡ください。
http://www.toushi-ryugi.jp/contact/

■ご注意
当メールマガジンは、株式取引等の売買技術の研究を目的としています。
特定銘柄の推奨及び購入の勧誘を目的としたものではありません。
当メールマガジンは、インターネットを利用し、不特定多数の人が随時
観覧可能な情報に関する電子出版に当たりますので投資顧問業務では
ございません。
当マガジンでの情報は、正確な提供を目的としていますが、その完全性が
常に保障されるのではなく、その内容に対して当マガジンは責任を負いません。
投資の際の最終判断は自己責任にてお願いします。