NYダウチャートの1929年大恐慌時代から学ぶ

(アイキャッチ画像出典:http://2525fx.com/blog-entry-3792.html

From:紫垣秀明
大阪の事務所から

先週末のNY株式市場は、マイナス394ドルの大幅な下落になりました。

報道によれば、長期金利の上昇によって景気、企業業績にマイナスになるとの思惑や、FRB高官の「利上げ前倒し発言」などが相場下落の要因とされています。

しかしながら一方では「長期金利が上昇」するということは、債券が売られていることになるので売却資金はリスク資産に向かうことも考えられることから、「長期金利上昇=株安」という単純な話ではないと僕は考えています。

実は今回のNY株式の大幅下落の“本当の要因”は、別にあります。

それは、「実質金利の上昇」です。

今年2月に行った「第1期投資戦略会議」では、以下のようにお話しました。

「株式バブルは、実質金利の低下によって起こる」

「年初にドルが急落した要因は、日本の実質金利の
 上昇が本当の要因である」

「ドルは今年、100円を割り込む」・・・

で、実際はどうかというと、まさにその動きになってきています。
また「第1期投資戦略会議」では、「年末から年始にかけて、NY株式は急落の可能性がある。」ともお話をしました。

その後、NY株式は新高値更新することになりましたが、現在のように「実質金利上昇」となれば、NY株式の下落は、より可能性が高まってくることになるのではないでしょうか。

「第2期投資戦略会議」でも、この実質金利の状況から、日本株、米国株、為替の方向性を読み取って、参加者と共有したいと思います。

そこで、ひとつ本を紹介したいと思います。

「大暴落1929」という本をご存知でしょうか?

この本は、著者ジョン・K・ガルブレイスが、1929年のNY株式の大暴落で、世界金融恐慌に発展したことを検証した内容です。

僕はこの本を5回くらい繰り返し読みましたが、今のNY株式市場の状況と似ているところがあります。

それは、「NY連邦準備銀行による米国債の大量購入」と「景気後退懸念」です。

中央銀行による国債の大量購入は、余剰資金を膨らませバブルを作り、株式や不動産への投機に発展します。

しかし、これらの資産価格がピークになったときに、実体経済の伸びが鈍化し、景気後退懸念につながります。

当時も米国経済の景気後退を懸念する声がありました。

しかしこれらの「危機意識」は、強い株式市場のムードにかき消され、株価はピークに突入します。

ほとんどの人は見たことがないと思いますが、以下が大恐慌直前から大暴落したNY株のチャート(月足)です。

1929

 

見ていただければお分かりのように、株価指数がピークに差しかかる半年前から2度の大きな急落があります。

ここでのポイントは「大きな急落だ」ということです。

大きな急落は、大口投資家が持っている株を大量に売却しなければ起こりません。

つまり1929年の大暴落直前に、大口投資家は、株式を売却に動いているということです。

しかしその直後、3ヶ月間にわたりNY株は最期の急騰を演じ、1929年9月から“大暴落”が始まったのです。

したがって今後のNY株式を見ていく上で最も重要なのは、

・米国の経済指標の進捗
・実質金利の動き
・原油、金相場の動き
・大口投資家の動き

これらが重要な鍵になってくるのではないでしょうか。

 

紫垣秀明

10秒で登録完了!
「株の短期売買」で稼ぐための無料講座

「あなたの人生、本当に今のままで良いのですか?」
「本当は、もっと人生を楽しみたい!」と思っている“あなた”に
株の短期売買で稼げる無料講座をご用意しました。

※実際に売買している動画272分、テキスト150ページ分を用意しました。

もし、あなたが人生を楽しむどころか、今の生活を維持するためだけに、 お金を稼いでいるとしたら、これから来る「インフレ経済」を乗り切れないでしょう。 今すぐ、インフレに強い資産である“株式”の売買手法を身に付けてください!

【この無料通信講座で学べること】

  • 銘柄選択における具体的手法
  • 株の短期売買の“勝ちパターン”とは
  • 株価の天・底を予測し短期売買で利益を得る方法

など・・・

株の短期売買で、着実にお金を増やすための“実戦的”なノウハウを、今だけ無料で提供します。

受講者さまから、

  • 「無料なので期待はしていなかったが、有料以上の内容に驚きました!」
  • 「無料講座で学んで、2週間で60万円の利益を確定しました」
  • 「無料で実際の売買動画で学んだのは初めてでした。テキストもすごいボリュームでびっくり!」

といったお声を多くいただいています。

登録はすぐに完了しますので、以下のボタンをクリックしてください。

10秒で登録完了!
「デイトレード」で稼ぐための無料講座

給与所得者、専業主婦、退職者の方へ
午前中の20分で、1日1万円、毎月20万円の
“第二の収入源”が作れる
株のデイトレードという方法を“無料”で学びませんか?

【1分で10万円を稼いだ、生トレード動画】

日本の中小企業は、いまだに給与が上がらない状況が続いています。 しかし長期間に渡る金融緩和によって、今後はインフレ経済による物価高騰が予想されています。

2017年度「総務省家計調査報告」での、勤労世帯の平均貯蓄額中央値は、792万円といわれています。
もし、あなたの貯蓄額が、上記より少ないのなら、今のうちに手を打っておく必要があるのではないでしょうか。 そこで提案をしたいのが“株のデイトレード”という手法で“1日1万円”を稼ぎ、第二の収入源を得ることです。

【この無料通信講座で学べること】

  • デイトレードで“毎日1万円”を稼ぐための投資戦略とは
  • 私がデイトレードで使っているソフトを教えます!
  • チャート分析は、まったく“無力”である
  • 「時間軸戦略」が、デイトレードでもっとも重要!
  • デイトレードで負けなくなる瞬間とは
  • 有効なデイトレード戦略1
  • 有効なデイトレード戦略2

毎年、トレードの利益が2000万円を越えますが、その半分以上は“デイトレード”から生み出されています。
この“無料講座”は、実際の売買動画をご覧いただきながら、デイトレードを学んでいただけるので、確実に技術が身に付きます!

ぜひ、あなたもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

この記事をかいた人

紫垣 秀明

投資家 / オープンエデュケーション株式会社代表取締役。1964年大阪生まれ。甲子園出場経験者。大学卒業後、証券会社に勤務し、事業法人、金融法人営業、自己売買部門を担当。証券会社退職後、株式投資をはじめ、 日経225先物、FX等の売買指導を行い、個人投資家から絶大なる信頼を得ている。証券会社時代に培ったスキルを投資初心者でも理解できるよう売買指導を行い、今では3000人以上の受講生を抱え、「真に自立できる個人投資家」を輩出するために積極的に活動している。著書に『初心者でもがっぽり儲かる大化け「低位株」投資法』(幻冬舎)『億を稼ぐ投資法則』(ユウメディア)『少額資金で儲ける株ゴー ルデンルール』(ユウメディア)がある。