■2021年4月14日配信 【新動画】チャート分析するなら絶対に知っておくべき「トレンドの定義」とは

いつも、ありがとうございます。
紫垣です。

「なんで移動平均線を超えたのに、株価が下がっていくのか・・・??」
「押し目買いのはずが、さらに株価が下がっていく・・・」

こんな経験をしたことはありませんか。

僕も数えきれないくらい
このような経験をしてきました。

チャートに関する書籍を何冊も読んで
ようやく「これだ!」というノウハウを見つけたと思っても
結局上手くいかず、同じことを繰り返す。

そもそも「チャート分析なんか、やる意味があるのか?」
とさえ、思ったこともありました。

もちろん「チャート分析」という手法は
万能ではないものの、
株価の“トレンド”を、視覚的に理解するためには
重要なツールであることに疑いの余地はありません。

では、何がいけないのでしょうか??

そこであなたに知っていただきたいのが、
チャートの「トレンドの定義」です。

意外に「トレンドの定義」を知らない方が多いのですが、
チャートを使ったトレードをするのであれば、
絶対にしておくべきなのが、「トレンドの定義」です。

このスキルを身に付ければ、
今、株価が上がっている途中なのか、下がっているのかが
正確に判断できるようになります。

したがって「高値つかみ」も減るでしょうし、
塩漬け株価もなくなるはずです。

極めてシンプルな考え方なので
株の初心者の方でも、すぐに理解できます。

ぜひ、今回の動画で身に付けていただきたいと思います。

【14日20時公開】
チャート分析するなら絶対に知っておくべき「トレンドの定義」とは

https://youtu.be/b7KXX2DsFR8

また「株の短期売買マニュアル」を無料プレゼントしています!
以下URLより受け取ってください!
https://toushi-kyouyou.com/cta1/

これからも、新動画を公開していきますので、
「チャンネル登録」をしていただくと、
新着情報をいち早く視聴することができます。
チャンネル登録は、こちらをクリック!

今日はこれで!

紫垣

【追伸】——————————
僕の住む大阪では、コロナウィルスの感染者数が、
とうとう1000名を超えました。

大型連休を目の前にしての感染拡大は
なかなかつらいものがありますが、
今は耐えるしかありません。

全国的に感染が拡大するようなので、
十分お気を付けください。

では。

以下、メルマガのバックナンバーサイトです。
ぜひご覧ください。

https://toushi-kyouyou.com/back-number/

———————————————

・1日1記事読むだけで身に付く
『投資の教養』は以下よりご覧ください。
https://toushi-kyouyou.com/

・たった“1分で10万円稼ぐ”デイトレードを学べる!
【紫垣流デイトレード無料通信講座】はコチラ!
https://toushi-kyouyou.com/daytrade_free/

・急騰する銘柄は、すでに決まっている!
数日のスイングトレードで稼ぐ【超実践的 急騰株短期売買法】はコチラ!
http://www.toushi-ryugi.jp/lp/

・「投資の教養 ユーチューブチャンネル」
https://www.youtube.com/user/toushinoryugi

・【投資の教養Twitter】はコチラ!
https://twitter.com/hideakishigaki

【投資の教養LINE公式アカウント】はコチラ!

株のデイトレード、スイングトレード、その他
株式トレードに関するご質問を以下フォームよりお寄せください。

「投資の教養チャンネル」の中で
できるだけ多くのご質問にお答えいたします!

http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/lbMcHtxaSDl0xi

————————————–
【著書】
■初心者でもがっぽり儲かる 大化け「低位株」投資法
 http://kabu-kyoukasyo.com/l/m/Izu8q3jGo6TKFh

■『小額資金で儲ける株ゴールデンルール』
■『億を稼ぐ株投資法則』

—————————————

オープンエデュケーション株式会社
紫垣英昭

〒550-0004 大阪市西区靭本町2-2-22 ウツボパークビル4F
TEL:06-4256-7152
FAX:06-4256-7153

ご質問等は以下のフォームよりご連絡ください。
http://www.toushi-ryugi.jp/contact/

■ご注意
当メールマガジンは、株式取引等の売買技術の研究を目的としています。
特定銘柄の推奨及び購入の勧誘を目的としたものではありません。
当メールマガジンは、インターネットを利用し、不特定多数の人が随時
観覧可能な情報に関する電子出版に当たりますので投資顧問業務では
ございません。
当マガジンでの情報は、正確な提供を目的としていますが、その完全性が
常に保障されるのではなく、その内容に対して当マガジンは責任を負いません。
投資の際の最終判断は自己責任にてお願いします。