株のデイトレードでも応用可能!FXスキャルピングで勝つための全て

僕が株式トレードを教えている生徒さんから「FXのスキャルピングを教えて欲しい」という要望がありました。

よってこの記事では、株のデイトレード(デイトレ)でも応用可能な、“50%スキャルピング手法”というFXのスキャルピングのトレード手法をお伝えしようと思います。

この生徒さんのように、「FXには興味があるけど、具体的にどうすれば勝てるようになるんだろう・・・」というお悩みを抱えているのではないでしょうか?

あるいは、「いろいろなトレード手法があるみたいだけど、初心者に向いているのはどれ?」「スキャルピングって、なんか聞いたことあるけど初心者でもできるの?」など、様々な悩みがあると思います。

今回は、そんな初心者でも分かるように、FXのスキャルピングについて詳しく説明し、さらには、具体的な売買手法までご紹介したいと思いますので、ぜひ、最後まで読んでみてください。

FXについて、まだ良く分からないという人は「FXとは?”初心者に必須”の基礎知識と始め方を図解でやさしく解説」からどうぞ。

この記事を読んで得られること関連記事
  • FXスキャルピングとは何かがわかる
  • FXスキャルピングのメリットとデメリットがわかる
  • FXスキャルピングで失敗しない方法と勝つためのコツ、具体的な手法がわかる

1.FXスキャルピングとは?

株やFXなどを短期でトレードする際、エントリー(買いや空売り)してからエグジット(売りや買戻し)するまでの期間(ポジションを保有している期間)に応じて、以下の3種類に分けることができます。

  • スキャルピング:数分
  • デイトレード:数分~数時間
  • スイングトレード:数日~数週間

また、通常は保有期間が短いほど1回のトレードで得られる値幅は小さく、期間が長いほど得られる値幅も大きくなります。

したがって、今回、ご紹介するFXスキャルピングは、1回のトレードを数分程度で完了させ、それを何回も繰り返して利益を上げていくというトレード手法になります。

2.FXスキャルピングのメリットとデメリット

FXスキャルピングのメリットとデメリットをまとめると次のようになります。

2-1 FXスキャルピングのメリット

まず、メリットについてですが、

  1. 保有期間が短いため「時間のリスク」が少ない
  2. ファンダメンタルズ分析が必要ない
  3. 短期間で資金を増やすことができる

などが挙げられます。

1つ目の「時間のリスク」とは、例えば、「夜寝ている間に海外情勢が急変し、ドルが急落(急騰)した」などのリスクのことです。

スキャルピングは、ポジションを保有している期間が数分程度なので、このようなリスクに巻き込まれることは少なく、仮に巻き込まれたとしてもすぐに対応することができます。

2つ目のファンダメンタルズ分析とは、各国の金融政策や経済指標の発表などによる値動きを分析する手法ですが、数分程度の売買ではほとんど影響はありませんので、分析する必要はありません。

ただ、発表直後に急変することはありますが、この場合でもすぐに対応することはできますし、発表時間が分かっていれば、その時間はトレードしないということもできます。

3つ目は、1回のトレード時間が短いので、1日に何回もトレードすることができます。

一般的に、トレード時間が短くてトレード回数が多いほど年間の利回りは高くなり、トレード時間が長くトレード回数が少ないほど年間の利回りは低くなる傾向があります。

2-2 FXスキャルピングのデメリット

次に、デメリットについてですが、

  1. 疲れやすい
  2. メンタルコントロールが難しい
  3. 短期間で損失が大きくなる可能性がある
  4. トレード回数が多いためコスト(手数料)も高くなる

などが挙げられます。

1つ目の「疲れやすい」とは、スキャルピングはトレード回数が多くなるので当然疲れやすくなります。

また、1回のトレード時間は数分程度なのですが、売買のタイミングを逃さないように値動きをずっと監視していなければならないため、精神的にも疲れてしまいます。

2つ目も、精神的疲労が溜まってくると集中力が途切れたり、何回も損失トレードが続くと平常心を保てなくなってしまうため、メンタルコントロールが難しくなります。

3つ目はメリットの逆ですが、成功トレードが多ければ資金は増えますが、失敗トレードが多ければ損失もどんどん大きくなってしまいますので、ハイリスクハイリターンとも言えます。

そして最後の4つ目は、トレード回数が多くなれば、当然、手数料も高くなってしまいます。

このように、メリットだけでなくデメリットもありますが、デメリットを上手にコントロールすることができれば、大きな利益を得ることができるのがFXスキャルピングなのです。

3.FXスキャルピングで初心者が陥りがちな失敗とは?

そんなFXスキャルピングですが、どのようにデメリットをコントロールするのか、まずは、初心者が陥りがちな失敗を知ることから始めましょう。

トレード手法に関わらず、一般的に、初心者は「損切り」ができないと言われています。

人は、利益を得られる場面ではリスクを回避し、損失を被る場面ではリスクを負って損失を回避しようとする傾向があります(プロスペクト理論と呼ばれています)。

つまり、少しでも含み益になると、それを逃したくないため、すぐに利食いしてしまい、少しでも含み損になると、損失を確定させたくないため、損切りせずに価格が戻ってくるまで待ってしまうのです。

また、スイングトレードであれば、前日などにあらかじめエントリー価格と損切り価格を決めて売買することができるので、比較的、損切りしやすいと言えるかもしれませんが、スキャルピングは、その時の値動きを見て即座に判断して売買するので、少しでも損切りに躊躇してしまうと、すぐに損失が大きくなってしまいます。

このように、初心者のトレーダーは、

  • 人は、基本的に損切りができない傾向がある
  • 経験が浅いと、即座に損切りの判断ができない

などから、FXスキャルピングではなかなか損切りができず、損失を膨らませてしまいやすいのです。

そして、その損失を取り戻すために、更に大きなリスクを負って売買するようになり、資金を失ってしまうということがあるので、注意しましょう。

4.FXスキャルピングで勝つためのコツとは?

それでは、これらを踏まえて、FXスキャルピングで勝つためにはどうすれば良いのか、いくつかポイントをご紹介したいと思います。

4-1 売買ルールを決めておく

先ほどの説明の中で、スキャルピングは「即座に判断して売買」しなければならないのに、初心者は「即座に損切りの判断ができない」ということでしたよね?

だったら、あらかじめ「エントリー価格」「損切り価格」「利食い価格」を決めた「売買ルール」を作っておいて、そのルール通りに売買すれば、即座に判断する必要もなく機械的に売買するだけなので、損切りに躊躇することもなくなります。

4-2 資金管理を守る

そして、「更に大きなリスクを負って売買」することも防がなければなりません。

先ほどは、「損失を取り戻すため」にリスクを負ってしまうという話をしましたが、実は、「利益を出しているとき」にもリスクを負うことがあります。

何回か成功トレードが続くと、「もっと大きな資金を入れれば(取引数量を増やせば)、もっと儲けられる」という欲が出てきてしまうのです。

トレードでは、勝率100%ということはあり得ませんので、必ず失敗することもあります。

もし、売買ルール通りにトレードしたとしても、成功したときの取引数量より失敗したときの取引数量の方が大きかったら、損失額の方が大きくなってしまいますよね?

例えば、「0.05円上がったら利食い」「0.02円下がったら損切り」というルールがあるとします。

勝率が50%だった場合、同じ数量で売買を繰り返していけば、利益が少しずつ増えていくのは分かると思いまが、下図のように、1回目に数量1,000で売買して上手く行ったからといって、2回目に数量を3,000に増やして売買して失敗したら、トータルで損失の方が大きくなってしまいます。

1回目:0.05円×1,000→50円の利益
2回目:0.02円×3,000→60円の損失
トータル:50円-60円→10円の損失

したがって、「資金管理」についてしっかりと理解した上で、一定の取引数量で売買し続けるということが重要です。

5.FXスキャルピング向きの通貨ペアと時間帯は?

ここからは、もう少し具体的な内容について説明していきましょう。

5-1 FXスキャルピング向きの通過ペア

スキャルピングする通貨ペアを選ぶうえで最も重要となるのは「ボラティリティ(価格の変動率)」です。

値動きの大きい通貨ペアであればあるほど短時間で大きく稼ぐことができるので、値動きが大きいほどスキャルピングに向いていると言えます。

現在、通貨ペアの中でも最も値動きが大きいのはGBP(ポンド)で、その中でもスキャルピングトレーダーに人気なのがGBP/USD(米ドル)とGBP/JPY(日本円)です。

5-2 FXスキャルピング向きの時間帯

通貨ペアを選ぶ際と同じで、ボラティリティが高まる時間帯を選ぶことも重要です。

  • 16:00~20:00(欧州市場)
  • 23:00~01:00(NY市場)

日本時間で上記の時間帯が、一日のうちでもかなりボラティリティの高まりやすい傾向があるのでスキャルピングに向いていると言えます。

6.初心者向けの「50%スキャルピング手法」を伝授

ここで、FX初心者に向けておススメのキャルピング手法を一つご紹介させて頂きたいと思います。

今回ご紹介する手法の特徴は以下の通りです。

  • ルールがわかりやすい
  • エントリーポイントが多い
  • 誰でも機械的なトレードができる

ルールが単純でわかりやすいので初心者の方におススメです!
それでは、具体的な内容について説明していきます。

≪50%スキャルピング手法≫
50%スキャルピング手法は、5分足のRSI(20)の50%を下回った(上回った)タイミングで押し目買い(戻り目売り)をして、数pips~20pips程度の利ザヤを狙ったトレード手法です。

※「pips(ピップス)」とは、為替が変動するときの最小値幅単位のことです。

使用するインジケータ
SMA(20,50) ※単純移動平均線
RSI(20)

ローソク足の設定
下記のエントリールールは5分足にのみ適用可能です。
上位足の環境認識を加えることによって、更に勝率をあげることができます。

買いでのエントリールール
5分足でSMA(20)がSMA(50)の上にある状態=買い

  1. RSI(20)が50%を下回った段階でトレード準備
  2. 直前の5分足ローソク足陰線始値を陽線終値が抜いて、ローソク足が確定したらエントリー

買いポジションの決済ルール

  1. 陽線始値を陰線終値で割ったら決済
  2. 最後に確定したローソク足の陽線始値から-5pips価格が下落したら決済(逆指値の設定を推奨!)

(1)or(2)どちらかの条件を満たしたら決済

売りでのエントリールール
5分足でSMA(20)がSMA(50)の下にある状態=売り

  1. RSI(20)が50%を上回った段階でトレード準備
  2. 直前の5分足ローソク足陽線始値を陰線終値が抜いて、ローソク足が確定したらエントリー

売りポジションの決済ルール

  1. 陰線始値を陽線終値で割ったら決済
  2. 最後に確定したローソク足の陰線始値から-5pips価格が上昇したら決済(逆指値の設定を推奨!)

(1)or(2)どちらかの条件を満たしたら決済

※画像では、スプレッド差を考慮していないため、実際の損益とはズレが生じる場合があります。

それでは、実際に50%スキャルピングのルールでGBP/USDをトレードしたときのサイン発生~決済までを見ていきましょう。

このトレードでは5回中4回のトレードで利益を出すことができ、負けたときの金額も小さく済んでいます。

より1回のトレードを詳しく解説した画像がこちらです。

今度はGBP/USDの売りエントリーで+18.4pips獲得することができました(1.27550→1.27366)。

このように、スキャルピングではあるものの、うまくトレンドが発生したときには大きな利益を得ることもできます。

7.FXスキャルピングに適した証券口座とは?

FXスキャルピングをするのであれば、証券口座選びで最も重視しなければならないのは、やはり「スプレッドの狭さ」「手数料の安さ」です。

スプレッドが広ければ、数pipsを狙うようなスキャルピングトレードは難しいです。

例えばスプレッド差が2pipsの場合、5pipsの値幅を獲れたとしても実質3pipsの利益です。

更に、50%スキャルピングのように-5pipsの下落で損切りしても、トータル-8pipsの損失になります。

このように、スプレッドが広い証券口座では、スキャルピングトレーダーにとっては不利なトレードを強いられます。

またスプレッドが狭くても手数料が高ければ、トレード回数が多くなるごとに手数料がかさむので、せっかく得た利益を大きく手数料に取られてしまうことになりかねません。

そのため、スプレッド差と同じくらい手数料を考慮しなければなりません。

そこで、どの証券口座を使おうか迷っている人に向けて、おススメ度順に3社の証券会社をご紹介します。

7-1 GMOクリック証券「FXネオ」

スプレッドの狭さはもちろんのことスキャルピングにとって重要なスピード注文が可能です。

国内証券会社ではトップクラスにユーザー数が多く、ツールの使いやすさが評判です。

取引手数料や口座維持手数料が無料なので、トレードにかかるコストをかなり抑えることが可能です。

GMOクリック証券「FXネオ」のホームページ

7-2 JFX「MATRIX TRADER」

Twitterで、現在10万人近くのフォロワー数を誇る小林芳彦さんが社長を務める証券会社です。

小林さん自身が凄腕のスキャルピングトレーダーでもある為か、JFXは「スキャルピングOK」と公表している珍しい証券会社で、実際に売買手数料も無料でスプレッドも狭いので、FXスキャルピングに向いている証券会社です。

JFX「MATRIX TRADER」

7-3 みんなのFX

人気タレントの鈴木奈々さんをイメージキャラクターとして採用し、今話題となっている証券会社です。

みんなのFXは全体的にスプレッドが狭く、特にメインとなるクロス円通貨のスプレッドは他の証券会社より低めに設定されているため、クロス円中心のスキャルピングに向いている証券会社と言えます。

トレイダーズ証券「みんなのFX」

8.まとめ

株のデイトレード(デイトレ)と、FXの取引とは、価格変動の材料や考え方、取引時間など大きな違いがありますが、テクニカル分析(チャート分析)においては、それほど大きな差はなく、参考になることも多いと思います。

株のデイトレード(デイトレ)でも、FXのスキャルピングで重要なことは、機械的にトレードをすることです。

1回1回のエントリーに集中するのではなく、ルールに基づいて回数をこなしてトータルで利益を稼ぐということを念頭におかなければなりません。

株のデイトレード(デイトレ)、FXのスキャルピングは、エントリーから決済までにかかる時間が短いので、様々なリスクを避けることができます。

1日中チャートを見ることが出来ない人や空いている時間で利益を得たい人に特におススメの手法です。

今回ご紹介した「50%スキャルピング手法」であれば、分析に時間をかける必要もないのでFX初心者にもおススメです!

是非一度お試しください。

紫垣英昭

 

10秒で登録完了!
「株の短期売買」で稼ぐための無料講座

「あなたの人生、本当に今のままで良いのですか?」
「本当は、もっと人生を楽しみたい!」と思っている“あなた”に
株の短期売買で稼げる無料講座をご用意しました。

※実際に売買している動画272分、テキスト150ページ分を用意しました。

もし、あなたが人生を楽しむどころか、今の生活を維持するためだけに、 お金を稼いでいるとしたら、これから来る「インフレ経済」を乗り切れないでしょう。 今すぐ、インフレに強い資産である“株式”の売買手法を身に付けてください!

【この無料通信講座で学べること】

  • 銘柄選択における具体的手法
  • 株の短期売買の“勝ちパターン”とは
  • 株価の天・底を予測し短期売買で利益を得る方法

など・・・

株の短期売買で、着実にお金を増やすための“実戦的”なノウハウを、今だけ無料で提供します。

受講者さまから、

  • 「無料なので期待はしていなかったが、有料以上の内容に驚きました!」
  • 「無料講座で学んで、2週間で60万円の利益を確定しました」
  • 「無料で実際の売買動画で学んだのは初めてでした。テキストもすごいボリュームでびっくり!」

といったお声を多くいただいています。

登録はすぐに完了しますので、以下のボタンをクリックしてください。

10秒で登録完了!
「デイトレード」で稼ぐための無料講座

給与所得者、専業主婦、退職者の方へ
午前中の20分で、1日1万円、毎月20万円の
“第二の収入源”が作れる
株のデイトレードという方法を“無料”で学びませんか?

【1分で10万円を稼いだ、生トレード動画】

日本の中小企業は、いまだに給与が上がらない状況が続いています。 しかし長期間に渡る金融緩和によって、今後はインフレ経済による物価高騰が予想されています。

2017年度「総務省家計調査報告」での、勤労世帯の平均貯蓄額中央値は、792万円といわれています。
もし、あなたの貯蓄額が、上記より少ないのなら、今のうちに手を打っておく必要があるのではないでしょうか。 そこで提案をしたいのが“株のデイトレード”という手法で“1日1万円”を稼ぎ、第二の収入源を得ることです。

【この無料通信講座で学べること】

  • デイトレードで“毎日1万円”を稼ぐための投資戦略とは
  • 私がデイトレードで使っているソフトを教えます!
  • チャート分析は、まったく“無力”である
  • 「時間軸戦略」が、デイトレードでもっとも重要!
  • デイトレードで負けなくなる瞬間とは
  • 有効なデイトレード戦略1
  • 有効なデイトレード戦略2

毎年、トレードの利益が2000万円を越えますが、その半分以上は“デイトレード”から生み出されています。
この“無料講座”は、実際の売買動画をご覧いただきながら、デイトレードを学んでいただけるので、確実に技術が身に付きます!

ぜひ、あなたもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?