株のスイングトレードで使えるチャートパターンとその使い方

あなたは、「ローソク足の組合わせから様々なサインが読み取れる」ということはご存知でしょうか?

ローソク足の組合わせには、数本のものから数十本のものまで数多くの種類が存在するため、全てを覚えるのは大変です。

また、実際の相場では、教科書どおりのきれいな組合せが出来上がることは稀ですし、その組合せが出来上がったとしても、そのサインどおりの結果になるとは限りません(詳細は、本文中で説明しています)。

しかし、値動きの流れとその際の群集心理を理解すれば、組合せを暗記しなくても同じように判断することができるようになります。

今回は、ローソク足の組合せの中でもスイングトレードなどの中長期的な相場状況が判断できる「チャートパターン」について、いくつかご紹介していきたいと思います。

また実際の取引では「チャートパターン」の形だけで売買すると上手くいかないことがよくあります。その理由についても説明していきますので、ぜひ、最後まで読んでみて下さい。

この記事を読んで得られること関連記事
  • スイングトレードで使えるチャートパターンがわかる
  • チャートパターンを使ってエントリーすべきポイントがわかる
  • チャートパターンの活用法がすぐに理解できる

1.チャートパターンとは?

チャートパターンとは、チャート上に描かれる値動きの形状から、「今、どういう相場状況なのか」「今後、どのように展開していくのか」などを判断・予測するチャート分析手法です。

テクニカル指標を使ったテクニカル分析と違って、統計学や計算式を用いる訳ではなく、明確な数値やサインが出ないため、売買のポイントを判断するための手法とは少し異なります(売買ポイントに使うこともできます)。

しかし、相場や銘柄ごとの大きな流れを把握することができ、トレンドの継続や転換を判断することができるようになるため、売買戦略を立てる上で、チャートパターンを分析することは非常に重要です。

まずは、チャートパターンを紹介する前に、チャートパターンが形成される仕組みについて説明していきたいと思います。

2.なぜチャートパターンが形成されるの?

チャートパターンは、「群集心理」によって形成されます。

群集心理によって、「多くの人が、同じように考え、同じように行動する」ことから、「同じような状況下では、同じような値動きになる」ために、チャートパターンが形成されやすくなります。

いくつか例を挙げて、どのような心理が働いているのか見てみましょう。

2-1 レンジ相場

レンジ相場では、ある一定の値幅の間を上下に動くような値動きをしますが、上値抵抗線、および下値支持線付近では、下図のような心理が働いています(緑色の線が株の値動きです)。

2-2 ブレイクアウト

ブレイクアウトとは、上値抵抗線を上抜けたときに、一気に上昇していく値動きのことを言いますが、上値抵抗線付近では、下図のような心理が働いています(下値支持線を下抜けたときも同様です)。

2-3 上昇トレンド

ダウ理論における上昇トレンドの定義は、「高値・安値が、その前の高値・安値よりも上にある」となっていますので、上昇トレンド中は、下図のような心理が働いています(下降トレンドでは上下が反転します)。

3.トレンドの転換を示すチャートパターン

前項では、どのような場面でどのような心理が働いているのかを見てきましたが、ここからは、いよいよチャートパターンについて説明していきたいと思います。

チャートパターンは、

  • トレンドの転換
  • トレンドの継続

この2種類のサインに分けることができます。

まずは、トレンドの転換を示すチャートパターンについてご紹介していきますが、天井を示すパターン(上昇トレンドからの転換)と底値を示すパターン(下降トレンドからの転換)は、形が上下に反転しただけですので、ここでは、天井を示すパターンをご紹介します。

どのような心理が働いているのかも合わせて見ていきましょう。

3-1 ヘッドアンドショルダー

ヘッドアンドショルダーとは、漢字の「山」のように3つの高値が出来上がった形をしており、真ん中の一番高い高値が「頭(ヘッド)」、その両側の少し低くなった高値が「肩(ショルダー)」のように見えることから、このように呼ばれています。

日本では、「三尊天井」とも呼ばれています。

高値・安値を切上げながら上昇トレンドがしばらく続き、上図のように「頭」が出来上がった後、切上がるはずの安値が切上がらなかったことで、少し異変を感じます。

その後、「右肩」の高値が「頭」の高値を切下げたことで、上昇トレンドの根拠が2つも崩れたことになり、トレンドの転換を疑います。

そして、最後に安値を下抜けたことで、上昇トレンドの根拠が3つも崩れたことにより、トレンドの転換を確信するのです。

3-2 ダブルトップ

ダブルトップとは、名前のとおり「トップ(高値)」が2つあることから、このように呼ばれています(「W」の字を逆さまにしたとも言われています)。

こちらも、高値・安値を切上げながら上昇トレンドがしばらく続いた後、上図のように高値を切上げなかったことで、異変を感じます。

そして、安値を下抜けたことで、トレンドの転換を疑います。

先ほどの「ヘッドアンドショルダー」よりも根拠の数が少ないため「トレンド転換のサイン」としては弱くなりますが、ほとんどの人が安値を下抜けた時点で「売り目線」に変わるため、一気に値下がりしていくのです。

3-3 V字トップ

V字トップとは、「V」の字を逆さまにしたような形になっていることから、このように呼ばれています(シングルトップとも呼ばれています)。

ヘッドアンドショルダーやダブルトップのように、「上昇トレンドが崩れた」という明確な根拠がないため、チャートの形を見ただけではトレンドの転換を判断することは難しいかもしれません。

上図のように、急騰した後の急落で出来やすいチャートパターンと言われていますので、トレンドラインなどの下値支持線を下抜けたら「トレンドが転換した」と判断しても良いでしょう。

この他にもいろいろありますが、ポイントは「上昇トレンドが崩れた」という根拠がしっかりしていることです。

そして、その根拠の数が多いほど、信頼性の高いサインとなりますので、他の指標などと合わせて使うと、より効果が高まります。

4.トレンドの継続を示すチャートパターン

次に、トレンドの継続を示すチャートパターンについてご紹介していきますが、上昇トレンドと下降トレンドでは、形が上下に反転しただけですので、ここでは、上昇トレンドの継続を示すパターンをご紹介します。

ちなみに、形としては「保ち合い放れの8パターン」の上放れの4パターンに分けられますが、次の2つに分けて説明していきます。

4-1 三角形型

まずは、三角形型のチャートパターンになりますが、上値抵抗線が横一線になっているのが特徴です。

横一線になっているということは、同じ価格で売られているということになりますので、強い抵抗線として意識されることになります。

さらに、上値抵抗線が切りの良い価格であったり、過去にも同じ価格の抵抗線がある場合は、より強い抵抗線として意識されますので、これを上抜けると、上昇トレンドが継続するという判断が強まり、一気に上昇していくでしょう。

4-2 ペナント型、ウェッジ型、フラッグ型

次に、ペナント型、ウェッジ型、フラッグ型のチャートパターンですが、これらは、いずれも上値抵抗線が右下を向いています。

上値抵抗線を上抜けるので、「トレンドが継続」するという判断には変わりないのですが、抵抗線の引き方は人それぞれなので、どの価格で「上抜け」と判断していいのかがはっきりしていません。

また、抵抗線を上抜けたとしても、下図のように「前の高値」がすぐ近くにあるので、「ここで売られるかも」という不安もあり、積極的に買いに行けないのです。

そのため、三角形型と比較すると、「トレンドが継続」するという判断が少し曖昧になってしまいます。

トレンド転換のチャートパターンと同様に、ポイントは「上昇トレンドが継続する」という根拠がしっかりしていることなので、他の指標なども参考にしながら判断すると良いでしょう。

5.チャートパターンで相場状況を判断する際の注意点

冒頭でも少しお話しましたが、これまで説明したようなチャートパターンが表れたとしても、それだけで「ここからトレンドが反転だ」「このままトレンドが継続だ」と判断することはできません。

チャートパターンは、「中長期的な相場の状況」を判断するために用いるサインなので、「チャートパターンが表れた部分」だけに着目していては正しい判断ができないのです。

チャートパターンが表れる直近でトレンドが形成されていることはもちろんですが、スイングトレードであれば、日足チャートで1年以上の相場の流れをチェックした上で、以下の点について確認しましょう。

5-1 トレンドの転換を示すチャートパターンの場合

トレンドの転換を示すチャートパターンは、「天井打ち」のサインとも言われ、大きな相場の終了を意味しています(下降トレンドの場合は「底値入れ」)。

しかし、チャート上で、どこが「天井」だと判断すれば良いのでしょうか?

過去のチャートであれば、一番高値を付けているところが天井だと分かりますが、株価が上昇している最中に天井だと判断するのは難しいと思います。

そこで、過去1年以上のチャートを表示したときに、横に三分割して「高値圏」「中段圏」「安値圏」と分けたときに、「高値圏」でトレンド転換のチャートパターンが表れたら「天井打ち」だと判断するのが一般的です。

上図のように、水色の枠で囲んだ部分だけしか見ていないと「そろそろ天井かな」と思ってしまうかもしれませんが、期間を長く表示すると、まだまだ上値の余地があることが分かりますよね。

5-2 トレンドの継続を示すチャートパターンの場合

トレンド継続の判断についても、三分割したときに、どこでチャートパターンが表れたかによって、少し判断が異なります。

「安値圏」では、まだ上昇するか少し不安・・・
「中段圏」では、これからどんどん上昇しそう・・・
「高値圏」では、そろそろ天井かな・・・

という心理が働くので、中段圏が一番トレンドが継続しやすいと言えるかもしれません。

しかし、トレンド継続の場合はそれだけではなく、過去に付けた高値の位置によって、それが上値抵抗線となり、トレンド継続のしやすさが変わってきます。

上左図のように、チャートパターンが表れた価格(矢印の先端)よりも上に上値抵抗線があると、そこで反落してしまう可能性がありますが、上右図のように、上値抵抗線と同じか、それよりも上でチャートパターンが表れると、トレンドが継続しやすくなるのです。

6.チャートパターンを利用した相場での活用法

これまで説明したとおり、チャートパターンはトレンドの転換や継続を示すサインですので、チャートパターンを利用して売買をする場合、まずは、直近でトレンドが形成されていることが重要です。

そして、トレンドが形成されていることが確認できたら、現在の株価が、過去1年以上の期間でどれくらいの位置(高値圏、中段圏、安値圏)にあるのかを確認し、合わせて過去の値動きから上値抵抗線の位置なども確認しておきましょう。

基本的には、

  • 安値圏(あるいは高値圏)でトレンド転換のパターンが出たら買い(あるいは空売り)
  • トレンド継続のパターンが出て上値抵抗線(あるいは下値支持線)を抜けたら買い(あるいは空売り)

となります。

それでは、実際のチャートを見ながらチャートパターンを確認してみましょう。
下図は「イオン(8267)」の2018年5月頃の日足チャートです。

上昇トレンドが形成された後、チャートの右上に少し小さいですがダブルトップのような形が出来上がりつつあります。

1年くらいチャートを表示してますが、株価の位置は高値圏にあり、過去に上値抵抗線になりそうな高値もありません。

このまま下落すれば、トレンドの転換と判断することができるため、安値を下抜けたところで、空売りでエントリーすることができます。

それでは、その後の値動きを見てみましょう。

安値を下抜けずに、しばらくもみ合いとなった後に上昇していきました。

これは、三角形型のトレンド継続のチャートパターンだったということになります。
2,200円が上値抵抗線となっているため、そこを上抜けたところで、買いでエントリーすることができますよね。

このように、チャートパターンを見つけることで、トレンドが転換するのか継続するのかを予測することができ、その後の売買戦略も変わってくるのが分かって頂けたと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

チャートパターンには、たくさんの種類があるので、他のサイトや書籍でもいろいろ紹介されていますが、実際のチャートを見ると、きれいな形が出来上がっているチャートはなかなか無いことが分かると思います。

しかし、チャートパターンが形成される心理を理解していれば、「形は少し違うけど、この値動きはこのチャートパターンと同じかも」と判断することができ、今後の値動きも予測することができるようになってきます。

もちろん、予測と違う動きをする場合もありますが、そのときは「損切り」すれば良いだけなので、「予測することができる」ということが重要です。

たくさんのチャートを見ながら「どのような心理が働いているのか」考える練習をしてみましょう。

紫垣 英昭

 

10秒で登録完了!
「株の短期売買」で稼ぐための無料講座

「あなたの人生、本当に今のままで良いのですか?」
「本当は、もっと人生を楽しみたい!」と思っている“あなた”に
株の短期売買で稼げる無料講座をご用意しました。

※実際に売買している動画272分、テキスト150ページ分を用意しました。

もし、あなたが人生を楽しむどころか、今の生活を維持するためだけに、 お金を稼いでいるとしたら、これから来る「インフレ経済」を乗り切れないでしょう。 今すぐ、インフレに強い資産である“株式”の売買手法を身に付けてください!

【この無料通信講座で学べること】

  • 銘柄選択における具体的手法
  • 株の短期売買の“勝ちパターン”とは
  • 株価の天・底を予測し短期売買で利益を得る方法

など・・・

株の短期売買で、着実にお金を増やすための“実戦的”なノウハウを、今だけ無料で提供します。

受講者さまから、

  • 「無料なので期待はしていなかったが、有料以上の内容に驚きました!」
  • 「無料講座で学んで、2週間で60万円の利益を確定しました」
  • 「無料で実際の売買動画で学んだのは初めてでした。テキストもすごいボリュームでびっくり!」

といったお声を多くいただいています。

登録はすぐに完了しますので、以下のボタンをクリックしてください。