株初心者必見「NISA」まるわかり解説!IPOや配当の税金も0円に!

あなたは、株式投資で利益が出た時にかかる税金がどのぐらいか知っていますか?

20.315%です。

株式投資で100万円の利益が出た場合、20万円の税金が引かれてしまい、80万円ほどしか手元に残らないんです。
なんだか損ながしませんか?

実は、この利益100万円をまるまるゲットする夢みたいな方法があるんです。

それが「NISA」です。

NISAの制度をうまく利用すれば、株の配当金や、IPOでの大きな利益も非課税でゲットできます。

ネットで調べても銀行のパンフレットでもいまいち理解しにくいNISA制度。

ここでは、NISA制度のしくみ、知っておくべき注意点をわかりやすく図解で解説していきます。
口座開設方法や証券会社の選び方もお伝えしていきますので、すぐにNISAを活用できるようになります。

この機会に、NISAをマスターして、株式投資を更に楽しんでいきましょう!

この記事を読んで得られること関連記事
  • NISAについて図解でわかりやすく学べる
  • NISAでかしこく利益を非課税にするためのノウハウや注意点がわかる
  • NISA口座を開設するための証券口座の選び方がわかる

1.株で得た利益が非課税になる!NISAとは?

NISA(ニーサ)とは、2014年からスタートした投資に関する税金の優遇制度、「少額投資非課税制度」のことを指します。

文字通り、投資に関する税金を非課税、つまり0にできる制度です!

因みにNISAは愛称で、(Nippon Individual Savings Account)の頭文字をとって名付けられています。

NISAで取引できるのは、場株式(REIT、ETF、ETNを含む)、株式投資信託などです。

信用取引、公社債投資信託、債券などは取引できません。

※注意:NISA口座では信用取引はできないため、「空売り」は行うことがができません。

2.NISAの仕組みをわかりやすく解説

では、具体的にNISA制度の仕組みを見ていきましょう。

2 – 1 NISAを使うと株で得た利益が非課税に!

NISAの最大の特徴は、先にも書いた税金が非課税となることです。

通常、株式投資で得た利益には20.315%の税金がかかります。(内訳:所得税15.315%、住民税5%。) 

しかし、専用のNISA口座を使い株を購入した場合は、非課税制度が利用できます。

毎年一定金額(2018年は120万円)内で購入した株から得られる利益が非課税、つまり0となる仕組みです。

2 – 2 まずはNISA口座が必要

NISAを利用するには専用のNISA口座が必要です。
NISA口座は証券会社や銀行、一部の金融機関で開けます。

口座が開けるのは日本に住む20歳以上で、1人につき1口座です。

ただし、手数料や取扱商品等の理由で金融機関を変更することができます。
その場合は、複数のNISA口座を持つことになります。

金融機関を変更する場合の注意点は以下の2点です

  1. 金融機関の変更は年単位となる。
    (その年の120万円分の非課税枠を一切使っていないことが条件)
  2. 前のNISA口座で購入した金融商品は、新しい金融機関へ移せない。

口座が複数になると管理も大変になります。
取扱商品や手数料を確認して口座を開く金融機関を選んでください。

2 – 3 わかりにくいNISAの非課税枠の仕組みを図解で徹底解説!

NISA口座ができると、その口座に毎年120万円の非課税枠がもらえます。

これは、その年購入した120万円分までの資金をNISA口座で運用して、得た利益は非課税にしますよ。という意味です。

ここは文章では理解しにくいので、図解を交えて解説していきます。

通常口座で50万円分の株を購入して100万円の利益が出た場合

1,000,000 × 20.315%(税金) = 203,150円の税金がかかります。

1,000,000 – 203,150= 796,850円

つまり、100万円の利益が出ても80万円も手元に残らないのです。

NISA口座で運用した場合、203,150円の税金が非課税になるので、まるまる100万円手元に残ります。

一度購入した株を売却すると、非課税枠は減少します。

先ほどの例だと50万円の資金を使っているので

120万円-50万円=70万円

この場合、この年は残り70万円までNISA口座で株を購入することができます。

120万円までであれば、購入回数は自由です。


1回で1社の株を120万円分購入してもいいですし、12社の株を10万円分ずつ購入してもOKです。

また、日本株式50万円、外国株式40万円、投資信託30万円購入する。
といった、複数の金融商品を購入することも可能です。

ただし、非課税枠は1度使うと再利用はできません。
購入した株を売ったとしても、非課税枠は元には戻りませんのでご注意を。

毎年新たな非課税枠がもらえますが、前年度に使い切れなかった枠が残っていても繰り越されず消滅してしまいます。

2 – 4 NISAで覚えておくべき”2つ”の期間限定

NISAにはいくつかの期間の定めがあります。

  1. NISAは2014年からスタートし、2023年までの期間限定の制度です。
    2023年にもらえる非課税枠が最後の枠になります。
  2. 非課税期間は5年間NISAの非課税期間は購入から5年間です。

5年の間に売却することが、一旦のルールとなります。

3.NISAの非課税期間5年を超えて株を保有する”2つ”の方法

NISAで購入した株を、非課税機関5年を超えて株を保有したい場合は、選択肢が2つあります。

以下は政府広報オンラインの表です。

引用:政府広報オンライン

非課税期間が終わったらロールオーバーするか、特定口座や一般口座に移すというどちらか二つの方法になるのですが、上記のイメージ図だけではわかりにくいので、ひとつずつ解説していきます。

3-1 翌年の非課税枠を使い保有し続ける(ロールオーバーする。)

ロールオーバーとは、5年間の非課税期間が満了した後に保有している株を、翌年のNISA非課税投資枠へ移して継続保有し続けることです。

以前は、非課税枠の120万円分しかロールオーバーできませんでしたが、2018年度より、現在の株価に関係なく、保有株式全てをロールオーバーできるようになりました。

ただし、ロールオーバーした場合は翌年の非課税枠を使うことになるので、ロールオーバーの額が120万円を超えている場合は、翌年NISA口座での取引はできません。

ロールオーバーのしかたやメリットデメリットなどについては、SBI証券の『NISAロールオーバーとは?非課税期間満了時のご案内』がとてもわかりやすいので、こちらも読んでみてください。

3-2 保有株をNISA口座から、特定口座や一般口座へ移す

特定口座や一般口座は課税口座です。

利益に税金がかかってしまう!と思われがちですが、賢く利用すると税金もかからず、翌年の非課税枠で新たに株も購入できる方法です。

それは、株の取得価格が、NISA口座から課税口座へ移す時の株価に修正されるからです。

例えば、NISA口座で120万円の株を購入したとします。

購入から5年が経過し、課税口座へ移す時点の株価が170万円に値上がりしていたら、株の取得価格は170万円からスタートします。
(本来の購入株価の120万円は考慮されません。)

その後、株価が170万円から値上がりし売却すれば課税されます。
反対に値下がりして売却すれば、本来の購入株価より高くても非課税となります。

ただ、課税口座へ移す時の株価が、購入株価の120万円より低かった場合は注意が必要です。

例えば、課税口座へ移した時の株価が80万円で、その後株価が120万円に戻ったときに売却すると実際は±0円ですが、80万円から120万円の利益が出たと考えられ、差額40万円に課税されてしまいます。

非課税期間を超えて株を保有したい時は、どちらの方法が有利かよく検討してくださいね。

4.NISAのデメリット2つ

ここまで、NISAの仕組みをお伝えしてきました。

非課税制度ということで大注目のNISAですが、どんな制度にもデメリットはあるものです。

次は、NISAを利用する上でのデメリットと注意点を見ていきます。

4-1 NISA口座は損益通算対象外:NISAの損失は特定口座の利益と相殺できない

ここで、先に「損益通算」について簡単に説明します。

通常、株取引で損が出た場合は、他の利益と相殺することができます。
この仕組を「損益通算」と言います。

では、例を上げてみます。
ケース1:特定口座で50万円の利益と50万円の損失が出た場合

この場合、損益通算でき、プラスマイナス0となる。
税金はかかりません。

しかし、NISA口座が絡むと、税金の支払いが多くなるケースがあります。

ケース2:特定口座で50万円の利益とNISA口座で50万円の損失が出た場合

この場合、NISA口座は損益通算対象外となり、損益通算できません。

結果、特定口座の利益50万円から約20%(10万円)の税金が引かれますので、マイナス10万円となります。

NISAを利用することで、税金の支払いが多くなるデメリットがあります。

4-2  NISAは損失の繰越控除対象外:NISAの損失は繰越して以降3年間の利益と相殺できない

ここで、先に「損失の繰越控除」について簡単に説明します。

ある1年間の株取引の結果がトータルでマイナスだった場合、その損失を確定申告しておけば、以降3年間の株の利益からマイナス分を減らすことができる。

これを「損失の繰越控除」と言います。

では、例を上げてみます。

ケース1:前年特定口座で50万円の損失が出て繰越控除を申告した場合

この場合、損失申告しておけば、今年の利益30万円より
昨年の50万円の方が多いため今年の利益30万円に税金はかかりません。

しかし、NISA口座が絡むと、税金の支払いが多くなるケースがあります。

ケース2:前年NISA口座で50万円の損失が出た場合

この場合、NISA口座は損失の繰越控除対象外なので、

結果、今年の特定口座の利益30万円には約20%(6万円)の税金がかかります。

NISAは、利益が出た場合は非課税の恩恵を受けられますが、
NISA口座に損失が出た場合、このようなデメリットもあるので覚えておいてくださいね。

では、次にNISAの上手な使い方をお伝えします。

5.NISAの上手な使い方

5-1 株主優待株や配当株はNISA口座で保有&配当金はNISA口座で受け取ろう

NISAの対象は株式、投資信託等の売却益、分配金、配当金です。

NISA口座で購入した株の配当金も非課税となりますので、ぜひ活用してください。

株主優待を受ける場合もNISA口座なら保有益に課税がされません。

NISA口座で優待株を保有して優待も配当も非課税でゲットしましょう!

株主優待については、『株初心者に人気の“おすすめ株主優待銘柄”のご紹介』の記事を読んでみてください。

5-1-1 配当金の受け取り方で課税されてしまうこともあるので注意!

では、あなたは株の配当金をどうやって受け取っていますか。

実は、配当金にかかる税金が非課税となるのは、受け取り方法を「株式数比例分配方式」を選択した場合のみです。(証券口座で受け取る方法)

この方法を知らず、NISAを活用しているのに配当は非課税になっていないという方が多いようです。

配当を金融機関窓口や銀行口座で受け取っていた方は、受け取り方法を忘れずに変更してくださいね。

5-2 IPO投資の利益もNISA口座で非課税に!

2018年6月に、メルカリ上場で大注目を浴びたIPO投資も、実はNISA口座で購入できます。

IPO株については以下の記事が参考になりますので、ぜひ読んでみてください。

2倍3倍は当たり前!主婦でもできるIPO(新規公開株)投資法とは

5-3 100円からできる小額投資にもNISAがおすすめ!

NISAは少ない金額から始められる小額投資にこそ使っていただきたい制度。

投資資金が少ない分、税金で持っていかれるお金は少しでも少なくしたいものです。

小額投資をする場合もぜひNISA口座を活用してくださいね。

小額投資については以下の記事を読んでください。

株初心者必見、たった“100円”からできる!小額投資法とは

6.NISAを始めるための口座選びと口座開設の方法

ここまで、NISAの仕組みや、メリット・デメリットを確認してきました。

次は、実際にNISAを始める為の手順を見ていきます。

6-1 自分に合った証券会社の選び方

NISA口座を作るには、まず、証券会社の証券口座が必要です。

NISA口座は1人1口座のみしか開設できませんので、口座を作る証券会社は慎重に選びたいものです。

NISA口座を作る証券会社を選ぶポイントは以下の2点です。

・購入したい金融商品を取り扱っている
・売買手数料が安い

購入したい特定の金融商品があれば、自ずと金融機関は絞られると思います。
なければ、売買手数料が安く、取扱商品が多い金融機関が良いと思います。

中には、NISA口座の取引は売買手数料が無料の証券会社もありますよ。

ちなみに、証券口座はいくつでも開設することができますので、複数の証券会社に口座を開設して、吟味したうえでNISA口座をどの証券会社に開設するか決めてもよいと思います。

参考までに主要な証券会社のNISA口座には以下のような特徴があります。

  • SBI証券
    株式の売買の手数料:無料
    口座維持費:無料
    投資信託の購入時手数料:無料
    IPO:76社
    投資信託:2500本以上
    外国株:9カ国
    PTS(夜間の株式取引き)対応

  • 松井証券
    株式の売買の手数料:無料
    口座維持費:無料
    投資信託の購入時手数料:無料
    IPO:11社
    投資信託:470本以上
    外国株:取り扱いなし

  • マネックス証券

    株式の売買の手数料:無料
    口座維持費:無料
    投資信託の購入時手数料:無料
    IPO:47社
    投資信託:1000本以上
    外国株:米・中2か国(購入時手数料はキャッシュバックで実質無料)

このほかにも例えば以下のような証券会社があります。

詳細を知りたい場合は資料請求などをして問い合わせてみてくださいね。

6-2 NISA口座の作り方

NISA口座がないとNISAは利用できません。
NISA口座を作るには、まず、通常の取引口座が必要です。

通常の取引口座とNISA口座を同時に作ることも可能です。

おおよそ、どの金融機関も以下の3ステップでNISA口座が作れます。

  • 金融機関から口座開設の書類を取り寄せる
  • 必要事項を記入、本人確認書類・マイナンバー書類と一緒に返送する
  • 税務署での確認作業後、NISA口座が開設されます

税務署での確認作業は1週間から1ヶ月近くかかることがあるようです。
買いたいタイミングで商品が購入できるよう、早めに準備をしておくと良さそうです。

まとめ

今回は大人気のNISAについて紹介してきましたが、いかがでしたか?

デメリットとなる点もありましたが、株式初心者にも、小額で、コツコツ堅実に利益を積み重ねる投資をしている方にも断然メリットのほうが大きい制度です。

非課税枠は毎年もらえるので、少額の投資から始めてみたい方にピッタリです。

制度を上手に活用して、あなたの投資ライフにお役立てくださいね。

投資の教養編集部

10秒で登録完了!
「株の短期売買」で稼ぐための無料講座

「あなたの人生、本当に今のままで良いのですか?」
「本当は、もっと人生を楽しみたい!」と思っている“あなた”に
株の短期売買で稼げる無料講座をご用意しました。

※実際に売買している動画272分、テキスト150ページ分を用意しました。

もし、あなたが人生を楽しむどころか、今の生活を維持するためだけに、 お金を稼いでいるとしたら、これから来る「インフレ経済」を乗り切れないでしょう。 今すぐ、インフレに強い資産である“株式”の売買手法を身に付けてください!

【この無料通信講座で学べること】

  • 銘柄選択における具体的手法
  • 株の短期売買の“勝ちパターン”とは
  • 株価の天・底を予測し短期売買で利益を得る方法

など・・・

株の短期売買で、着実にお金を増やすための“実戦的”なノウハウを、今だけ無料で提供します。

受講者さまから、

  • 「無料なので期待はしていなかったが、有料以上の内容に驚きました!」
  • 「無料講座で学んで、2週間で60万円の利益を確定しました」
  • 「無料で実際の売買動画で学んだのは初めてでした。テキストもすごいボリュームでびっくり!」

といったお声を多くいただいています。

登録はすぐに完了しますので、以下のボタンをクリックしてください。

10秒で登録完了!
「デイトレード」で稼ぐための無料講座

給与所得者、専業主婦、退職者の方へ
午前中の20分で、1日1万円、毎月20万円の
“第二の収入源”が作れる
株のデイトレードという方法を“無料”で学びませんか?

【1分で10万円を稼いだ、生トレード動画】

日本の中小企業は、いまだに給与が上がらない状況が続いています。 しかし長期間に渡る金融緩和によって、今後はインフレ経済による物価高騰が予想されています。

2017年度「総務省家計調査報告」での、勤労世帯の平均貯蓄額中央値は、792万円といわれています。
もし、あなたの貯蓄額が、上記より少ないのなら、今のうちに手を打っておく必要があるのではないでしょうか。 そこで提案をしたいのが“株のデイトレード”という手法で“1日1万円”を稼ぎ、第二の収入源を得ることです。

【この無料通信講座で学べること】

  • デイトレードで“毎日1万円”を稼ぐための投資戦略とは
  • 私がデイトレードで使っているソフトを教えます!
  • チャート分析は、まったく“無力”である
  • 「時間軸戦略」が、デイトレードでもっとも重要!
  • デイトレードで負けなくなる瞬間とは
  • 有効なデイトレード戦略1
  • 有効なデイトレード戦略2

毎年、トレードの利益が2000万円を越えますが、その半分以上は“デイトレード”から生み出されています。
この“無料講座”は、実際の売買動画をご覧いただきながら、デイトレードを学んでいただけるので、確実に技術が身に付きます!

ぜひ、あなたもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?