株初心者が陥りやすい“6つの失敗パターン”と、その対処法とは?

執筆者
プロフィール写真

紫垣英昭

昭和62年証券会社に入社し事業法人、金融法人、ディーラー経験
現在、延べ2万人近くの個人投資家に日本株の売買指導を行っている。
3年前より「全方位型トレード・システム」を提唱し、多くのプロトレーダーを育成。
著書3冊を出版、新聞、雑誌の執筆や講演も多数あり。
著書紹介

今日、あなたにお伝えしたい情報は「株の初心者が陥りやすい“6つの失敗パターン”と、その対処法」についてです。

株式投資でなかなか成果が得られない人は、お金がどんどん減っていくような“パターン”にはまっています。このパターンから抜け出すことが、株式投資を成功させる第一歩になります。

ではその“6つパターン”とは、いったいどのようなものなのでしょうか?

今回の記事では、株式投資が上手くいかない“6つパターン”と、その対処法について触れていきたいと思います。

早く儲けたい気持ちもあるかとは思いますが、ぜひここで少しだけ時間をとって読んでいただければと思います。

株式投資で成功する近道になると思いますよ。

この記事を読んで得られること関連記事
  • 初心者が株で失敗してしまうパターンについて知ることができる
  • 株で失敗しないための具体的な対処法がわかる

1.初心者が株で失敗してしまう6個のパターンとは?

まずは、株初心者にありがちな失敗パターン6個と、具体例な対処法について見ていきましょう。

1-1 失敗パターンその1:損失が出た株を塩漬けにする

「塩漬けにする」とは、利益が出そうにない株をやむをえず保有し続ける状態のことをいいます。

対処法としては、「値下がりしたときに損失を確定(=損切り)すること」です。
そうすれば、いつ利益が出るか分からない株を持ち続けて、次のチャンスを逃すようなことにも陥りません。

そもそもこのパターンの原因は、「自分の考えに反して値下がりしたことを受け入れられなかったこと」にあります。
しかし残念ながら、株式投資において勝率を100%にすることは、どんなすご腕のプロでも難しいことです。

そうであれば、浅い損失の時点で損を確定して、また別の取引で稼げばいいということになります。

1-2 失敗パターンその2:売るタイミングが遅れて利益がなくなる

塩漬けまではいかなくても、売るタイミングを逃して利益がなくなるといったことは、初心者によく起こりがちです。

対処法としては、「欲張りすぎずにある程度の利益で満足する」という心構えを持っておくことです。

勢いよく上昇中の株価を見ていると、「このままずっと上がり続けるのではないか」という錯覚をおこしてしまうことがあります。

しかし、残念ながら一方的に上がり続ける株などありません。
株価はほとんどの場合、下記の図のように動きます。

上がったり下がったりしながら大まかな傾向として上昇します。
そして、どこかで株価のピークを迎えて、また上がったり下がったりしながら下降していくのです。

後から見れば簡単に見えますが、実際に動いている途中で、どこが天井・底かを当てることは難しいもの。
資金を投入する前に、利益を確定するポイントをある程度想定しておくことも必要です。

1-3 失敗パターンその3:高値で飛びついてしまう

高値で飛びついてしまった結果、すぐに値下がりして損失が発生するパターンも初心者にありがちです。
対処法としては、「これから値上がりするであろう銘柄をあらかじめ探しておくこと」につきます。

このような失敗は、値上がり率ランキングやニュースを見て銘柄を選ぶ人に見られがちです。
しかし、話題になった株や値上がり率ランキングに顔を出す銘柄は、すでに買っている人がたくさんいます。

買っている人が多いということは、これから利益を確定する(=売り注文を出す)という人が多いということ。
その売り注文で値下がりしていく可能性が高くなります。

もちろん、そのまま上昇が続くこともありますが、必ずしもそうとは限りません。
つまり、すでに値上がっている銘柄に慌てて飛びつくよりも、これから上がる銘柄を探すほうが、かえって利益が出しやすいわけです。

1-4 失敗パターンその4:よく知らない銘柄を買って損をする

どこかで推奨された銘柄や他人教えてもらった銘柄を買った結果、なぜだか値下がりしていき損失を出してしまうというパターンです。

これには、「自分に必要な情報以外は見ないようにする」という対処法が効果的です。

情報が多いほど株で勝てると考えている初心者の方も多いのですが、残念ながらそのとおりではありません。
とくにメディアで紹介されたような銘柄は、自分が買うときにはすでに値上がりしてしまっていることも多く、高値で飛びつくことになってしまいます。

自分が利益を上げるために必要な情報とは何かを把握しておき、情報に惑わされないことが大切です。

1-5 失敗パターンその5:損切り貧乏になる

損切りができるようになった初心者が陥りがちなのが、「損切り貧乏」といわれるパターンです。
損切り貧乏とは、「損切りしすぎて資金が減り続ける状態」のことをいいます。

対処法としては、「トータルで勝てる投資を繰り返すこと」です。

たしかに損切りをすることは間違っていないのですが、それを続けた結果資金が減り続ける一方なのであれば、意味がありません。

今一度立ち止まって、継続して勝てる投資方法を明確にしましょう。
ムダな損切りが減り、トータルで利益を出せるようになります。

1-6 失敗パターンその6:全力買いで資金の大半を失う

自分が目をつけた銘柄を大量に買った結果、値下がりして資金のほとんどを失ってしまうという初心者の方もいます。

このパターンへの対処法は、「1回の取引あたりに許容できる損失額を決めておくこと」です。

取引1回あたりの損失額は、全資金のマイナス5%以内までに設定するのがおすすめです。
なぜなら、下記のように損失が増えるほど、資金を回復させるのに必要な利益が増えるからです。

詳しくは「損切りラインの“目安”を、総投資資金から考える」でも説明していますので、こちらの記事も読んでみて下さい。

株式投資において、連敗することは当たり前のように起こります。
しかし、損失が少なければ、また次のチャンスで損失を取り戻すことも十分に可能です。
つまり、勝ち負けを繰り返しながら元本を増やしていくのが、株式投資の本来のやり方なのです。

 

2. 株初心者が失敗しないための根本的な対処法とは?

ここまで6つの具体的な失敗パターンと対処法について個別に見てきましたが、初心者の方にとっては難しく感じることもあったかもしれません。

しかし、これらの問題は「2つの根本的な原因に集約できる」といったらどうでしょうか。
より対処しやすくなりそうですよね。

では、その根本的な原因とは何かというと、次の2つです。

《失敗の根本的な原因2つ》
①投資ルールが定まっていない
②適切な投資マインドが身についていない

ここからは、これら2つの根本的な原因への対処法をお伝えしていきます。

2-1投資ルールを決めておく

どのような銘柄を取引をして、どれくらいの利益を狙うのか。
また、損失が出た場合、どれくらいで損切りするのか。
実際に投資する前にこれらを決めておいたものが、投資ルールです。

先ほど紹介したパターンのうちいくつかに関しても、投資ルールを決めておくことで対処できます。

例えば「どんな銘柄に投資するのか」ということを決めておけば、よく知らない銘柄を買って損をすることも、高値で飛びついてしまこともなくなります。

また、「いくら投資するか」の基準を明らかにしておけば、全力買いで資産を失うといった事態も避けることが可能です。

いくら投資するかという問題は、資金管理を学ぶことでルール化できます。

資金管理とは、「勝率や利益・損失をもとに投資するべき金額をコントロールする方法」のことです。
下記の記事で詳しく説明していますので、ぜひ勉強してみてください。

『毎月20万円以上稼ぐ個人投資家が必ず行う「資金管理」方法とは』

2-2 投資に必要なメンタルを身につける

投資に必要なメンタル(心構え)を身につけることで、もっと大きな意味で失敗への対策ができます。

というのは、投資ルールの重要性を頭で分かっていても、実行できない人が多いからです。
株を塩漬けにしたり、欲張って売り損ねるといった失敗パターンも、しっかりとしたメンタルが身についていないのが原因です。

では、投資に必要なメンタルとは一体何なのかというと、「欲や恐怖心をコントロールできている状態」のことをいいます。

初心者の頃は、どうしても「とにかく利益を出したい」、「負けをすぐに取り戻したい」といった欲が出てきてしまいます。
また、「損をしたくない」という恐怖心もわいてきます。

しかし、こういった精神状態だと冷静な判断ができなくなってしまうため、取引のタイミングを間違えたり、損失を生み出す取引を選んだりしがちなのです。

このような精神状態に気づいたときは、一度取引を休んだり、投資金額を減らしたりして、心を落ち着かせるのも一つ方法です。
また、一度メンタルを鍛えるための勉強をしてみるのもおすすめです。

投資に必要なメンタルについては、下記の記事で詳しく勉強できます。

『投資の世界で勝ち続けるために必要なメンタルと鍛え方』

まとめ

ここでは、株式投資の初心者が陥りがちな、さまざまな失敗パターンを紹介してきました。

個別で対処法もお伝えしましたが、2つの対処法を覚えておくと根本的な対処ができます。
それは、「事前に投資ルールを決めておくこと」と「投資に必要なメンタルを身につけること」です。

早く稼ぎたいという気持ちもあるでしょうが、焦らずにまずは守りの部分を固めてみてください。
継続的に勝てるルールを構築し、適切な心構えでムダな失敗を減らせば、自然に資金が増えていくことでしょう。

紫垣 英昭

 

10秒で登録完了!
「株の短期売買」で稼ぐための無料講座

「あなたの人生、本当に今のままで良いのですか?」
「本当は、もっと人生を楽しみたい!」と思っている“あなた”に
株の短期売買で稼げる無料講座をご用意しました。

※実際に売買している動画272分、テキスト150ページ分を用意しました。

もし、あなたが人生を楽しむどころか、今の生活を維持するためだけに、 お金を稼いでいるとしたら、これから来る「インフレ経済」を乗り切れないでしょう。 今すぐ、インフレに強い資産である“株式”の売買手法を身に付けてください!

【この無料通信講座で学べること】

  • 銘柄選択における具体的手法
  • 株の短期売買の“勝ちパターン”とは
  • 株価の天・底を予測し短期売買で利益を得る方法

など・・・

株の短期売買で、着実にお金を増やすための“実戦的”なノウハウを、今だけ無料で提供します。

受講者さまから、

  • 「無料なので期待はしていなかったが、有料以上の内容に驚きました!」
  • 「無料講座で学んで、2週間で60万円の利益を確定しました」
  • 「無料で実際の売買動画で学んだのは初めてでした。テキストもすごいボリュームでびっくり!」

といったお声を多くいただいています。

登録はすぐに完了しますので、以下のボタンをクリックしてください。

10秒で登録完了!
「デイトレード」で稼ぐための無料講座

給与所得者、専業主婦、退職者の方へ
午前中の20分で、1日1万円、毎月20万円の
“第二の収入源”が作れる
株のデイトレードという方法を“無料”で学びませんか?

【1分で10万円を稼いだ、生トレード動画】

日本の中小企業は、いまだに給与が上がらない状況が続いています。 しかし長期間に渡る金融緩和によって、今後はインフレ経済による物価高騰が予想されています。

2017年度「総務省家計調査報告」での、勤労世帯の平均貯蓄額中央値は、792万円といわれています。
もし、あなたの貯蓄額が、上記より少ないのなら、今のうちに手を打っておく必要があるのではないでしょうか。 そこで提案をしたいのが“株のデイトレード”という手法で“1日1万円”を稼ぎ、第二の収入源を得ることです。

【この無料通信講座で学べること】

  • デイトレードで“毎日1万円”を稼ぐための投資戦略とは
  • 私がデイトレードで使っているソフトを教えます!
  • チャート分析は、まったく“無力”である
  • 「時間軸戦略」が、デイトレードでもっとも重要!
  • デイトレードで負けなくなる瞬間とは
  • 有効なデイトレード戦略1
  • 有効なデイトレード戦略2

毎年、トレードの利益が2000万円を越えますが、その半分以上は“デイトレード”から生み出されています。
この“無料講座”は、実際の売買動画をご覧いただきながら、デイトレードを学んでいただけるので、確実に技術が身に付きます!

ぜひ、あなたもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?