どんな相場環境でも“年間2000万円”を稼ぐ!『第8期投資戦略会議』の“全方位型トレード・システム”を学ぶ!

執筆者
プロフィール写真

紫垣英昭

昭和62年証券会社に入社し事業法人、金融法人、ディーラー経験
現在、延べ2万人近くの個人投資家に日本株の売買指導を行っている。
3年前より「全方位型トレード・システム」を提唱し、多くのプロトレーダーを育成。
著書3冊を出版、新聞、雑誌の執筆や講演も多数あり。
著書紹介

2020年は、株式市場や世界経済にとって、まさに“波乱の年”となりました。

2020年1月に中国、武漢で発生した「新型コロナウィルス」は、またたく間に全世界に広がりWHO(世界保健機関)は“パンデミック”(世界的流行)を宣言。

それを機に、世界の株式市場に激震が走り、1987年の「ブラックマンデー」また「リーマンショック」級の“株価大暴落”が起き、多くの個人投資家がこの大暴落に巻き込まれ、多額の損失を計上しています。

僕は、約33年間の株式トレードの世界を見つめてきましたが、2020年は明らかに株式相場の“転換点”を迎えたと考えています。

もう、今までのような単純な「チャート分析」や「チャート・リーディング」のようなテクニックで勝てるような時代は過ぎ去っています。

だからこそ僕たちは、どんな相場環境でも耐えうる“全方位型トレード・システム”を提唱しています。

この戦略を使えば、あなたも激変する株式相場でも“圧倒的な成果”を出し続けられるようになるはずです。

また2020年4月半ばから募集を行う“全方位型トレード・システム”をさらに進化させた『第8期投資戦略会議』では、“ヘッジファンド”の投資戦略を可能な限り共有させていただきます。

ぜひこの機会に、プロの投資法を学んでいただきたいと思います。

以下、アンケートにお答えいただいた方には、「株で年2000万円を稼ぐための"フローチャート”(PDF)」をプレゼントいたします!また「第8期投資戦略会議」に関する情報もお届けいたします!
≪アンケートに答える≫

≪重要なお知らせ≫
『第8期投資戦略会議』では、コロナウィルス感染防止対策として、
“ライブ中継システム”を導入しています。
また講義内容はすべて、プロの映像スタッフによる撮影も行っており、
録画による受講も行っていただけますので、ご安心ください!

この記事を読んで得られること関連記事
  • なぜ一般的なチャート分析がダメなのかが理解できる
  • あなたの株のトレードが劇的に改善するヒントが得られる
  • 過去『投資戦略会議』に参加した人の実績

目次

1.個人投資家が犯しやすい“3つ”の間違いとは

僕は、株式投資の業界の第一線で“33年間”の時間を過ごしてきましたが、その中で、数え切れないほどの個人投資家の方々と、ご縁をさせていただきました。

そんな中、個人投資家からいろんな“悩み事”の相談を受けます。

具体的には・・・

・株を買った直後に下がってしまい、売れば上がる
・コツコツ積み上げた利益を、一瞬で吹き飛ばしてしまう。
・損切りができず、損が拡大する。塩漬け株ばかり。
・どの銘柄を選べば良いのかわからない。
・チャートを勉強すれば儲かると思ったが、ぜんぜんダメ。
・いつも「高値掴み」ばかりしてしまう。
・いったい、いつエントリー、利益確定すれば良いのか?
・「投資ノウハウ」をたくさん買い集めたが、まったくムダだった。
・銘柄情報にお金を使い果たし、挙句に株で大損した・・・
・老後の経済状況に、とても強い不安を持っている・・・

あなたも、このような経験をされたことはありませんか?

実は、これらの“悩み”は、何十年もまえから、ずっと同じで変わっていないのです。

なぜ、こんなことが続くのでしょうか?

実はこの背景には、多くの個人投資家が犯しやすい“3つの間違い”が隠されているのです。

1-1 「チャート分析」、「チャートリーディング」で勝てると思っている

2003年くらいから個人投資家の間で広まり、非常に人気がある分析手法が「チャート分析」です。

しかし残念ながら、いくら「株価チャート」を眺めていても、その後、株価が上がるのか、下がるのかを見極めることはできません。

一般的な移動平均線やMACDなどを使ったトレード手法で勝ち続けるのも、かなり難しでしょう。

以下の図は、一般的な移動平均線を使用して、実際の株価を使ってトレードを行った場合の「資産曲線」です。

(出所:Bloomberg)  

このように、単に移動平均線などを使ったトレード手法では、資金がどんどん減っていき、最終的には資金を失ってしまうことがわかっています。

しかし長期間の「バックテストと、フォワードテスト」を行い、テクニカル指標の“最適化”を行うことで、以下のような右肩上がりに資金をどんどん増やすことも可能なのです

(出所:Bloomberg)

これは、いったいどういうことなのでしょうか?

現在、取引所に上場している銘柄数は約3500銘柄ありますが、すべて個々に株価の値動きは異なるため、一定の分析手法を用いてもダメだということです。

僕たちが行っているトレード手法では、東証1部の流動性の高い、約600銘柄に対し、バックテスト、ウォークフォワードテストに加え、最適化を行うことで、長期的に資産曲線を大きく増やせる可能性の高いトレード手法を提供しています。

1-2 「銘柄情報」を買えば勝てると思っている

投資助言業者にお金を支払えば、自分で銘柄選びなんてしなくても、株式投資で利益が得られると思っている個人投資家も多いことでしょう。

結論から言うと、助言業者から銘柄情報を買っても、その銘柄が上がる保証はありませんし、実際のところ大損して終わる可能性が高いのが現実です。

特に今回の「コロナショック」による株価暴落で、多数の個人投資家が高い報酬を支払っているにも関わらず、投資助言会社から得た銘柄情報で多額の損失を計上しています。

銘柄情報をお金を払って情報を得ているとしても、結局情報を受ける側は“川下”でしかありません。情報を得た時が、株価の高値であることは、決して珍しくないのです。

また情報を受け取る側は「受け身」であるため、期待ばかりが優先し結局、損切りをすることができず、大損に至るケースが後を絶たないのです。

リスクはすべて情報を受け取る側が負っているので、決して情報元に、命を預けてはならないということを肝に銘じるべきでしょう。

1-3 「ノウハウ」をたくさん集めれば勝てると思っている

巷には、さまざまな“投資ノウハウ”が溢れかえっていて、インターネットで検索すれば、すぐに“魅力的な投資ノウハウ”を見つけることができます。

普通に考えれば、これだけ投資で成功する“ノウハウ”があるわけですから、多くのの個人投資家は、成功していてもおかしくないような気がしますが、実際はそんなことはありません。

世の中にある“投資ノウハウ”は、株式投資全体像を伝えているものではなく、単なる「断片的情報」に過ぎません。

したがって「断片的情報」をいくら学んだところで、それは株式投資ぼ全体の1つのピースに過ぎないため、それだけでは使い物にならないのです。

株式投資を成功させるには、その全体像をしっかり学び、「一連の行動プロセス」を確立させなければなりません。

したがって、いくら「美味しそうなノウハウ」を買い漁ったところで意味はないのです。

2.株式投資で失敗する原因は“ズバり”これです!

先ほどもお伝えしたように、株式投資を成功させるには「一連の流れ」が存在します。

たとえば・・・

・年間の利益目標
・マクロ分析、ファンダメンタルズ分析
・銘柄選びのプロセス
・資金配分
・エントリー、決済のプロセス
・投資プロセス、アプローチの改善、検討
・資金管理手法
・売買ルール、システムの検証

などなど、自分のトレードスタンスを明確にし、全体像を把握し「PDCA」を回していくことで、トレードごとの勝ち負けはあるものの、資金を徐々に増やしていくことが可能になります。

つまり、ノウハウも情報も、投資の全体像から見れば、単なる“ピースのひとつ”でしかないので、それだけで成果が出ることはありません。

しかし多くの方は「いつか稼げる方法が見つかるはずだ!」という思いが強く、どんどん深みに入っていくのです。

ありとあらゆる“投資ノウハウ”ばかり集めてしまい、その購入費だけでも莫大は金額になります。

その結果・・・

☑思った結果が得られないのでフラストレーションがたまり
☑結果、短期的利益に走り、目の前で派手に動いている銘柄を高値掴みをし、
 買ったとたんに大きな損失を被る

☑神様に祈るように、銘柄情報に飛び乗り、とうとう全額を失ってしまう・・・

という『負のループ』に入ってしまうのです。

もしあなたが『負のループに入っているかもしれない』と思うのなら、抜け出せなくなる前に一刻も早くそこから抜け出すための行動を起こさなければなりません。

3.なぜ今“全方位型トレード・システム”が求められているのか?

もし、あばたが『負のループ』から一刻も早く抜け出したいと“決断”するなら『第8期投資戦略会議』で行う“全方位型トレード・システム”を体験していただきたいと思います。

これまで延べ700名以上の方々が『投資戦略会議』に参加し“全方位型トレード・システム”を体験しています。

その結果、後で紹介しますが、多くの個人投資家の方は、“劇的な成果”を得られています。

ではなぜこれほどまでに“劇的な成果”が上げられるのでしょうか?

以下が、『全方位型トレード・システム』の全体像です。

僕たちがお伝えしている『全方位型トレード・システム』は、“勘”に頼ったチャート分析でも、根拠のないトレード手法でもありません。

コンピューターシステムで株価データを長期間に渡った“フォワードテスト”と最適化されたトレード戦略を主軸とし・・・

☑コロナ後の具体的投資戦略、投資配分
☑長期間の株価データを検証、最適化し開発した“新・科学的トレード手法”(実証済み)
☑短期で株価2~3倍以上を狙う「ファンダメンタルズ分析手法」
☑専業トレーダーが教える「IPOトレード戦略」
☑プロのトレーダーが使う“超”テクニカル分析手法
☑プロのワザを盗み、毎日お金を稼ぐ!デイトレード手法
☑相場の天底をピタリと当てる!日経平均株価予測モデル
☑独自トレードルールを構築できる「トレードPDCA」ツール
☑確実に「利益確定」を決める、売買発注システム活用法
☑損失を最小限に抑え込む「資金管理手法」

これが多くの個人投資家を成功に導いた『全方位型トレード・システム』です。

しかも「全方位型トレード・システム」を、すぐに実戦で使えるよう、あなた“独自のトレード・ルール”を3か月間で完成させます!

2008年のリーマンショック以降、全世界的に全世界的に行われた「金融緩和」による莫大な資金で株式市場を支えてきましたが、それは日本も例外ではありません。

世界中に広がった「過剰流動性」は“新型ウィルス”により株式市場が破壊され、世界経済は危機を迎えつつあります。

このような状況下で、これまでのトレード手法では、対応しきれなくなるのは明白です。

あなたや、あなたの大切な人を守るためにも「全方位型トレード・システム」を身に付けていただきたいと思います。

ではこれから『第8期投資戦略会議』“全方位型トレード・システム”を、ほんの一部だけご紹介させていただきます。

3-1 講義は「大阪」、「東京」の2拠点で計6回行います

講義勉強会は、毎月2回×3か月間の計6回行います。開催場所は、「大阪」、「東京」の2拠点。"ライブ中継システム”と、プロの映像スタッフによる撮影録画を行います。会場での受講は新型コロナウィルス感染状況により適宜判断いたします。

【第6期投資戦略会議 勉強会の様子】

 

【第6期投資戦略会議 懇親会の様子】

勉強会が終了したら各会場で懇親会を行う予定ですが、新型コロナウィルス感染状況により適宜判断いたします。

3-2 最適化された“38銘柄”のリストを使って、多額の利益を稼ぎ出す

僕たちが実際に日々使っている、トレードテスト(最適化済み)の銘柄リストをダウンロードしていただけます。

以下の収益曲線は、投資戦略会議で良好な結果を残した3銘柄に対し、1銘柄100万円を投入して複利運用した結果です。

この検証では、約15年間で1億5000万円の収益が得られるという結果になりました。

もちろん、最適化された結果とはいえ、上記の利益を保証するものではありませんが、根拠のない「チャート・リーディング」ではありませんので、とても精度の高いトレード手法であることはいうまでもありません。

3-3 超高機能チャートソフト「Trading View」を使って瞬時に急騰銘柄を抽出する方法を伝授

日本では、まだそれほど知られていませんが、世界中の1000万ユーザーが使っている超高機能チャートソフト『Trading View(トレーディングビュー)』を活用して、瞬時に急騰銘柄を「スクリーニング(抽出)」する方法を伝授いたします。

この「Trading View(トレーディングビュー)」は、世界中の金融市場(世界の株価指数、個別株、先物、FX、商品)など、あらゆるマーケットの価格、チャートをリアルタイムで閲覧することができる、世界最高峰のチャートソフトです。

しかも「スクリーニング(抽出)機能」が搭載されており、あらかじめ条件を設定しておくことで、リアルタイムで条件にヒットした銘柄を自動でスクリーニング(抽出)することができます。

ただ、いきなり条件設定をするのも一般投資家にとっては骨が折れる問題でしょう。

そこで「全方位型トレード・システム Ver2.0」では、『Trading View(トレーディングビュー)』であなたに活用していただきたい以下の「条件設定方法」をお伝えいたします。

お伝えする条件設定方法

  1. 急上昇銘柄をスクリーニングする方法
    本日急激に出来高が増大している、投資家の関心が高い銘柄を抽出できます。
  2. 大底から上昇トレンドに変化した銘柄をスクリーニングする方法
    数ヶ月~半年の下落トレンドが続いていたが、直近1週間ほどの値動きで上昇トレンド移行への兆候が見られる銘柄を抽出できます。
  3. テクニカル指標でサイン発生の銘柄をスクリーニングする方法
    TradingViewを使えば、テクニカル指標のサインが発生している銘柄も簡単に探すことができます。

これらのスクリーニング条件を事前にセットしておけば、
短期間での利益が狙える銘柄選びに迷うことはなくなるはずです。

ぜひ活用していただきたいと思います。

※また、スクリーニング設定を含めたTradingViewの具体的な操作方法については、
【特典5】「“TradingView(トレーディングビュー)特別講義」をご用意しておりますので、初めて利用される方もご安心ください。

3-4 専業トレーダーが密かに使っている“超”テクニカル分析手法を伝授

専業のプロ投資家(トレーダー)が実際に活用し、大きな成果を出している「テクニカル分析手法」をお伝えします。

以下の画像は、僕たちがメンバーたちとリアルタイムでやり取りしているシステムでの事例です。

投資戦略会議に参加しているメンバーからも、とても人気があるコンテンツです。

3-5 数カ月の短期間で“2倍以上”の株価上昇を狙うための「ファンダメンタルズ分析」の手法とは

講義では、数カ月の短期間で“2倍以上”の株価上昇を狙うための“ファンダメンタルズ分析」の手法をお伝えします。

「第5期投資戦略会議」から、この“ノウハウ”を公開していますが、その結果、短期で株価が2倍以上になった銘柄が多数出現し、参加者は大きな利益を手にしています。

これは3か月間にわたり、参加者と一緒に進捗を追っているので、よくある“後出しジャンケン”ではありません。

『全方位型トレード・システム』では、誰でも簡単に一発で株価が2倍以上になるような、銘柄を見つけるための“究極の会社四季報活用法”をお伝えしています。

3-6「時間軸戦略」と「強い板」の銘柄に付くデイトレード手法

「投資戦略会議」では、個別銘柄の「寄り付き前」に、板の強い銘柄を選び出す方法やアイデアと、時間軸戦略に基づくデイトレード手法をメンバーと共有したいと思います。

個別株のデイトレードを学べば、数万円レベルの利益を毎日稼ぎ出すことが十分可能になります。

ぜひ、デイトレードのスキルを磨いていただきたいと思います。

3-7 相場の転換点を予測できる“マル秘日経平均未来予測手法”とは

実は2019年9月から始まった『第6期投資戦略会議』では・・・

☑日経平均株価の未来予測では、2020年をピークに株価が大きく下がる可能性がある
☑明治期以降、元号が改変された2年目は、いずれも株価暴落が起きている
☑マクロ指標、長短金利スプレッドを見る限り、いつ景気後退に発展してもおかしくない
☑2000年以降、景気後退期の株価は、最大46%下落している
☑その結果、日経平均株価は、15000円台まで暴落する可能性がある

と、指摘していましたが、2020年3月に株価は暴落し、上記の予測が現実となりました。

少し画像が見づらいかもしれませんが、以下のチャート図は「2009年10月11日」に作成した、未来の相場予測です。

当然、未来なので、2009年10月11日以降のチャートはありませんが、見ていただきたいのは2012年11月から“株価は大きく上昇する”ことを、この時点で予測できていたのです。

2012年11月からの株価急騰、2020年の株価暴落を予測した、その方法をお伝えいたします。

3-8「3か月」で絶対負けない“あなただけ”のトレードルールを完成させる

「全方位型トレード・システム Ver2.0」では、弊社オリジナルの「トレードPDCA」を使い、3か月間で、あなただけの“独自のトレードルール”を作り上げます。

受講期間が終了後に、ご自身の力で投資成果を得ていただけるよう設計しています。

「計画」⇒「実行」⇒「評価、検証」⇒「改善」
この4つのサイクルをしっかり回すことがトレードスキルを「加速度的にアップ」させるための方法なのです。

4.これまで「投資戦略会議」に参加した受講生の成果をご覧ください

ではこれから、あなたの“仲間たち”が、どんな成果を得ているかをご覧ください。

4-1 【レンジ売買で100万円以上の利益になった事例】

バックテスト、ウォークフォワードテストで発見した、高勝率、高収益銘柄のトレードで短期間に100万円以上の利益を得た方の成果発表をしていただきました。

4-2 【10か月で3000万円が6000万円に!】

4-3 【コロナショック後から390万円の利益!】

4-4 「投資戦略会議」でのアンケートを、少しだけご紹介いたします。

4-5 参加者のインタビューをご覧ください

【参加者インタビュー:松山さん】

 

【参加者インタビュー:佐々木さん】

 

このように多くの方々が、成果を出しています。次はあなたの番です。

僕の責任

これからの日本を生きていく上で大切なのはなんだと思いますか?
これからの日本は、どんな社会になっていくと思いますか?

・消費税の増税
・社会保障のコストアップ
・外国人労働者の受け入れ
・労働力不足
・食品価格、エネルギー価格の高騰
・通貨安によるインフレ
・「新型コロナウィルス」など、疫病流行による経済的打撃、所得の減少

など、日本で生活するためのコストは確実に上昇していくのは目に見えています。

お金をそのまま預貯金で置いていたら、確実に相対的な価値は下がり、インフレに対処することはできません。

つまりこれからの日本人は、投資のスキルを持つ必要に迫られるということなのです。

しかし、安易な投資ノウハウは、あなたにとって害でしかありません。

書籍、インターネットなどで、株式投資のノウハウは、山のように紹介されていますが、どれも根拠に乏しい戦略ばかりのような気がしてなりません。

私が常日頃、受講生にお伝えしていることは、

「他人に依存してはいけません」
「自分の頭で考え行動する」
「これまでと、違う結果を得たいのであれば、行動そのものを変える必要がある」

ということをお伝えしています。

これまで、たくさんの個人投資家が、株式市場で莫大な資金を失ってきました。 その大半は、証券会社や、投資顧問の言いなりに売買していたり、株式投資の勉強をしていなかったり、リスク管理が甘くなっていたり、個人投資家の行動そのものに原因があります。

つまり、「思考」と「行動」を変えない限り、個人投資家が株式市場で結果を残すことは、ほぼ不可能ということになってしまいます。

しかし、株式投資における、正しい知識、正しい経験を積み重ねさえすれば、株式投資で、間違いなく良い結果を導き出せるのも事実ですし、そのことは僕が身を持って証明しています。

これまで僕は、投資戦略会議のメンバー全員に勝ち組にまわってもらうことを目標にやってきました。

なので今期の投資戦略会議も、「全員、勝ち組にまわってもらう」ことを、第一の目標に据え、取り組んでいきます。

それこそが、僕に課せられた“責任”だと考えています。

もちろん、あなたにもしっかり努力していただかなくてはなりませんが、僕に課せられた責任を放棄することは、絶対にしないということはお約束します。

なので、ぜひ『投資戦略会議』に参加していただきたいと思います。

紫垣英昭

 

10秒で登録完了!
「株の短期売買」で稼ぐための無料講座

「あなたの人生、本当に今のままで良いのですか?」
「本当は、もっと人生を楽しみたい!」と思っている“あなた”に
株の短期売買で稼げる無料講座をご用意しました。

※実際に売買している動画272分、テキスト150ページ分を用意しました。

もし、あなたが人生を楽しむどころか、今の生活を維持するためだけに、 お金を稼いでいるとしたら、これから来る「インフレ経済」を乗り切れないでしょう。 今すぐ、インフレに強い資産である“株式”の売買手法を身に付けてください!

【この無料通信講座で学べること】

  • 銘柄選択における具体的手法
  • 株の短期売買の“勝ちパターン”とは
  • 株価の天・底を予測し短期売買で利益を得る方法

など・・・

株の短期売買で、着実にお金を増やすための“実戦的”なノウハウを、今だけ無料で提供します。

受講者さまから、

  • 「無料なので期待はしていなかったが、有料以上の内容に驚きました!」
  • 「無料講座で学んで、2週間で60万円の利益を確定しました」
  • 「無料で実際の売買動画で学んだのは初めてでした。テキストもすごいボリュームでびっくり!」

といったお声を多くいただいています。

登録はすぐに完了しますので、以下のボタンをクリックしてください。

10秒で登録完了!
「デイトレード」で稼ぐための無料講座

給与所得者、専業主婦、退職者の方へ
午前中の20分で、1日1万円、毎月20万円の
“第二の収入源”が作れる
株のデイトレードという方法を“無料”で学びませんか?

【1分で10万円を稼いだ、生トレード動画】

日本の中小企業は、いまだに給与が上がらない状況が続いています。 しかし長期間に渡る金融緩和によって、今後はインフレ経済による物価高騰が予想されています。

2017年度「総務省家計調査報告」での、勤労世帯の平均貯蓄額中央値は、792万円といわれています。
もし、あなたの貯蓄額が、上記より少ないのなら、今のうちに手を打っておく必要があるのではないでしょうか。 そこで提案をしたいのが“株のデイトレード”という手法で“1日1万円”を稼ぎ、第二の収入源を得ることです。

【この無料通信講座で学べること】

  • デイトレードで“毎日1万円”を稼ぐための投資戦略とは
  • 私がデイトレードで使っているソフトを教えます!
  • チャート分析は、まったく“無力”である
  • 「時間軸戦略」が、デイトレードでもっとも重要!
  • デイトレードで負けなくなる瞬間とは
  • 有効なデイトレード戦略1
  • 有効なデイトレード戦略2

毎年、トレードの利益が2000万円を越えますが、その半分以上は“デイトレード”から生み出されています。
この“無料講座”は、実際の売買動画をご覧いただきながら、デイトレードを学んでいただけるので、確実に技術が身に付きます!

ぜひ、あなたもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

この記事をかいた人

紫垣 英昭

投資家 / オープンエデュケーション株式会社代表取締役。1964年大阪生まれ。甲子園出場経験者。大学卒業後、証券会社に勤務し、事業法人、金融法人営業、自己売買部門を担当。証券会社退職後、株式投資をはじめ、 日経225先物、FX等の売買指導を行い、個人投資家から絶大なる信頼を得ている。証券会社時代に培ったスキルを投資初心者でも理解できるよう売買指導を行い、今では3000人以上の受講生を抱え、「真に自立できる個人投資家」を輩出するために積極的に活動している。著書に『初心者でもがっぽり儲かる大化け「低位株」投資法』(幻冬舎)『億を稼ぐ投資法則』(ユウメディア)『少額資金で儲ける株ゴー ルデンルール』(ユウメディア)がある。