FXとは?”初心者に必須”の基礎知識と始め方を図解でやさしく解説

投資の教養事務局です。いつも投資の教養の記事をご覧くださり、ありがとうございます。

FXで大損!〇千万の損失!等の体験談は、昨今ネットでもよく見かけます。そのイメージからか、FXをすると「借金を背負ってしまうのではないか?」「大きな資金がないとできないのではないか?」など、様々な不安が先行してしまい、1歩を踏み出せない方が多いのではないでしょうか?

FXも株式投資と同じく、しっかりと取引方法を学び、仕組みを理解すれば、資産運用の1つとして非常に有効な手段となります。

FXは、少額からはじめることもでき、デモ口座を使って、全くお金をかけずに体験することも可能です。

今回は、そんなFXの基礎知識やおすすめのFX口座について、初心者にもわかりやすく、詳しく解説しています。また、円高・円安ってどっち?という疑問にも、図解でわかりやすくお答えします。

この記事を読んで得られること関連記事
  • FXとは何か、メリットやデメリットが初心者にもわかりやすく理解できる
  • 円高・円安について、イメージ図で簡単に理解できる
  • 初心者におすすめのFX口座がタイプ別でわかる

1.FXとは

FX(エフエックス)とは、Foreign Exchangeの略で、日本語では、外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)といいます。

FXは、証拠金を預け入れることで実際の資金より大きな為替取引ができ、売買の差額を損益として受け取ることができるシステムです。

ここでは、外国為替取引と証拠金取引とは何かを解説していきます。

1-1 外国為替取引とは?

外国為替取引とは、世界各国の通貨を交換する取引のことを言います。各国で違った通貨が流通しているので、外国の商品を購入したい場合はその国の通貨に両替してから商品を購入することになります。

例えば、日本円をアメリカドル(米ドル:べいどる)に両替したいときは、両替時のレートを基準に両替してもらいます。

レートとは外国為替市場で決まる価格のことで、1ドルが今現在何円相当なのかということです。この価格をもとに日本円をアメリカドルに交換します。

例えば為替レートが1ドル=100円のときは100円支払うことで1ドルに両替してもらえます。

このように、世界の各国の通貨を別の国の通貨と交換することを、外国為替取引といいます。

1-2 証拠金取引とは?

外国為替取引が理解できたところで、証拠金取引とはなにかを見ていきましょう。

外国為替取引をする際にFX会社にお金を預け入れます。このお金のことを証拠金といいます。

預け入れた証拠金を元にレバレッジ(てこ)を効かせた取引をするので、証拠金取引と呼ばれます。

FXでは、証拠金の25倍までの取引ができます。

例えば、為替レートが1ドル=100円のときに1000ドルの取引をしたい場合を考えてみましょう。

この場合、先ほどの両替のように円とドルを両替する場合、資金は100円×1000=10万円必要になりますが、レバレッジ25倍の証拠金取引を行う場合、

4000円×25=10万円

4000円の証拠金で10万円分(1000ドル)の取引ができます。

このように、外国為替を証拠金を預け入れて取引するので、外国為替証拠金取引と呼ばれるのです。

1-3 差金決済とは?

FXの取引は、実際に通貨の両替(現物取引)を行うわけではありません。

証拠金取引を行った差額で損益を出す仕組みです。

これは、差金決済と呼ばれます。

差金決済を説明するための例として、以下の条件で取引を行ったとします。

レバレッジ25倍

1ドル100円

ドル円(USD/JPY※)を40,000円の証拠金で100万円分(10000ドル分)買い

1ドル101円になった時に決済

※通貨ペアといい、各国の通貨同士の組み合わせになります。通貨ペアについては2.通貨ペアとは?で解説します。

この場合、下図のように10000ドル100万円の価値の時に買い、10000ドル101万円になった時に決済したことになり、差額の10,000円が利益として手に入ることになります。

反対に、先ほどと同じ条件で1ドル100円の時にドル円を買って99円で決済した場合は、下図のように1万円の損失ということになります。この場合は証拠金の40,000円から10,000円が差し引かれることになります。

このように、現物の取引ではなく、エントリーから決済の差額で損益が決まるため、差金決済と呼ばれています。

2.通貨ペアとは?通貨ペアごとの特徴、初心者におすすめの通貨ペアは?

通貨ペアとは、トレードする通貨の組み合わせです。左側が基軸通貨となり、通常通貨の間を/(スラッシュ)で区切って表示します。アメリカと日本ならドルと円なので「USD/JPY」となります。

通貨ペアは数多く存在しますが、取引量も多い代表的な通貨ペアをご紹介いたします。

2-1 ドル円(USD/JPY)

世界での取引量は18%と2番目に多い通貨ペアです。日本での取引量は76%と圧倒的なシェアをほこっています。取引量が多い分急激な動きはあまりなく、やりやすい通貨ペアになっています。

2-2 ユーロドル(EUR/USD)

世界での取引量は23%とNO1です。しかし、日本でのシェアは4%とわずかです。取引量の面では世界シェアNO1なので流動性も高く安心して取引ができます。

2-3 ポンドドル(GDP/USD)

世界での取引量は9%とドル円やユーロドルに比べると少し落ちます。国内シェアは1%と少ない通貨ペアです。値動きが激しく判断が遅れると大きな損失を出しかねません。逆に言えば、大きく利益も出る場合もあります。取引に少し慣れた中上級者向けの通貨ペアです。

2-3 FX初心者におすすめの通貨ペアとは?

FX初心者には、世界での取引量も多く、国内での取引量も多いUSDJPYがやはりおすすめです。

値動きはユーロやポンドほど大きくはないものの、小さすぎもせず、初心者には丁度いい通貨ペアだと思います。

それに多くのFX会社で、取引手数料(スプレッドといいます)が安く設定されていることもおすすめする理由の1つです。

3.円安、円高ってなに?日本へのメリット・デメリットは?わかりやすく説明します

経済ニュースなどで必ず聞くのが、「円高、円安」です。

円の値段が上がったら円安?円高?どっちがどっちなのか、イメージがつきにくいのではないでしょうか?

ここでは、円高、円安についてわかりやすく解説していきます。

2-1 円高、円安をわかりやすく簡単にイメージできる図解

円高、円安については、1ドルのお財布を買うと考えると、簡単に理解できます。

上図で解説します。

1ドル(アメリカドル)のお財布があり、1ドル=100円のときのお財布の価格が100円だとします。

3-1-1 1ドル100円→80円は「円高」

1ドル=100円から、1ドル=80円になると、お財布の価格は80円になります。

同じ1ドルを100円の時より、20円安く買えるということは、より少ない円で多くのドルが買える状態なので、円の価値が強く(高く)なっているということです。

ですから、1ドル100円が1ドル80円になった場合「円高(ドル安)」といいます。

3-1-2 1ドル100円→110円は「円安」

反対に、1ドル100円から110円になった場合を見てみましょう。

同じ1ドルでも、今度は10円多く出さないと買えなくなりました。100円だった時よりも、沢山の円を出さないと買えないということは、円の価値が弱く(安く)なっているということです。

ですから、1ドル100円が1ドル110円になった場合「円安(ドル高)」といいます。

3-2 円高、円安のメリット・デメリット

円高だと、海外から物を安く仕入れることができるので、輸入業には有利です。反対に、円高だと、海外から日本の物を買う場合に価格が高くなり、売れにくくなるために、輸出業には不利といえます。他にも、海外旅行に安く行ける等のメリットがあります。

円安だと、日本円では同じ値段でも、海外から輸入する場合は安く買えるので、買い手が付きやすく、輸出業には有利です。反対に、円安だと、海外の物を買う場合に仕入れ価格が高くなるので、輸入業には不利といえます。他にも、外国人が日本に旅行に来やすくなり、経済効果に繋がるなどのメリットがあります。

4.FXはいつ取引できるの?

円安、円高について理解していただいたところで、次は、FXが取引できる日と時間について見てみましょう。

FXは土日以外であれば、24時間取引できます。ですので、お仕事がある方でもお仕事が終わってから取引することもできますし、主婦の方であれば家事の合間に取引をすることも可能です。

各自のライフスタイルに合わせて取引をすることができるので、時間に縛られずに自分の好きな時に始められることがFXの魅力の1つでもあります。

基本的には平日24時間取引可能ですが、米国サマータイムや年末年始は、取引時間が変わったり、取引できない日があります。

4-1 標準時間とサマータイム

米国標準時間(11月第1日曜日~3月第2日曜日):日本時間の月曜午前7時~土曜午前7時

米国サマータイム(3月第2日曜日~11月第1日曜日):日本時間の月曜午前7時~土曜午前6時

4-2 各国祝日

日本の祝日の場合、東京市場は休場となりますが、海外市場は空いているので、FX取引ができます。

同じく、海外のいずれかの国が祝日で休場の日でも、FX取引はできます。アメリカなどの大きな市場が休場の日には、値動きが閑散とする場合があります。

4-3 年末年始

FX会社の年末年始休業のため、多くのFX会社では12月31日~1月2日までが取引できない期間となります。

これは、FX会社によって違いますので、お使いのFX会社にお問い合わせください。

5.FXはいくらから取引できるの?FXにかかる手数料は?

FXの取引時間について知ったところで、次はFXがいくらから取引できるのか?また、手数料はかかるのかを見てみましょう。

5-1 FXは1ドル100円の場合、最低4円から取引が可能

ドル円を例にとりご説明いたします。まず押さえておいていただきたいのが、FXの取引単位です。

FXでは「通貨」という取引単位を使用して取引量を表しています。レートが1ドル100円の時に、ドルを1通貨(1ドル分)取引するには100円必要です。

多くのFX会社の最低取引単位が1000通貨なので、1000通貨(1000ドル)取引するには1000×100円=10万円必要になっています。

しかし、FXでは1-2 証拠金取引とは?でも説明した通り、最大で25倍までの証拠金取引が可能なので、必要な資金は、通常で10万円/25=4000円ぐらいから取引することができます。

中にはSBI FXTRADEのように1通貨から取引できるFX会社もあるので、1×100円=100円、100円/25=4円で、4円ぐらいから取引できます。

5-2 スプレッドとは?

スプレッドは、FX会社の手数料です。

以下は、SBI FXTRADEの注文画面です。

引用SBI FXTRADE

青色でBid(売値)110.2718と赤色でAsk(買値)110.2745とあります。

この0.0027円分がFX会社の手数料です。

ドル円を成り行き(現在の価格)で売りたい場合はBidの価格で売り、買いたい場合はAskの価格で買うことになります。

先ほどの裁定取引金額の部分でも説明しましたが、多くのFX会社が最低取引単位1000通貨での取引となるので、この場合、0.0027円×1000通貨=2.7円の手数料となります。

6.FXのメリットデメリット

ここまで、FXの概要、取引時間、最低資金等、色々な解説をさせていただきました。

ここでは、FXの取引を始める前に知っておいていただきたい、FXのメリットとデメリットについてみていきましょう。

6-1 FXの4つのメリット

FXのメリットは、大きくわけると以下の4つになります。

  • 自分の資金の25倍までの取引ができるので少ない資金でも大きな利益を狙うことができる
  • 買いから取引することはもちろんのこと、売りからも取引することができるので、取引の機会が多く存在する
  • 24時間取引が可能なので、会社員でも、空いた時間に取引ができる。
  • 少額からの取引ができるので、資金の捻出がしやすい

FXは、手軽な資金から始められ、いつでも取引できるのが魅力です。

6-2 FXの2つのデメリット

  • 25倍の資金で取引できるため、大きな利益を狙いやすい反面、大きく損失を出す場合もある
  • 元本が保証された取引ではない

どのような投資もそうですが、リスクを必ず把握しておくことが大切です。

7.FX口座の開設方法

FX口座を開設するのは簡単です。

口座の開設手順は、どのFX会社でも、大体以下の通りです。

  1. FX会社の口座開設ぺ―ジから、必要事項を入力します。
             ↓
  2. 次に、本人確認書類を提出します。
    提出方法は、ウェブサイトからアップロードするか、メールまたは郵送があります。
    アップロードすることで、手間なく最短で口座開設することができるので、ウェブサイトからのアップロードがおすすめです。
       ↓
  3. 必要事項の入力と、本人確認書類を提出することで、FX会社の審査が行われます。
       ↓
  4. 審査に通ると、簡易書留にてIDとパスワードが送られてきます。
    そのIDとパスワードで自分の口座にアクセスして、入金を済ませれば実際の取引ができるようになります。

審査が通って口座ログイン情報が郵送されてくるまで、口座開設から最低2日はかかりますので、余裕をもって申し込んでください。

8.初心者におすすめのFX口座は?

それでは、初心者におすすめの、タイプ別おすすめFX口座を解説いたします。

FX口座はいくつでも開設できますので、いくつか口座開設をしてみて、使い勝手のよいFX会社で取引してみてもよいのではないでしょうか?

8-1 少額からはじめたいという方

少額でのトレードは、利益も損失も小さいので、初めての取引で練習に使うことができます。

1通貨からはじめられるFX会社は以下です。

SBI FXTRADE

OANDA Japan

8-2 デモトレードから始めてみたい方

実際のお金を使用して取引するのが怖いという方でも、デモトレードを提供しているFX会社であれば仮想の資金を使い、実際のお金をかけることなくトレードの練習ができます。

デモトレードを体験することで、実際の取引へスムーズに移行することが可能です。

でもトレードができるFX会社は他にも沢山ありますが、その中でもおすすめの口座をピックアップしてみました。

DMM FX

OANDA Japan

FXトレード・フィナンシャル

FXブロードネット

ライブスターFX

8-3 FXをしっかり学んでからはじめたい方

初心者に適したセミナーをご用意しているFX会社があるので、そのセミナーを活用すれば1人で学ぶよりも早い上達が見込めます。

1人で学ぶと情報の取捨択一ができないので、力が分散してしまいます。まずはセミナーだけに情報を絞り込むことで、力を一点に集中して学べば、成長の速度も速くなってきます。

初心者向けのセミナーが充実しているFX会社は以下です。

外為オンライン

トレイダーズ証券「みんなのFX」

8-4 24時間対応のコールセンターがあるFX会社

24時間取引ができるFX。FX会社のコールセンターも、困ったときに24時間いつでも対応してくれると嬉しいですね。

トレイダーズ証券「みんなのFX」

まとめ

いかがでしたでしょうか?

FXについて詳しく理解できましたか?

今回のポイントを以下にまとめてみました。

  • FXとは、証拠金を預けてレバレッジを効かせ、25倍までの取引を可能とする投資
  • 平日は24時間取引が可能
  • 25倍までの取引ができるので、大きく稼ぐこともできるが、損することをある
  • 1通貨から取引することができ、1ドル100円あたり4円からでもはじめることができる
  • 口座開設は簡単にできる
  • FX会社によって特徴があるので、自分のタイプに合ったFX会社ではじめられる

このように、FX取引は、自分でリスクを最小限に抑えたり、もしくは0からでも始めることができます。まずは口座開設をして、デモ口座から体験してみてはいかがでしょうか?

投資の教養事務局

10秒で登録完了!
「株の短期売買」で稼ぐための無料講座

「あなたの人生、本当に今のままで良いのですか?」
「本当は、もっと人生を楽しみたい!」と思っている“あなた”に
株の短期売買で稼げる無料講座をご用意しました。

※実際に売買している動画272分、テキスト150ページ分を用意しました。

もし、あなたが人生を楽しむどころか、今の生活を維持するためだけに、 お金を稼いでいるとしたら、これから来る「インフレ経済」を乗り切れないでしょう。 今すぐ、インフレに強い資産である“株式”の売買手法を身に付けてください!

【この無料通信講座で学べること】

  • 銘柄選択における具体的手法
  • 株の短期売買の“勝ちパターン”とは
  • 株価の天・底を予測し短期売買で利益を得る方法

など・・・

株の短期売買で、着実にお金を増やすための“実戦的”なノウハウを、今だけ無料で提供します。

受講者さまから、

  • 「無料なので期待はしていなかったが、有料以上の内容に驚きました!」
  • 「無料講座で学んで、2週間で60万円の利益を確定しました」
  • 「無料で実際の売買動画で学んだのは初めてでした。テキストもすごいボリュームでびっくり!」

といったお声を多くいただいています。

登録はすぐに完了しますので、以下のボタンをクリックしてください。

10秒で登録完了!
「デイトレード」で稼ぐための無料講座

給与所得者、専業主婦、退職者の方へ
午前中の20分で、1日1万円、毎月20万円の
“第二の収入源”が作れる
株のデイトレードという方法を“無料”で学びませんか?

【1分で10万円を稼いだ、生トレード動画】

日本の中小企業は、いまだに給与が上がらない状況が続いています。 しかし長期間に渡る金融緩和によって、今後はインフレ経済による物価高騰が予想されています。

2017年度「総務省家計調査報告」での、勤労世帯の平均貯蓄額中央値は、792万円といわれています。
もし、あなたの貯蓄額が、上記より少ないのなら、今のうちに手を打っておく必要があるのではないでしょうか。 そこで提案をしたいのが“株のデイトレード”という手法で“1日1万円”を稼ぎ、第二の収入源を得ることです。

【この無料通信講座で学べること】

  • デイトレードで“毎日1万円”を稼ぐための投資戦略とは
  • 私がデイトレードで使っているソフトを教えます!
  • チャート分析は、まったく“無力”である
  • 「時間軸戦略」が、デイトレードでもっとも重要!
  • デイトレードで負けなくなる瞬間とは
  • 有効なデイトレード戦略1
  • 有効なデイトレード戦略2

毎年、トレードの利益が2000万円を越えますが、その半分以上は“デイトレード”から生み出されています。
この“無料講座”は、実際の売買動画をご覧いただきながら、デイトレードを学んでいただけるので、確実に技術が身に付きます!

ぜひ、あなたもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?