NYダウチャートの、1929年大恐慌時代から学ぶ

bahmmrpcqaaiikv

(アイキャッチ画像出典:http://2525fx.com/blog-entry-3792.html

From:紫垣英昭
大阪の事務所から

先週末のNY株式市場は、マイナス394ドルの大幅な下落になりました。

報道によれば、長期金利の上昇によって景気、企業業績にマイナスになるとの思惑や、FRB高官の「利上げ前倒し発言」などが相場下落の要因とされています。

しかしながら一方では「長期金利が上昇」するということは、債券が売られていることになるので売却資金はリスク資産に向かうことも考えられることから、「長期金利上昇=株安」という単純な話ではないと僕は考えています。

実は今回のNY株式の大幅下落の“本当の要因”は、別にあります。

それは、「実質金利の上昇」です。

今年2月に行った「第1期投資戦略会議」では、以下のようにお話しました。

「株式バブルは、実質金利の低下によって起こる」

「年初にドルが急落した要因は、日本の実質金利の
 上昇が本当の要因である」

「ドルは今年、100円を割り込む」・・・

で、実際はどうかというと、まさにその動きになってきています。
また「第1期投資戦略会議」では、「年末から年始にかけて、NY株式は急落の可能性がある。」ともお話をしました。

その後、NY株式は新高値更新することになりましたが、現在のように「実質金利上昇」となれば、NY株式の下落は、より可能性が高まってくることになるのではないでしょうか。

「第2期投資戦略会議」でも、この実質金利の状況から、日本株、米国株、為替の方向性を読み取って、参加者と共有したいと思います。

そこで、ひとつ本を紹介したいと思います。

「大暴落1929」という本をご存知でしょうか?

この本は、著者ジョン・K・ガルブレイスが、1929年のNY株式の大暴落で、世界金融恐慌に発展したことを検証した内容です。

僕はこの本を5回くらい繰り返し読みましたが、今のNY株式市場の状況と似ているところがあります。それは、「NY連邦準備銀行による米国債の大量購入」と「景気後退懸念」です。

中央銀行による国債の大量購入は、余剰資金を膨らませバブルを作り、株式や不動産への投機に発展します。しかし、これらの資産価格がピークになったときに、実体経済の伸びが鈍化し、景気後退懸念につながります。

当時も米国経済の景気後退を懸念する声がありました。しかしこれらの「危機意識」は、強い株式市場のムードにかき消され、株価はピークに突入します。

ほとんどの人は見たことがないと思いますが、以下が大恐慌直前から大暴落したNY株のチャート(月足)です。

1929

 

見ていただければお分かりのように、株価指数がピークに差しかかる半年前から2度の大きな急落があります。ここでのポイントは「大きな急落だ」ということです。

大きな急落は、大口投資家が持っている株を大量に売却しなければ起こりません。つまり1929年の大暴落直前に、大口投資家は、株式を売却に動いているということです。

しかしその直後、3ヶ月間にわたりNY株は最期の急騰を演じ、1929年9月から“大暴落”が始まったのです。

したがって今後のNY株式を見ていく上で最も重要なのは、

・米国の経済指標の進捗
・実質金利の動き
・原油、金相場の動き
・大口投資家の動き

これらが重要な鍵になってくるのではないでしょうか。

 

紫垣英昭

現在3875人が実践!なぜ、この“無料”通信講座の参加者は、たったの9ヶ月で1億2000万円もの利益を手にしているのか?

sigaki-lp

あなたは信じないかもしれないですが、これは本当の話です。

この「無料通信講座」に参加した方は、実際に9ヶ月間で1億2000万円以上もの大金を株式投資で稼ぎ出しました。

1億円以上を稼いだ方は4名、数百万、数千万レベルでは、おそらく800人は超えていると思います。その多くは、投資経験が浅い方ばかりです。

ではなぜ多くの方は、それだけの利益を手にできたのでしょうか?

それは、“ある現象”に集中したからなのです…

今回の「超実践的 急騰株短期売買で成功するための7ステップ」無料通信講座では、 メール、PDF、動画で、初心者でもすぐに理解できる内容を、16日間“完全無料”でお届けします。

今すぐ、下記のボタンより、ご登録ください。


ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

免責事項

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

この記事をかいた人

紫垣 英昭

投資家 / オープンエデュケーション株式会社代表取締役。1964年大阪生まれ。甲子園出場経験者。大学卒業後、証券会社に勤務し、事業法人、金融法人営業、自己売買部門を担当。証券会社退職後、株式投資をはじめ、 日経225先物、FX等の売買指導を行い、個人投資家から絶大なる信頼を得ている。証券会社時代に培ったスキルを投資初心者でも理解できるよう売買指導を行い、今では3000人以上の受講生を抱え、「真に自立できる個人投資家」を輩出するために積極的に活動している。著書に『初心者でもがっぽり儲かる大化け「低位株」投資法』(幻冬舎)『億を稼ぐ投資法則』(ユウメディア)『少額資金で儲ける株ゴー ルデンルール』(ユウメディア)がある。