順張りとは? トレンドに乗って大きな利益を得るための法則

「株価がどんどん勢いよく上がっていく!」

あなたも、以下のような株価チャートを目にしたことがあるはずです。

株式投資の醍醐味は、安く買った株が、どんどん勢いよく上昇トレンドを描き、大きな利益を手にすることでしょう。

株価が上昇していく過程で「買いポジション」を持つことを一般的に“順張り”といいます。

“順張り”という売買手法がもっとも効果を発揮するのが、強い上昇トレンド(空売りの場合は、下落トレンド)に沿って「買いポジションを積み上げていくこと」です。

対象となる銘柄が、強い上昇トレンドを継続することで利益は雪だるま式に増加していくからです。

しかし、後から株価チャートをみれば「これは強いトレンドだ」ってわかるのですが、実際に「買いポジション」を持った時点では本当に上昇し続けるかはわかりません。

では、それを判別するには、どうすればよいのでしょうか?

この記事では“順張り”の意味から、あなたが大きな株価のトレンドを見つけ出す方法、そして株価の大きなトレンドに乗って利益を雪だるま式に増加させるためのヒント、アイデアをお伝えしたいと思います。ぜひ最後まで読んでみてください。

 

1.順張りとは?

まず初めに“順張り”とはどういったものかをお伝えしましょう。

“順張り”とは、「株価の上昇しているとき、その流れに沿って買いを入れる」という手法です。「空売り」の場合はこの逆で、「株価が下落しているとき、その流れに沿って空売りをする」ということです。

下記のチャートは、株価上昇時のチャートです。

株価が上昇しているタイミングで買う」ということは、購入価格よりも“さらなる上昇を期待して買う”ということが前提となっています。

株価の上昇トレンドを維持している間は、買いポジションを保有したままなので、どんどん利益は膨らんでいくということになります。

また逆に、株価下落トレンドに沿った“順張り”でも同じことが言えます。株価が下落する動きに沿って、空売りを仕掛けます。

これが基本的な“順張り”の考え方です。

 

2.“順張り”と対極的なのが“逆張り”という手法

株価というのは基本的に上昇するときも、下落するときも一直線で動くわけではなく、上下を繰り返しながら上昇(下落)していきます。

そこで株価上昇を狙うとき、短期的に株価が下がったときに買いを入れることを“逆張り”といいます。

「空売り」の場合はこの逆となり、株価が短期的に上昇したときに「空売り」を入れることになります。

 

一見“逆張り”は、リスクが高いように思えますが、「安く買って、高く売る」ということを前提にするなら理にかなった売買手法です。

しかし、株価が下落トレンドに入る可能性も同時に想定しておく必要があります。

短期的な下落と思っていても、下落トレンドに入ったとしたら株価はさらに下落をすることが考えられるのでそのような状況だと判断したら、いち早く損切りをしなくてはなりません。

以下で“逆張り”について詳しく解説しているので、ぜひ読んでください。

逆張りとは|株を安く買って高く売るための“究極的”手法

2017.07.04

 

3.“順張り”のメリット・デメリット

では次に“順張り”のメリットと、デメリットの部分について触れていきたいと思います。

どんな売買手法であってもそれぞれ、メリットとデメリットが存在しますので、これをしっかり理解した上であなたの売買に活用してください。

3-1 “順張り”メリットとは

『ポジションを持った瞬間から、含み益になる可能性が高い』

買い(空売り)ポジションを持った瞬間から、含み益になる可能性が高いということです。

“順張り”とは、上昇(下落)トレンドに沿ってポジションを持つということはお伝えした通りです。

トレンドが明確であればあるほど、他の投資家の資金が流入することから、株価に勢いが付きやすくなります。

株価に勢いが付けば付くほど、さらに投資家がこぞって「買い(空売り)」を入れてくるので、さらにその勢いが増すという循環に入るのです。

このようなトレンドに沿ってポジションを持てば、大きな利益を得られる可能性があります。

『ポジションを取るときの「心理的」な負担が少ない』

また別のメリットとしては、ポジションを取るときの「心理的」な負担が少ないということが挙げられます。

あなたは、株を買おうと思った時、下落している銘柄を買うことにきっと“ストレス”を感じると思います。

なぜなら誰も一番安いところで買うことは不可能だからです。したがって「買いポジション」を持った後、「もっと株が下がるかかもしれない」という不安心理に陥りがちです。

しかし勢いよく上昇している銘柄には、すぐに「買い」を入れられるのではないでしょうか?

これは「今、買わないともっと上がるかもしれない」という心理が働くため、ストレスなく「買いポジション」が持てるというのがその理由です。

株価の勢いが強ければ、すぐに含み益になりやすいのです。

3-2 “順張り”デメリットとは

『高値掴み、安値売りになることがある』

では次に“順張り”のデメリットについて触れていきましょう。

“順張り”という売買手法は、トレンドに沿って売買することからどうしても「高値を買う」または「安値を売る」といった行動になるため、どうしても「高値掴み」であったり「安値売り」ということになる可能性が高まります。

したがって“順張り”をする場合は、勢いがあるかどうががとても重要なポイントになるのです。

仮にこのような「高値掴み」または「安値売り」の場合、含み損が拡大する傾向にあります。

含み損はすぐに拡大する可能性があるので、そうなった場合はいち早く「損切り」をしなくてはなりません。

 

4.“順張り”を成功させるための具体的な売買手法と事例

ではいよいよこれから“順張り”を成功させるため、具体的な売買手法と事例について詳しくお伝えしていきます。

「買い」と「空売り」両方の売買手法をお伝えしますが、よく出現するパターンですので覚えておくと便利です。

4-1 株価上昇が始まる“サイン”とは

株価チャートは、後から見れば誰でも「ここから株価は上昇した」ということがわかるのですが、“未来の株価”は、誰にもわかりません。しかしその“サイン”には、ある共通点があります。

それは「出来高」の変化です。

まずは以下、週足の株価チャートをご覧ください。

見ていただければお分かりのように、株価が急上昇しているとき、「出来高」も急増しているのです。

株価上昇に勢いが付けば付くほど、さらに投資家がこぞって「買い」を入れてくるので、さらにその勢いが増すことは、先ほどお伝えした通りですが、株価が上昇するということは、それだけ株を買う人と、株数が多くなることを意味します。

したがって株価が勢いよく上昇するときは、「出来高」も同じように急増するのです。

つまり、株価が上昇し始めた時、同じように「出来高」も急増するときは、これから株価上昇の勢いが増す“サイン”になるのです。

4-2 直近高値ブレイクは強力な“上昇継続”のサイン

「出来高」を急増させて上昇をスタートさせた株価が、大きな上昇トレンドを形成するために必要な“サイン”こそ“直近高値ブレイク”です。

以下のチャートをご覧ください。

このように、直近高値を次々に上昇ブレイクして動く銘柄は、極めて強い上昇トレンドを形成します。とくに直近高値をブレイクした直後は、株価上昇に勢いが付いてきます。

資金的に余裕がある場合、直近高値をブレイクした時点で、買いポジションを増やすことで、資金は雪だるま式に増加していくことになり、大きな利益が得られる可能性が高まります。

「出来高急増」の株価上昇が始まるサインで買いポジションを持ったなら、このように直近の高値をブレイクしながら上昇トレンドを強めているうちは、利益が大きくなるのをじっくり腰を据えて待ちましょう。

4-3 レンジブレイク

あと典型的な高値ブレイクのパターンとして「レンジブレイク」というパターンがあります。これも数多く訪れるパターンなので、覚えておくとよいでしょう。

以下のチャートがそのパターンです。

一定の範囲で動いいていた株価は、高値のレンジを一気にブレイクしているのがお分かりいただけると思います。この場合も、「出来高」が急増して上昇に勢いが増していきます。

これらのようなパターンを見つけたら、“順張り”の売買手法を用いて買いポジションを持ってください。

以下の記事では、ブレイクアウトについて詳しく解説しています。

たった3〜4日で60万円以上を稼ぐブレイクアウト株式短期売買の全手法※解説動画有

2016.11.28

4-4 株価下落が始まる“サイン”とは

今度は株価が下落するときの“サイン”についてお伝えします。

大きく上昇した株価は、やがて下落に転じます。その“サイン”となるのが「出来高の減少」と、「トレンドライン」を割り込むパターンです。

以下の株価チャートをご覧ください。急上昇した株価は、やがて下落に転じるのですが、その際に現れるパターンが「出来高の減少」です。

出来高が減少するということは、これまでのような「買い」の勢いが止まることを意味します。

「買い」の勢いが止まれば、利益を確定させようとする投資家が増えてくるので、今度は「売り」の株数が多くなってきます。すると株は下落に転じるのです。

しかし株価が下落し始めの時、本当に下がるか確信が持てないことが多いでしょう。そこで使っていただきたいのが「トレンドライン」です。

下記のように、「トレンドライン」を株価が割り込んでくるようなら、株価は下落に転じた可能性がより高まります。

このような動きを確認できたら、「買いポジション」をいち早く利益確定してください。

もしこれから「空売り」を仕掛けようと思うなら、このようなタイミングを見計らって「空売り」を入れることも良いでしょう。

 

5.“順張り”では、徹底したリスク管理が重要になる

“順張りのデメリット”でお伝えしましたが、“順張り”という売買手法は、トレンドに沿って売買することからどうしても「高値掴み」であったり「安値売り」ということになる可能性を避けることはできません。

そこで重要になってくるのが「徹底したリスク管理」です。

“順張り”は、さらに高いところを買うため、予想と逆の動きになれば、含み損が拡大する傾向にあります。

もし“順張り”でエントリーした後、思った動きにならず、含み損が増えるようであれば、一旦撤退し、資金を保全することを強くおすすめします。

どんな売買でも、徹底したリスク管理、資金管理は重要ですので、考え方がわからない方は、以下の記事を参考にしていただきたいと思います。

投資資金を120%増加させる為の損切りラインの決め方

2016.04.13

 

まとめ

「順張り」は株式投資の王道的な手法です。
なぜなら、大きなトレンドが発生した時こそ、株式投資で大きな利益を狙えるからです。

しかし、大きな利益が狙えるからこそ、そこに潜む“リスク”をしっかり認識しながら
売買を行わなければなりません。

今回、お伝えしたことをしっかり覚えていただき、株式投資で成功していただくことを祈っています。

紫垣英昭

 


現在3875人が実践!なぜ、この“無料”通信講座の参加者は、たったの9ヶ月で1億2000万円もの利益を手にしているのか?

あなたは信じないかもしれないですが、これは本当の話です。

この「無料通信講座」に参加した方は、実際に9ヶ月間で1億2000万円以上もの大金を株式投資で稼ぎ出しました。

1億円以上を稼いだ方は4名、数百万、数千万レベルでは、おそらく800人は超えていると思います。その多くは、投資経験が浅い方ばかりです。

ではなぜ多くの方は、それだけの利益を手にできたのでしょうか?

それは、“ある現象”に集中したからなのです…

今回の「超実践的 急騰株短期売買で成功するための7ステップ」無料通信講座では、
メール、PDF、動画で、初心者でもすぐに理解できる内容を、16日間“完全無料”でお届けします。

今すぐ、下記のボタンより、ご登録ください。