株初心者が必ず理解しなければならない銘柄の基礎とは?

20161118_meigara

投資の教養を運営している紫垣英昭です。

私がブログで、株式投資、資産運用の初心者に対して、プロ投資家の観点からさなまざな“ノウハウ”を明かしていくわけですが、それはつまり「株式投資で効率的に利益を得ていただく」こと、「株式投資で儲けること、稼ぐこと」が前提になります。

しかし、そもそも論として『銘柄とは、いったいどういうものか?』を理解する必要があります。

この記事では、『株式投資初心者が抑えておくべき、銘柄の基礎』というテーマで、『銘柄とはなにか?』ということについて触れていきたいと思います。

 

1. そもそも“銘柄”とは何か?

株式投資をする際、どこかの会社に投資をすることになります。

その対象となるのが『銘柄』です。つまり、株式市場に上場している会社が『銘柄』ということになります。

会話調でいうなら・・・

「投資したいのですが、良い『銘柄』はありますか?」

「この銘柄に投資したんだけど、30%も値上がりしたよ!」

という具合です。

通常、株式市場に上場している『銘柄』には4桁の『証券コード』というものが存在します。

たとえば・・・

  • ソニー(6758)
  • ソフトバンク(9984)
  • 日立(6501)

といったように、必ず4桁の『証券コード』が付けられています。

近年では株式投資をする場合、インターネットを通じて取引をすることが増えてきています。そのとき注文を出す際には、この4桁の『証券コード』を良く使用します。

証券コードを調べる際は、インターネットで検索すると簡単に出てきます。一般の個人投資家は、ヤフーファイナンスを使うことが多いように思います。

 

9984

「ヤフーファイナンス」を見てみる。

 

2. 銘柄って、いったいどれくらいの数になるのか?

では、株式市場に上場している銘柄は、いったいどれくらいの数になるのか?株式投資を長年やっている投資家でも、正確に答えられる人は、案外少ないのです。

「日本取引所グループ」が発表しているところでは、2016年4月現在で、約3500社が上場しています。つまり『銘柄』の数は、約3500銘柄あるということです。かなりの数にのぼることがお分かりだと思います。

ではその内訳を見てみましょう。

・東証1部    1955銘柄
・東証2部     542銘柄
・東証マザーズ   227銘柄
・JASDAQ   785銘柄

という具合になります。

ここでまた新たな言葉が出てきましたね。

「東証1部」とか、「東証マザーズ」、「JASDAQ」などです。

これは、銘柄が上場している『市場』というものです。ごくごく一般的には、『東証1部』に上場している銘柄は、日本を代表する企業であったり、歴史が古い銘柄などが入っています。野球で言えば、メジャーリーグということになります。

東証2部は、どちらかといえば「マイナー企業」であったり、東証1部に上場している銘柄にくらべ、会社の規模が小さい企業が上場しています。

東証マザーズなどは、比較的歴史が新しい『新興企業』が上場する市場になっていますが、あまりこの上場基準に敏感になることはありません。

大雑把でOKなので、各市場に上場している特徴を捉えておいてください。日本取引所グループは、各市場の上場審査基準を公開しています。

M

【上場審査基準を見る】

 

3. 銘柄の種類:大型株、中型株、小型株

株式市場に上場している銘柄は、時価総額や流動性によってある程度、分類が分けられています。

一般的には、

・大型株
・中型株
・小型株

といった区分に分けられます。

日本を代表する会社、たとえば、「ソニー」とか、「パナソニック」とか「トヨタ」とか、日経225銘柄に採用されているような会社を総称して、「主要銘柄」と呼ぶことが多いですね。

日経225採用銘柄はこちら

大型株、中小型株という分類についてはどうなっているかと言えば、大型株は、時価総額、発行済み株式数、日々の出来高が多い銘柄を一般的に指します。たとえば、「新日鉄住金」、「みずほフィナンシャルG」「東芝」などは、それに該当するでしょう。

主要銘柄と大型株、中型株は結構、ダブっていたりします。大型株、中型株、小型株の定義について、東京証券取引所は、以下のように定義付けを行っています。

「TOPIX(東証株価指数)を補完する「規模別株価指数」の算出において、東証市場第一部銘柄(内国普通株式)の中から、時価総額と流動性が高い、上位100銘柄(TOPIX100の算出対象)を「大型株」、大型株についで時価総額と流動性が高い上位400銘柄(TOPIX Mid400の算出対象)を「中型株」、大型株・中型株に含まれない全銘柄(TOPIX Smallの算出対象)を「小型株」と呼び、これらの分類に基づいて株価指数を算出しています。」(出所:東京証券取引所HP)

今ひとつ分かりずらい説明ですが、要は、時価総額と流動性の、上位100社、上位400社で、線引きがされているということですね。

ここには特に重要な意味はありませんので、こういうものだと、そのまま受け止めていただければOKでしょう。

まずは、上場銘柄というのは、このように区分されているということを覚えておいてください。

ここで特徴的なのが、

・大型株=時価総額と流動性が高い、上位100銘柄
・中型株=大型株についで時価総額と流動性が高い、上位400銘柄
・小型株=大型株・中型株に含まれない全銘柄

ということになります。

ここで重要なのが「時価総額と流動性が高い」という言葉です。

もうお分かりだと思いますが、『大型株』は、時価総額が大きく、発行済み株式数が多いということになります。

逆に言えば、ちょっとやそっとの買いを集めたとこところで、株価の変動率は、それほど高くならないということになります。

したがって、大型株を売ったり買ったりしているメインプレーヤーは、機関投資家ということなのです。

逆に『小型株』は、この区分の中では、一番、時価総額が小さく、発行済み株式数もそれほど多くないということになるので、このような銘柄のメインプレーヤーは、ディーラー筋、国内投機家、個人投資家ということになるでしょう。『中型株』は、その中間と思ってください。

 

まとめ

今回は「株式投資初心者が抑えておくべき、銘柄選びの基礎」というテーマでお伝えしましたが、
ひとくちに『銘柄』といっても、これだけ多くの意味があります。

すべてを覚える必要はありませんが、以下の「特性」くらいは頭に入れておいたほうが良いでしょう。

大型株は、いつでも大量に売買できる『流動性』がありますが、大量の売り買いがなければ、株価は大きく動かないという特性があります。また小型株においては、いつでも大量に売買はできませんが、一旦相場に火が着くと、急激に出来高が増加し、大きな値幅を狙えるということになります。

これらの「特性」は、実際に投資をするときに、銘柄を選ぶときの材料になるからです。

また別の機会で、「投資収益を得る」という観点からの銘柄選びの手法をお教えしたいと思います。

 

紫垣英昭

 

現在3875人が実践!なぜ、この“無料”通信講座の参加者は、たったの9ヶ月で1億2000万円もの利益を手にしているのか?

sigaki-lp

あなたは信じないかもしれないですが、これは本当の話です。

この「無料通信講座」に参加した方は、実際に9ヶ月間で1億2000万円以上もの大金を株式投資で稼ぎ出しました。

1億円以上を稼いだ方は4名、数百万、数千万レベルでは、おそらく800人は超えていると思います。その多くは、投資経験が浅い方ばかりです。

ではなぜ多くの方は、それだけの利益を手にできたのでしょうか?

それは、“ある現象”に集中したからなのです…

今回の「超実践的 急騰株短期売買で成功するための7ステップ」無料通信講座では、 メール、PDF、動画で、初心者でもすぐに理解できる内容を、16日間“完全無料”でお届けします。

今すぐ、下記のボタンより、ご登録ください。


ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

免責事項

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

この記事をかいた人

紫垣 英昭

投資家 / オープンエデュケーション株式会社代表取締役。1964年大阪生まれ。甲子園出場経験者。大学卒業後、証券会社に勤務し、事業法人、金融法人営業、自己売買部門を担当。証券会社退職後、株式投資をはじめ、 日経225先物、FX等の売買指導を行い、個人投資家から絶大なる信頼を得ている。証券会社時代に培ったスキルを投資初心者でも理解できるよう売買指導を行い、今では3000人以上の受講生を抱え、「真に自立できる個人投資家」を輩出するために積極的に活動している。著書に『初心者でもがっぽり儲かる大化け「低位株」投資法』(幻冬舎)『億を稼ぐ投資法則』(ユウメディア)『少額資金で儲ける株ゴー ルデンルール』(ユウメディア)がある。