損切りの目安を明確にするだけで知らないうちにお金が儲かる秘密とは

こんにちは。「投資の教養」の紫垣秀明です。

『損切り』・・・

投資をするうえで、あまりうれしくない響きですね。

私は、証券会社のディーリング・ルームで株を売買する〝ディーラー“という仕事をしていましたが、そんな私でも損切りは嬉しいものではありません。

私の生徒さんでも、投資で資産を大きく増やす人と、減らす人がいますが、大きな違いのひとつが『損切り』に対しての考え方です。

自分なりの投資法がなく、やみくもに損切を繰り返していては、もちろんいつまでたっても資金は増えず損切り貧乏」になってしまいます。

損切りの目安を明確にしてルール化し、それを守って日々取引すれば、大損することもありませんし、おのずと資産も増えていきます。

結局、投資で成功する人のほとんどは、『損切り』を上手く使っているのです。
これは私の30年間の相場人生で、身をもって体験したことです。

いつも損切りが深くなってしまって資金を減らし続けていませんか?
そろそろきちんと資金を守って増やすための対策をしませんか?

ここでは、私が実際に行っている損切りルールを特別にお教えします。

 

1.そもそも『損切り』とは、どういうことなのか?

『損切り』とは、自分が購入した金融資産(株式、先物、FX等)が、値下がりを伴って、評価損(含み損ともいう)を、実際の損失に確定させることを言います。(空売りの場合、金融資産の価格が上昇すれば評価損になる)

英語で「Loss cut(ロスカット)」とも言います。

文字にすると難しいですね。
図を使ってわかりやすくご説明します。

例えば、買いの場合・・・

ソフトバンク株が9000円の時に、100株買ったとします。

9000円×100株=約定代金90万円
購入時は90万円の価値がありました。

ここから、5000円に値下がりした場合

5000円×100株=50万円の価値しかなくなってしまいますので、
ここで損切するとマイナス40万円という計算になります。

また、空売りの場合は、値下がりすれば利益になりますが、逆に上昇してしまうと、損失が発生します。

例えば・・・

ソフトバンク株が5000円の時に、100株空売りをしたとします。

5000円×100株=約定代金50万円
空売り時は50万円の価値がありました。

ここから、10000円に上がりした場合

10000円×100株=100万円の価値になってしまいます。
空売りのときは値上がりするとマイナスになってしまうので、ここで損切するとマイナス50万円という計算になります。


このように、『損切りをする』というのは、買いでも売りの場合でも、『評価損(損益がマイナスの状態)で損失を確定する』ことです。

 

2.損切りができない人ほど確実にお金を失ってしまう

2-1.心のスキに入り込む相場の悪魔

相場には“悪魔”がいるとよく言われます。

はじめから、損をしようと思って株式投資や、FXをする人などほとんどいないはずです。
なぜなら、「お金を増やそう」、「利益を上げたい」と思って株式投資や、FXを始めるからです。

まあ、当たり前といえばそうなのですが、悪魔”はそんなあなたの“心のスキ”に入り込んで、あなたのお金を奪うことを企てるのです。

この“心理的抵抗”が個人投資家を窮地に陥れる大きな要因なのです。

2-2.最大の敵は「損をしたくない」という心理的抵抗

誰でも、どんな人でも、損失を被ることには心理的抵抗が働きます。

この“心理的抵抗”によって、損切りすることをためらい、結果、含み損が拡大し、大きな損失につながっていきます。
最悪の場合、株式投資、FX投資を継続させることができなくなることもよくある話なのです。

私はこれまで、何千人もの個人投資家と現場で向き合ってきましたが、

ほとんどのケースで、『損切り』を実行しなかったこと、『損切り』が大幅に遅れたことで、大金を失っているのです。

2-3.昔から今なお繰り返される投資での失敗

何十年も、何百年も昔から、今もなお、同じようなことが繰り返されています。

なぜ、このようなことが何十年も、何百年も繰り返し起こるのでしょうか?
理由はいろいろあるとは思いますが、私が思うもっとも大きな要因は、
「損をしたくない」という心理が過剰に働くからだと思っています。

しかし、株式投資でもFX投資、その他の金融商品に関わるすべての取引では、資金管理上、『損切り』を行うことは絶対です。
相場の世界で、確実に収益を上げている投資家ほど、『損切り』をしっかり行っているのです。

2-4.「損をしたくない」という心理

「損をしたくない」「損切りができない」という心理の裏側にあるのは、

「儲けたい」という心理です。

「もう少し様子をみれば、きっと株価は上がるはずだ・・・」

「証券会社からの推奨だから、きっと株価は上がるはず・・・」

「この会社は業績が良いので、もっと株価は上昇するはず・・・」

というように、現在被っている含み損を正当化して、なお且つ、あたかも『必ず儲かる』というような“催眠術”を自分自身にかけるのです。

このように、あなたの“心のスキ”に入り込んだ悪魔は確実に、あなたのお金を奪うことに成功するのです。
大切なことなので何度も述べますが、個人投資家が投資資金を失う最大の理由は、
損切が遅れたことによる、含み損拡大です。

2-5.「含み損」は、進行性の“ガン”

つまり、「含み損」というのは、進行性の“ガン”と同じなのです。
ガンは一刻も早く摘出しなければ、全身に転移して死に至ります。

投資も全く同じで、含み損が事前に決めた範囲を超えたなら、即、切らなければなりません。
このことをどうか忘れないようにしてください。

「儲けたい」「損をしたくない」という思いを断ち切らなければ、株式投資、FX投資というゲームで生き残ることはできません。
では、このような心理状況にならないためには、どうすればいいのでしょうか?

その答えは“視点を変える”ことなのです。

 

keyboard-1621104_640

 

3.「儲けたい、損をしたくない」という視点から、「元本を守る」という視点へ“シフト”する

3-1.『損切り』を確実に実行するためのアドバイス

株や為替取引で勝ち続けている人、生計をたてられている人は相場全体の数パーセントしかいないと言われています。

そして投資経験のある人の大半が、損切りが遅れたことで資金をなくしてしまい、相場からの「退場」を経験しています。

『損切り』を確実に実行するためには、「儲けたい」、「損をしたくない」という視点から、「元本を守る」という視点へのシフトしなければなりません。

3-2.塩漬け株は『自己正当化』の賜物

「儲けたい」、「損をしたくない」という視点で売買を繰り返すと、どうしても利確や損切が遅れてしまいます。
最悪の場合、大きな含み損を抱えたまま、長期間、その株を放置することになってしまいます。

このことを一般的に“塩漬け株”というのですが、実は個人投資家の大半は、このように“塩漬け株”を抱え込んでいます。

なぜそうなるかは、先ほど述べた通りで、単純に、「また相場は上がるだろう」と、何の根拠も無く、含み損を抱えることへの『自己正当化』の賜物です。

こんな投資を繰り返せば繰り返すほど、あなたの大切な資金は、見る見るうちに減っていき、最後にはすべてを失い、相場から退場しなければならなくなるのです。

しかし、「元本を守る」という“視点”で売買することで、許容範囲を超えるまで含み損を抱えることも少なくなるでしょうし、何より、ムダな売買が減ることになるはずです。

3-3.「儲けたい、損をしたくない」から「どうすれば元本を守れるのか?」に視点を変える

株式、FX等では、2連敗、3連敗は当たり前に起こります。
したがって、含み損を拡大させることは“破産”に直結するのです。
しかし、許容範囲内で、しっかり損切りすることで、次のチャンスで損失を取り戻すことも可能になるのです。

しかし、資金を失ってしまえば、ゲームはそれで終了です。
したがって、絶対に資金を減らしてはならないのです。

利確や損切りをするときは、心の中に謙虚さを持つことが大事です。

「儲けたい、損をしたくない」という呪縛から開放するために、「どうすれば元本を守れるのか?」という視点シフトすることがとても大切なのです。

 

euro-870757_640

 

4.損切りラインの“目安”を、総投資資金から考える

4-1.一般的な損切のタイミングと「柴垣流」損切タイミング

では、実際に損切りラインを何パーセントぐらいに設定すればいいのか?ということについてお伝えいたします。

一般的に・・・

「買値(空売り値)から、10%~20%下がれば(上がれば)損切りする」といわれているようです。
これは一般書籍や、投資に関するセミナーでよく耳にします。はたして本当にそうなのでしょうか??

私は、この理論には“NO!”を突きつけます。
そんな単純なやり方では、『損切り』は機能しません。

まず、下の表をご覧ください。

これは、総投資資金を元本として、損失を被ったときに「元本を回復するために必要な収益率」を表しています。

 

元本回復

 

総投資資金から、5%を失った場合、元本回復まで、約5.3%の収益が必要になります。
20%を失えば、約25%の収益が必要になるということを意味します。

資金の半分、つまり50%を失ってしまえば、元本を回復するためには、2倍の収益が必要になり、かなり厳しくなってきます。

総資金の90%を失ってしまえば、もはや元本を回復するには不可能となります。

このように数字で計算すれば、『損切りの目安』はおのずと見えてくるのです。

4-2.「損切りをやればやるほど、儲かってしまう」プロ流損切ルール

私は証券会社でディーラーをしているときは、自分が任されている資金の1%前後で『損切り』を実行していました。
今も自己資金を運用していますが、概ね、総資金の2%前後を損切りの目安にしています。

損切りの数は多くなるとは思いますが、タイトルであったように、損切りをやればやるほど、儲かってしまう不思議!?というのは、ここに答えがあるのです。

先ほど示した表をみれば、これくらいの損切り幅に抑えなければ、資金は増えていかないというのがすでに、答えとしてあるからなのです。

したがって、資金管理上の観点から言えば損切りの目安は、総資金の5%以内に抑えるということになります。

 

まとめ

今回は資金管理上の観点から、『損切りの目安』についてお話してきました。

株式投資、FX投資など相場に関わるすべてについて、資金管理は絶対で、100%の勝率は存在しない以上、損切りは必要不可欠になります。

そもそも自分が上がると思って買ったから、自分の思った通りの動きにならなければ、そのポジションはその時点で負けです。

ポジションを取ってから、「もう少し待てば戻る」と思った瞬間その勝負は負ける確立が跳ね上がります。

負ける確立が跳ね上がるなら、当然、傷は浅いほうが良いのです。

したがって私は、自分のイメージ通りに動かなかった場合や、自分が許容している損失額を超えてきた場合は、考えることなく淡々と損切りを実行します。

こまめに損切りすることで、投資資金は確実に右肩上がりに増えていくことは、自分の30年間の相場人生で、確信を持っていえます。

もし、あなたが株式投資、FX投資で上手く言っていないのであれば、一度これまでの売買を振り返り、検証し、今回お伝えした『損切りの目安』をぜひ参考にしていただきたいと思います。

また『具体的な損切りの方法』は、別の機会にお伝えしたいと思います。
今回の記事が、あなたにとって参考になりましたら、SNSでシェアして頂けたら嬉しいです。

では。

紫垣秀明

 


現在3875人が実践!なぜ、この“無料”通信講座の参加者は、たったの9ヶ月で1億2000万円もの利益を手にしているのか?

あなたは信じないかもしれないですが、これは本当の話です。

この「無料通信講座」に参加した方は、実際に9ヶ月間で1億2000万円以上もの大金を株式投資で稼ぎ出しました。

1億円以上を稼いだ方は4名、数百万、数千万レベルでは、おそらく800人は超えていると思います。その多くは、投資経験が浅い方ばかりです。

ではなぜ多くの方は、それだけの利益を手にできたのでしょうか?

それは、“ある現象”に集中したからなのです…

今回の「超実践的 急騰株短期売買で成功するための7ステップ」無料通信講座では、
メール、PDF、動画で、初心者でもすぐに理解できる内容を、16日間“完全無料”でお届けします。

今すぐ、下記のボタンより、ご登録ください。


この記事をかいた人

紫垣 秀明

投資家 / オープンエデュケーション株式会社代表取締役。1964年大阪生まれ。甲子園出場経験者。大学卒業後、証券会社に勤務し、事業法人、金融法人営業、自己売買部門を担当。証券会社退職後、株式投資をはじめ、 日経225先物、FX等の売買指導を行い、個人投資家から絶大なる信頼を得ている。証券会社時代に培ったスキルを投資初心者でも理解できるよう売買指導を行い、今では3000人以上の受講生を抱え、「真に自立できる個人投資家」を輩出するために積極的に活動している。著書に『初心者でもがっぽり儲かる大化け「低位株」投資法』(幻冬舎)『億を稼ぐ投資法則』(ユウメディア)『少額資金で儲ける株ゴー ルデンルール』(ユウメディア)がある。