株価チャートとは?初心者が知るべき4つのチャートの意味

株やFXでチャートという言葉をよく耳にしますが、チャートとは一体どういうものなのでしょう?

これからチャートの意味についてお伝えします。

1. チャートとは

 

チャートは株価(かぶか)や為替(かわせ)の値動きを時間や、日、週、月毎にグラフ化したものです。

今現在の株価を見ただけでは、それが高いのか安いのか判断することはできません。

今後の値動きの予測ができないと、FXや株式投資で利益を出し続けることは難しいでしょう。

チャートは、将来の値動きを予測・解析するために、必須の道具となります。

チャートを見ることで、過去の値動きを知ることが出来、そこから相場のトレンドや、過熱感、値動きのリズム等を読み取ることが出来ます。

まず、チャートの構成や種類、基本的な見方等を覚えていきましょう。

 

2. チャートの構成

チャートの時間足(じかんあし)でよく使われるのは、1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足等です。

また、日足、週足、月足などもよく使われます。

時間足は、値動きをそれぞれの時間毎に区切り、その時間の値動きから、以下の4つの値で表します。

始値(はじめね)・・・その時間足の中で一番初めにつけた値
高値(たかね)・・・その時間足の中で一番高い値
安値(やすね)・・・その時間足の中で一番安い値
終値(おわりね)・・・その時間足の中で最後につけた値

始値・高値・安値・終値を4本値(よんほんね)といいます。

チャートは、この足の積み重ねで構成されます。

 

3. 初心者が知るべき4つのチャート

一般的に使われるチャートには、「ローソク足」「バーチャート」「ラインチャート」「平均足チャート」等があります。

 

3-1 ローソク足(ろーそくあし)

rosoku

 

ローソク足とは、その時間足の4本値を1本のローソクの形に表したチャートです。

ローソク足

始値よりも終値の方が高いものを陽線といいます。通常白ぬきで表します。

始値よりも終値の方が安いものを陰線といいます。通常黒塗りで表します。

安値と高値は上下に突き出させて表すので、ヒゲと呼ばれます。

日本発祥のチャートですが、現在は多くの国で使われています。

 

3-2 バーチャート

bar

 

バーチャートとは、「棒足」、「いかり足」とも呼ばれます。
バーチャート

 

高値と安値を垂直な線で表し、終値を右側に水平な線で表し、始値を左側に水平な線で表したチャートです。欧米では主流なチャートです。

 

3-3 ラインチャート

line

 

ラインチャートとは時間足ごとの終値をつなげたチャートです。

終値だけをつないでいるため、ローソク足でいうヒゲ惑わされにくく、値動きの傾向を視覚的に把握しやすくなります。

 

3-4 平均足(へいきんあし)チャート

heikin

 

上記の画像ではローソク足の上に重なっている赤と白の足です。(このツールでは赤が陰線、白が陽線となっています。)コマ足ともよばれます。

ローソク足と高値と安値は同じですが、平均足の始値は前の足の実体の始値と終値の中心になります。終値はその足の始値・高値・安値・終値の平均となります。

 

まとめ

いくつかのチャート・パターンをご紹介しましたが、一般的に良く使われているのは「ローソク足」ですので、まずは「ローソク足」のパターンから覚えていただければOKだと思います。

テクニカル分析の手法については、また別の機会にいろいろお伝えしたいと思います。

 

紫垣秀明

 

10秒で登録完了!
「株の短期売買」で稼ぐための無料講座

「あなたの人生、本当に今のままで良いのですか?」
「本当は、もっと人生を楽しみたい!」と思っている“あなた”に
株の短期売買で稼げる無料講座をご用意しました。

※実際に売買している動画272分、テキスト150ページ分を用意しました。

もし、あなたが人生を楽しむどころか、今の生活を維持するためだけに、 お金を稼いでいるとしたら、これから来る「インフレ経済」を乗り切れないでしょう。 今すぐ、インフレに強い資産である“株式”の売買手法を身に付けてください!

【この無料通信講座で学べること】

  • 銘柄選択における具体的手法
  • 株の短期売買の“勝ちパターン”とは
  • 株価の天・底を予測し短期売買で利益を得る方法

など・・・

株の短期売買で、着実にお金を増やすための“実戦的”なノウハウを、今だけ無料で提供します。

受講者さまから、

  • 「無料なので期待はしていなかったが、有料以上の内容に驚きました!」
  • 「無料講座で学んで、2週間で60万円の利益を確定しました」
  • 「無料で実際の売買動画で学んだのは初めてでした。テキストもすごいボリュームでびっくり!」

といったお声を多くいただいています。

登録はすぐに完了しますので、以下のボタンをクリックしてください。

10秒で登録完了!
「デイトレード」で稼ぐための無料講座

給与所得者、専業主婦、退職者の方へ
午前中の20分で、1日1万円、毎月20万円の
“第二の収入源”が作れる
株のデイトレードという方法を“無料”で学びませんか?

【1分で10万円を稼いだ、生トレード動画】

日本の中小企業は、いまだに給与が上がらない状況が続いています。 しかし長期間に渡る金融緩和によって、今後はインフレ経済による物価高騰が予想されています。

2017年度「総務省家計調査報告」での、勤労世帯の平均貯蓄額中央値は、792万円といわれています。
もし、あなたの貯蓄額が、上記より少ないのなら、今のうちに手を打っておく必要があるのではないでしょうか。 そこで提案をしたいのが“株のデイトレード”という手法で“1日1万円”を稼ぎ、第二の収入源を得ることです。

【この無料通信講座で学べること】

  • デイトレードで“毎日1万円”を稼ぐための投資戦略とは
  • 私がデイトレードで使っているソフトを教えます!
  • チャート分析は、まったく“無力”である
  • 「時間軸戦略」が、デイトレードでもっとも重要!
  • デイトレードで負けなくなる瞬間とは
  • 有効なデイトレード戦略1
  • 有効なデイトレード戦略2

毎年、トレードの利益が2000万円を越えますが、その半分以上は“デイトレード”から生み出されています。
この“無料講座”は、実際の売買動画をご覧いただきながら、デイトレードを学んでいただけるので、確実に技術が身に付きます!

ぜひ、あなたもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

この記事をかいた人

紫垣 秀明

投資家 / オープンエデュケーション株式会社代表取締役。1964年大阪生まれ。甲子園出場経験者。大学卒業後、証券会社に勤務し、事業法人、金融法人営業、自己売買部門を担当。証券会社退職後、株式投資をはじめ、 日経225先物、FX等の売買指導を行い、個人投資家から絶大なる信頼を得ている。証券会社時代に培ったスキルを投資初心者でも理解できるよう売買指導を行い、今では3000人以上の受講生を抱え、「真に自立できる個人投資家」を輩出するために積極的に活動している。著書に『初心者でもがっぽり儲かる大化け「低位株」投資法』(幻冬舎)『億を稼ぐ投資法則』(ユウメディア)『少額資金で儲ける株ゴー ルデンルール』(ユウメディア)がある。